赤ちゃんのための手作り離乳食

投稿者:miniron

離乳食後期(9ヶ月~11カ月)カミカミ期の進め方

離乳食の後期になってくると、食べるものにムラが出てきたり、遊び食べをしたりするようになります。

これまでよく食べていた子でも、あまり食べなくなってしまったり・・・ということもあるかもしれませんが、よくあることなので無理強いせずに進めていきましょう。

ここでは、生後9ヶ月~11ヶ月頃の”離乳食後期”といわれる時期の離乳食の進め方についてご紹介しています。

スポンサードリンク


離乳食後期の進め方 9、10ヶ月頃

離乳食後期になってくると1日2回の離乳食タイムを3回に増やしていくことを考える時期です。

3回になると大変なように感じますが、食べられるものも増え、大人の料理からのとりわけもだいぶできるようになってくるので、気楽にいきましょう。

【そろそろ1日3回の食事に・・・】

離乳食に慣れてきた様子で、1日2回の離乳食も機嫌よく食べることができているようであれば、1日3回の離乳食へとステップアップします。

離乳食の時間も、少しずつ大人と同じ時間帯にずらして一緒に食べるようにしていくといいでしょう。

ただし、夕飯はできるだけ7時ころまでには食べるように心がけます。


【離乳食の固さや大きさ】

002639

離乳食の後期になると、歯ぐきでつぶして食べる時期。バナナくらいの固さを目安に。大きさは粗くみじん切りにしたもの。

大きすぎたり、固すぎたりすると赤ちゃんが離乳食を食べなかったり、丸飲みしてしまう原因になります。

よく赤ちゃんが食べる様子を見て、調節してあげるといいですね。

また、自分で持って食べる練習もできるように、柔らかくゆでた野菜やトーストを、スティック状で用意してあげたりしても。

【離乳食の1回の量】

食べる子は、子供用のお茶碗に8割~1杯分食べることが出来る子もいます。

でも、この時期は色々なものに興味が出てくるので、遊び食べがあったり、食べムラがあったり。
(わが家の長女も、この時期全く食べない子でした!!)

あまり食べなくても、少しずつ食べる量が増えてきているようであれば、心配ありません。
遊んで食べなかったりするときには、ダラダラと食事を続けるのではなく、1度切り上げてしまうのもいいでしょう。

【離乳食の味付け】

tyoumi-maru

離乳食の基本は薄味なのは変わりません。

大人が食べてみて、味がついているかな?程度の味付けに。
たとえば、醤油なら1滴、砂糖ならひとつまみ程度。

味付けをしなくても食べてくれるようであれば、まだまだ素材の味で離乳食を作ってあげても。

離乳食後の母乳、ミルクの量

096918

離乳食の後にはお腹がいっぱいで、自然と飲む量が減る子もいます。3回の離乳食がしっかり食べることが出来ているようであれば、徐々に減らしていっても大丈夫です。

離乳食後の3回とは別に、2回の授乳はまだ必要です。

離乳食後期に食べられるおすすめ食材

スパゲティ
バターロール
ホットケーキ
ピーマン
さやいんげん
なす
おくら
もやし
ひじき
まぐろ
めかじき
牛肉
豚肉
鶏肉
ひき肉
全卵など

arrow47_002離乳食の食材、いつから食べられる?



離乳食中期(7カ月~8ヶ月)モグモグ期の進め方

離乳食を始めて2~3ヶ月目のころが離乳食中期といわれる時期。

ペースト状のものをゴックンできるようになってきたら、少しずつモグモグゴックンの練習へステップアップしていきます。

ここでは、生後7~8ヶ月頃の”離乳食中期”といわれる時期についてご紹介しています。

スポンサードリンク

離乳食中期の進め方 7、8ヶ月頃

離乳食がスタートしておよそ1ヶ月~2ヶ月ほど経つ赤ちゃんが多いでしょうか?

良く食べる子もいれば、全然食べずに困っているママもいることでしょう。赤ちゃんによって離乳食のペースは全く違います。あまり周りと比べずに、ゆっくりと進めていくのがポイントです!

さぁ、離乳食の中期です。

離乳食初期の半ばから終わりころにかけて、滑らかなペースト状の中に粒々が残るように、そして徐々に粒々の量を多くしていくと自然とステップアップしていきます。

【1日1回の離乳食を2回に・・・】

上手に口を閉じてゴックンができるようになってきたら、1日2回の離乳食にステップアップします。

中期は、モグモグと口を動かして食べ物をつぶして食べる練習です。

この時期には、離乳食からの栄養も1日30~40%ほど摂取するようになります。1回ごとのメニューに、主食、野菜、たんぱく質を取り入れて、栄養を考えた離乳食を食べさせましょう。

品数を作らなくても、具沢山のおじや、煮込みうどんのようなものが手軽でおすすめなメニューです。

【離乳食の固さや大きさ】

104226

簡単に指でつぶすことのできる、お豆腐くらいのかたさが目安です。大きさは、細かいみじん切りに。

ただし、いきなり細かいみじん切りのものを食べることは難しいので、初期のようなとろっとした中につぶつぶが入っている状態から始めます。

【離乳食の1回の量】

1回の食事量は、主食・野菜・たんぱく質を合わせて子供用お茶碗の半分くらいが目安になります。

たんぱく質は、赤ちゃんの内臓に負担がかかる場合があるので、1日の適正量を守ります。
(豆腐なら30~40g、魚なら1切、卵なら卵黄1個分、プレーンヨーグルトなら50g程度)

【離乳食の味付け】

sio

離乳食の味付けは、薄味が基本は変わりありません。

中期(7,8ヶ月頃)になると、少し調味料を使用できるようにはなりますが、まだまだ素材の味だけでも十分に食べてくれると思います。

無理に味付けをする必要もありません。

【離乳食後の母乳、ミルクの量】

096918

まだ、母乳やミルクでの栄養が中心なので、離乳食のあとは欲しがるだけ飲ませて大丈夫です。

【離乳食中期に食べられるおすすめ食材】

初期の食材に合わせて・・・

マカロニ
コーンフレーク(プレーン)
オートミール

ツナの水煮缶
レバー
とりささ身
納豆
高野豆腐
きなこ
豆乳
プロセスチーズ
グリンピース
玉ねぎ
きゅうり
きのこ類など。

arrow47_002離乳食の食材、いつから食べられる?




簡単にできる!離乳食用ホワイトソースとトマトソースの作り方

ホワイトソースとトマトソース

和風だしや野菜スープが普段使いになり、少し味のレパートリーを増やしたいなと思ったらホワイトソースとトマトソースを作ってみましょう。

どちらも覚えてしまえば簡単にできますもちろん冷凍保存もOKなので、多めに作って冷凍庫に常備しておきましょう。

ホワイトソースの作り方

ホワイトソースは混ぜてもかけてもOK!ホワイトソース1つで、簡単に離乳食のメニューの幅がグッと広がります。

手作りするのは大変?いえいえ、やってみるととっても簡単!あっという間にできあがるので手作りしてみてくださいね。

ホワイトソースもまとめて作って冷凍保存ができます。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">



材料

  • バター 大さじ2
  • 小麦粉 大さじ2
  • 牛乳またはミルク 200cc

作り方

  1. お鍋にバターを入れて弱火にかけます。
  2. バターが溶けてきたら、小麦粉を入れてよく混ぜます。焦げないように注意!
  3. バターと小麦粉が混ざったら、牛乳を少しずつ入れ、だまにならないように泡立て器などを使ってよく混ぜます。
  4. とろみがついたらできあがり!

ホワイトソースの保存方法

保存袋に薄く平らにのばして冷凍します。使うときは必要な分だけ折り取って取り出します。

スポンサードリンク

トマトソースの作り方

離乳食でのトマトは、皮を湯むきしたり、種を取ったりと手間がかかります。でもトマトソースを多めに作っておけばトマトを使った離乳食も楽々です。

ソースにすると酸味も減って甘みがアップするので、赤ちゃんも大好きです。

材料

  • トマト 1~2個
  • たまねぎ 半分

作り方

  1. トマトは湯むきして種を取り除き、ざく切りにします。たまねぎはみじん切りにします。
  2. フライパンにたまねぎを入れて、弱火でしんなりするまで炒めます。
  3. たまねぎがしんなりしたら、ざく切りにしたトマトを加えてつぶしながら炒めます。
  4. トマトがトロトロになったらできあがり。

トマトソースの保存方法

保存袋に薄く平らにのばして冷凍します。使うときは必要な分だけ折り取って取り出します。



スポンサードリンク

関連記事

離乳食の和風だしの作り方【鍋で!電子レンジで!超簡単時短に!】

離乳食初期のころは、それほど味付けはせずに素材の味をそのまま赤ちゃんに食べさせてあげます。だんだんと出汁や調味料などで味付けをすることになりますが、まず始めはママの手作りの”和風だし”や”野菜スープ”から。

手作りの和風だしも野菜スープも、素材の味をしっかり生かしているので無駄なものも入っておらず赤ちゃんに安心して食べさせることができます。





離乳食の和風だしの作り方

dasi

和風だしは、薄味の離乳食の風味や旨みを補ってくれます。

ただし、市販の顆粒だしは塩分も高く、消化器官が未熟な赤ちゃんにはNGです。

離乳食の時期だからこそ、赤ちゃんには素材の旨みを存分に味あわせてあげたいですよね。慣れるととっても簡単なので、是非和風だしも手作りしてあげてみてください。

冷凍保存もできるので、多めに作ってストックしておくようにします。

お鍋で作る和風だしの作り方


材料

  • 昆布 5cm
  • かつおぶし ひとつかみ
  • 水 1カップ~1.5カップ

作り方

  1. 鍋に水と昆布を入れて、10~15分おく
  2. 10~15分経ったら弱火にかけて、沸騰直前に昆布を取り出す
  3. 昆布を取り出し、ひと煮立ちしたらかつおぶしを加えて火を止める
  4. かつおぶしが鍋の底に沈んだら、ペーパータオルを敷いたザルなどでこす

電子レンジで作る和風だしの作り方


電子レンジで作る和風だしの作り方を覚えておくと便利です。時間がないときなどにおすすめ。

材料

  • 昆布 3cm
  • かつおぶし 5g程度
  • 水 100cc

作り方

  1. 鍋に水と昆布を入れて、10~15分おく
  2. マグカップなど耐熱容器に、水100CCと昆布、かつおぶしを入れラップをする
  3. 電子レンジ500Wで約1分ほど加熱する
  4. 茶こしでこす

電子レンジで加熱する際に、噴きこぼれに注意しましょう。

超時短!熱湯をかけるだけの和風だし

思い立った時にすぐ作れる和風だし。私もこの方法にずいぶん助けられました。かつおぶしさえあれば簡単に短時間で作ることができる和風だしです。

材料

  • かつおぶし 5g程度
  • 熱湯 200cc

作り方

  1. 耐熱容器にかつおぶしを入れる
  2. ラップまたはふたをして3分まつ
  3. 茶こしでこす

和風だしの保存方法

冷蔵保存の場合は、翌日に使い切るようにします。

多めに作って冷凍保存する場合は、製氷皿などに入れて冷凍させます。凍ったら保存袋にいれるといいでしょう。

img_9828

冷凍した和風だしを離乳食に使う場合は、一度電子レンジで解凍してからのほうが使いやすいです。しっかり加熱してから使うようにしましょう。

市販のベビーフードの和風だしをチェック

手作りで頑張りたい離乳食でも、たまには手を抜きたいこともありますね。

そんないざというときのために、ベビーフードをストックしておくのはおすすめです。




野菜スープの作り方

img_9826
野菜スープを作るポイントは、アクの少ない野菜を使うこと。キャベツ、にんじん、たまねぎ、かぶ、大根、小松菜などクセがなく煮崩れしにくい野菜が適しています。

また野菜スープは、野菜から出るビタミンやミネラルが豊富に含まれています。具合が悪いときの水分補給にも最適です。

材料

img_9810
  • キャベツ
  • にんじん
  • 大根
※野菜スープを作るときには3種類(以上)の野菜を使うといいでしょう。

作り方

  1. それぞれの野菜をざく切りにします。野菜の量の目安は、合わせて片手にのるくらいの量です
  2. 鍋に野菜を入れて、ひたひたの水をいれます
  3. 弱火でアクを取りながらていねいに煮ていきます。水が少なくなってきたら足します
  4. 野菜がやわらかくなったら、ペーパータオルを敷いたザルなどでこしてできあがり
img_9820
※煮た野菜ももちろん離乳食に使うことができるので、時期に応じた大きさに刻んで保存しましょう

野菜スープの保存方法

img_9828
冷蔵保存の場合は、翌日に使い切るようにします。多めに作って冷凍保存する場合は、製氷皿などに入れて冷凍させます。凍ったら保存袋にいれるといいでしょう。

スポンサードリンク

おかゆの作り方【10倍がゆ、7倍がゆ、5倍がゆ、軟飯】レシピ

おかゆは離乳食の基本です。毎日の離乳食に欠かせないものなので、多めに作って冷凍保存するのがおすすめです。

ちょっと手間がかかりますが、お米から炊くおかゆはとっても甘くておいしいので、是非作ってあげてみてください。

お鍋で作る以外にも、おかゆは色々な方法で作ることが出来ます。時間がなくても簡単に作ることが出来る方法も紹介しています。


スポンサードリンク


おかゆの作り方

お鍋で作る

10倍粥

IMG_3173
お米から作る場合 米1:水10
鍋にお米と水を入れたら蓋をし、初めは強火で、煮立ったら弱火にして蓋を少しずらし40分~50分コトコトと煮る

ご飯から作る場合 ご飯1:水5
鍋にご飯と水を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして少しずらして蓋をし、15分~20分コトコトと煮る

*離乳食を始めたばかりの頃は、出来上がった10倍かゆをすりつぶして、なめらかにします。

7倍粥

7kayu
お米から作る場合 米1:水7
鍋にお米と水を入れたら蓋をし、初めは強火で、煮立ったら弱火にして蓋を少しずらし40分~50分コトコトと煮る

ご飯から作る場合 ご飯1:水3
鍋にご飯と水を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして少しずらして蓋をし、15分~20分コトコトと煮る

5倍粥(全粥)市販のおかゆがこのあたりです。

5kayu

お米から作る場合 米1:水5
鍋にお米と水を入れたら蓋をし、初めは強火で、煮立ったら弱火にして蓋を少しずらし30分~40分コトコトと煮る

ご飯から作る場合 ご飯1:水2
鍋にご飯と水を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして少しずらして蓋をし、10分~15分コトコトと煮る

軟飯

nanhan

お米から作る場合 米1:水3
鍋にお米と水を入れたら蓋をし、初めは強火で、煮立ったら弱火にして蓋を少しずらし20分~30分コトコトと煮る

ご飯から作る場合 ご飯1:水1
鍋にご飯と水を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして少しずらして蓋をし、沸騰したら蓋を取って軽く水分を飛ばすように煮る

電子レンジで作る

大き目のどんぶり等の耐熱容器に食べる分の量のご飯を入れて、お鍋で作る場合の水の分量よりも少し多めに水を入れる。ふんわりとラップをかけ(電子レンジ用のフタなら少しずらして)電子レンジで5分加熱し、その後10分ほど蒸らして完成。

電子レンジで簡単に、ご飯からおかゆができる、電子レンジ専用のおかゆクッカー。離乳食作りの時短にも。

炊飯器で大人のご飯と一緒に炊く

湯のみやマグカップなどの耐熱容器に、作りたい分量のお米と水を入れて、大人用にといであるお米の上にのせる。あとは普段どおりに炊飯するとできあがり。
*できあがり後、カップの底にご飯がくっついて取りにくいので、アルミホイルなどで底を包んでおくと洗い物も楽です。


耐熱ガラス製。炊飯器から取り出しやすいように、取り出し具も付いていて、簡単にご飯と一緒におかゆが炊ける、炊飯器専用おかゆクッカー。

ベビーフードを利用する

私もコシヒカリのおかゆを利用したりもしていましたが、ちょうど離乳食初期段階くらいのおかゆの形状(すりつぶし)です。量も自分で調節できるので、1つ用意しておくといざという時に便利です。




離乳食初期の進め方を30日間のスケジュールの実例で大公開!

私が実際に三女に作った、離乳食1日目~31日目までの1ヶ月間のメニューです。食べさせる量の増やし方、新しい食材を食べさせるタイミングなど参考にしてみてください。

arrow47_002離乳食初期の進め方 5~6ヶ月


スポンサードリンク


離乳食スタート!30日間のスケジュール公開

離乳食1日目~7日目


離乳食1日目

img_3127
離乳食のスタート!離乳食初日です。まずは10倍がゆをすりつぶしたものを小さじ1から。

「小さじ1なんてペロリでしょ!」と思いますが、このたった1さじを食べるのに本当に時間がかかります。

【2日目~7日目】
以後、2~3日に小さじ1ずつ増やしていきます。1週間後には小さじ3~4程度の量を食べられるようになります。(食べられない子もいますが、まだまだ気にしなくて大丈夫!)

離乳食2週目(8日目~14日目)

初めの1週間で10倍がゆに慣れてきたら、野菜もプラスしていきます。まずはかぼちゃやニンジンなど甘みがあってアレルギーの可能性も少ないものがおすすめです。

【8日目】
img_0029
・10倍がゆ 小さじ4
・かぼちゃのペースト 小さじ1


【9日目】
img_0064
・10倍がゆ 小さじ4
・かぼちゃのペースト 小さじ1

【10日目】
・10倍がゆ 小さじ4
・かぼちゃのペースト 小さじ1

【11日目】
img_3185
・10倍がゆ 小さじ4
・にんじんのペースト 小さじ1

【12日目】
img_0234
・10倍がゆ 小さじ4
・にんじんのペースト 小さじ1

【13日目】
img_3199
・10倍がゆ 小さじ4
・にんじんのペースト 小さじ1

【14日目】
img_3235
・10倍がゆ 小さじ4
・キャベツのペースト 小さじ1

離乳食3週目(15日目~21日目)

【離乳食15日目】
img_3235
・10倍がゆ 小さじ4
・キャベツのペースト 小さじ1

【離乳食16日目】
img_3249
・10倍がゆ 小さじ4
・キャベツ 小さじ1
・にんじん 小さじ1

【離乳食17日目】
img_3261
・キャベツがゆ 小さじ4
・バナナ 小さじ1

【離乳食18日目】
img_3268
・キャベツがゆ 小さじ4
・じゃがいも 小さじ1

【離乳食19日目】
img_3274
・10倍がゆ 小さじ4
・キャベツとにんじんのとろとろ 小さじ1

【離乳食20日目】
img_3274
・10倍がゆ 小さじ4
・キャベツとにんじんのとろとろ 小さじ1

【離乳食21日目】
img_3281
・にんじんがゆ 小さじ4
・豆腐 小さじ1

離乳食4週目(22日目~30日目)

野菜類にも慣れてきたころに、たんぱく質も加えて進めていきましょう。調理のしやすさや離乳食への使いやすさから、まずはお豆腐からはじめるのがいいと思います。そのあと、しらすなどの白身魚やヨーグルトといったものにも挑戦します。

【離乳食22日目】
img_3290
・10倍がゆ 小さじ4
・大根 小さじ1
・にんじんの白和え (にんじん小さじ1、豆腐小さじ1)

【離乳食23日目】
img_3294
・10倍がゆ 小さじ4
・ほうれん草 小さじ1

【離乳食24日目】
img_3295
・にんじんがゆ 小さじ4
・ほうれん草の白和え (ほうれん草小さじ1、豆腐小さじ1)

【離乳食25日目】
img_3298
・ほうれん草粥 小さじ4
・キャベツ 小さじ1
・豆腐 小さじ1


【離乳食26日目】
img_3300
・10倍がゆ 小さじ3
・大根 小さじ1
・ヨーグルト 小さじ1

【離乳食27日目】
img_3310
・10倍がゆ 小さじ3
・トマト 小さじ1
・豆腐 小さじ1

【離乳食28日目】
img_3311
・10倍がゆ 小さじ3
・ブロッコリ―のペースト 小さじ1
・ヨーグルト 小さじ1

【離乳食29日目】
img_3313
・トマトがゆ 小さじ4
・にんじんの白和え (にんじん 小さじ1、豆腐 小さじ1)

【離乳食30日目】
img_3318
・ブロッコリーがゆ 小さじ4
・しらす 小さじ1

このスケジュールはあくまでも例です。

よく食べる子であれば、おかゆを小さじ1さじ分増やしてもいいでしょう。わが家の場合は、そこまでたくさん食べる子ではなかったので、野菜やたんぱく質の分が増えた時におかゆの量を減らしてみたりしながら調整してみていました。

すべて食べてくれるのが望ましいですが、まだ口から食べることの練習です。食べられない時はサッと切り上げてしまうのも一つの方法です。あまりダラダラと与えていても疲れてぐずり始めてしまったり、虫歯の原因になるので気を付けましょう!

スポンサードリンク

離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月)ゴックン期の進め方

生後5~6ヶ月になったら、いよいよ離乳食のスタートです。

少し前までは、離乳食の前段階として果汁を与えたりすることもありましたが、現在は必要ないとされています。

ここでは、離乳食初期といわれる段階の”離乳食の進め方”について
解説していきます。


スポンサードリンク



離乳食初期 5~6ヶ月頃はどうやって進めたらいいの?


少し前までは、離乳食の準備として4ヶ月頃から果汁を与えることもありましたが、現在はそのような必要はないとされています。

もし離乳食を始める前の段階で赤ちゃんが食べ物に興味を示しているようなら、スプーンで白湯やミルクを与えてスプーンから口に入れる練習をするのもいいかもしれません。

完全母乳で哺乳瓶が上手に使えない、とお悩みのママにも、スプーンで白湯やミルクをあげる方法はおすすめです!

離乳食初期(5~6ヶ月頃)の進め方のイメージ


離乳食1日目

小さじ1ぱいの10倍がゆのすりつぶしたものからスタート!
→1週間かけておかゆを口に入れる、おかゆに慣れるを目標にすすめていきます。

離乳食2週目

初めての野菜も小さじ1ぱいからスタート!
→おかゆに慣れてきたら、野菜もスタートしましょう。同じ野菜を様子を見ながら2~3日続けます。まだおかゆに慣れていない様子だったら、2週目じゃなく10日目などずらしてもOK!焦りは禁物です。

離乳食3週目

引き続き、10倍かゆ+野菜の組み合わせで進めて行きましょう!
→離乳食3週目も、10倍かゆと野菜で離乳食を進めていきます。よく食べる子であれば、10倍かゆに野菜を2品(1つはすでに食べたもの、1つは初めて食べるもの)にして進めていくのもアリです。

離乳食4週目

いよいよ豆腐、魚などのたんぱく質が登場!
→離乳食初期最後のステップ、たんぱく質を加えていきます。まずはなめらかで食べやすいお豆腐からがおすすめ。お豆腐に慣れてきたら、白身魚をすりつぶしておかゆに混ぜてみたり・・・。離乳食の幅が広がります。お肉はまだまだ~!

▼私はこんな感じで娘に離乳食を与えていました!
>>離乳食の進め方30日間の実例

離乳食初期の進め方 5~6ヶ月頃

5~6ヶ月頃になってくると、お父さんやお母さんがご飯を食べている様子をじーっと見つめたり、モグモグと一緒に口を動かすしぐさをしたりします。そんな様子があったら離乳食の始め時。

また、授乳の間隔が安定してくることも1つの目安になります。

離乳食を始めるタイミング


まず迷うのが、離乳食を始めるタイミングですね。以前は、離乳食より前の時期(4ヶ月頃)に果汁を与えてスプーンに慣れさせるなどといったことがありましたが、現在はアレルギーなどの観点から必要がないとされています。

育児書などでよく見かけるのが、5ヶ月~6ヶ月くらいでのスタートです。

割と最近ではのんびり始めるママも多いようで、6ヶ月に入ってから始めるなんてママも多いですね!
  • 生後5~6ヶ月になった
  • 授乳の間隔が安定してきた
  • よだれをたらし始める
  • パパやママの食べる姿を見て食べたがる首がしっかりとすわっている
  • 腰がしっかりとすわり始めている
  • スプーンを口に入れても押し出さない
  • 赤ちゃんの機嫌がいい
  • ママの心の準備もOK!
ざっと、目安をあげてみました。

5~6ヶ月ころになると、大体当てはまってくることが多いと思いますが、もし当てはまらないことがあっても大丈夫!個人差はありますからね^^あくまでも目安なので、ママが「そろそろはじめ時かな?」と感じたら離乳食をスタートする感じでいいでしょう。

arrow47_002離乳食初期の進め方30日間の実例


【授乳タイムの1回を離乳食タイムに】

まずは1日1回から離乳食を始めます。授乳タイムの1回を離乳食タイムにします。

できれば午前中に離乳食をあげるほうがいいですね。これは、午前中のほうが赤ちゃんも比較的機嫌がいいのと、もし離乳食を食べて何かがあったときに、病院へ連れていくことができる時間でもあります。

また、生活リズムを整えるという意味でも、毎日同じ時間帯に離乳食をあげるほうがいいとされています。

ポイントとしては、赤ちゃんがお腹がすいて母乳やミルクを欲しがり始める前には、離乳食を食べさせてあげること。お腹がすいて泣き始めてしまうと、離乳食どころではなくなってしまう可能性があります。

【離乳食の固さや大きさ】

000082

おかゆも粒がない”ポタージュ状”の状態まですりつぶしてあげます。慣れてきたら、ポタージュ状の中に粒が残るくらいに・・・とステップアップしていきます。

【離乳食の1回の量】

supoon

まずは小さじ1程度から。小さじ1が食べられるようになったら、小さじ2に増やしていくと、1ヶ月後くらいには子供のお茶碗半分程度の量を食べれるようになります。

ただし、赤ちゃんによってかなり個人差があるので、食べないからといって心配する必要は全くありません。

【離乳食の味付け】

sio

離乳食の味付けは、薄味が基本。

初期では特に味付けをする必要もなく、素材のそのままの味で十分です。お米の甘さ、野菜の甘さを十分に味あわせてあげてください。

離乳食後の母乳、ミルクの量

096918

まだ、母乳やミルクでの栄養が中心なので、離乳食のあとは欲しがるだけ飲ませて大丈夫です。

離乳食初期に食べられるおすすめ食材


食パン(アレルギーに注意)
うどん(アレルギーに注意)
キャベツ
かぼちゃ
にんじん
さつまいも
大根
ブロッコリー
豆腐
白身魚
しらす干し
プレーンヨーグルト(アレルギーに注意)
お麩など

arrow47_002離乳食の食材、いつから食べられる?