カテゴリー:一般野菜の記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

カテゴリー:一般野菜

離乳食でパプリカはいつから?皮はいつまで剥く?冷凍保存法や調理法

赤ちゃんの離乳食にパプリカはいつから?

ピーマンの仲間のパプリカ。赤ピーマン、黄ピーマンとも呼ばれることがあります。

ここでは、パプリカをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?パプリカの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、パプリカを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でパプリカはいつから?


papurika

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

パプリカは、ピーマンよりも苦みがなくどちらかというと甘みを感じることもできる野菜なので、小さい子どもも食べやすい野菜です。

離乳食期でいえば、離乳食後期~完了期であれば食べることができます。

パプリカにはビタミンAやビタミンC、カルシウムや鉄分といった栄養が含まれていて、栄養価が高い野菜です。ビタミンCについて言えば、実は緑のピーマンの2~3倍も多く含まれています。

また、甘みがより強いのは赤いパプリカです。離乳食作りの参考にしてくださいね。

パプリカの選び方

パプリカを選ぶ時には、表面につやがあり、色味がハッキリしているもの。ヘタがしおれていないもの、重さのあるものを選びます。

より苦みが少ないパプリカを選びたい場合は、ヘタが五角形ではなく六角形のもののほうがいいそうですよ!

アレルギーの心配は?

パプリカはアレルギーを起こすことは非常にまれですが、アレルギーを起こす可能性はあります。

パプリカを食べてアレルギーをおこした時にみられる症状は、口腔アレルギーです。食べた後15分以内に、唇が腫れたり、のどが痒くなったり、なすが触れた部分に症状がでます。

また、目や鼻などのかゆみ、じんましん、吐き気、下痢などを起こすこともあります。

もしこのような症状が見られたら、かかりつけの小児科医の診察を受けるようにしましょう。


離乳食用にパプリカを調理しよう

パプリカの下ごしらえ

パプリカには表面に薄皮がついています。食べ始めのころには、薄皮も取り除いてあげましょう。

パプリカを縦に半分に切ったら、中の種や白いワタの部分を取り除きます。

① パプリカを縦半分にカット、中の種と白いワタを取る。
② 熱湯に入れて少ししたら、冷水に入れる。薄皮が取れやすくなる。
③ 時期に応じた大きさに刻んで調理する。

種のついている白い部分に苦みの成分が多く含まれています。しっかり取り除きます。

パプリカの薄皮はいつまで取り除く?

離乳食でパプリカの薄皮をいつまで取り除くか、何歳頃までという明確な基準はありません。お子さんの離乳食の進み具合や、消化機能の発達の差で変わります。

離乳食中は消化しやすいように、できるだけ皮や種を取り除いてあげるようにするといいでしょう。

わが家もピーマンやパプリカを食べ始めた直後はきれいに薄皮を取り除いていましたが、しっかりカミカミごっくんができるようになったころには薄皮はつけたまま調理していした!

パプリカの冷凍保存法

離乳食用に、パプリカは冷凍保存ができます。

下ごしらえ通りに、種やヘタを取り、薄皮をむいたら、離乳食の時期に応じた大きさにきざんで、1食分ごとに分けて製氷皿に入れて冷凍します。凍ったら、冷凍保存バックに移します。

または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。



離乳食のズッキーニはいつから?皮や種はどうする?冷凍保存方法

離乳食でズッキーニはいつから?

ここでは、ズッキーニをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?ズッキーニの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、ズッキーニを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でズッキーニはいつから?


zukkini

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

ズッキーニはアクが強いので、離乳食初期にはおすすめできません。中期以降に食べさせるようにします。

ズッキーニはかぼちゃの仲間です。β-カロチンが豊富なほか、ビタミンK、ビタミンC、カリウム、カルシウムといった栄養素も含まれています。

ズッキーニの旬は6月~9月で、代表的な夏野菜ですね。クセがないので、ほかの食材とも合わせやすいです。また、加熱するとトロトロと柔らかくなるので、離乳食にも使いやすいです。

ズッキーニの選び方

ズッキーニの太さが均一に太く、表面の色が濃い緑色のものがいいです。ヘタがみずみずしく、表面に傷がなく、皮が柔らかいものを選びましょう。

ズッキーニは乾燥に弱いので、新聞紙などに包んだものをビニール袋に入れてから冷蔵庫で保管します。

アレルギーの心配は?

ズッキーニにも、アレルギーを起こす可能性はあります。

ズッキーニを食べてアレルギーをおこした時の主な症状は、口腔アレルギーです。食べた後15分以内に、唇が腫れたり、のどが痒くなったり、なすが触れた部分に症状がでます。

また、目や鼻などのかゆみ、吐き気、下痢などを起こすこともあります。

もしこのような症状が見られたら、かかりつけの小児科医の診察を受けるようにしましょう。


離乳食用にズッキーニを調理しよう

ズッキーニの下ごしらえ

ズッキーニはアクが強いので、皮をむいて食べやすい大きさに切ったら、しっかりと水にさらします。

ズッキーニは皮をむき、縦長に切ったら中の種を取り除きます。水によく浸してアクを抜き、下ゆでをするとさらにしっかりとアクが抜けます。その後、食べやすい大きさに刻んで調理するとよいでしょう。

① ズッキーニは皮をむいて、縦方向に切って中の種を取り除く。
② 適当な大きさに切ったら、水にさらしてアク抜きをする。
③ 熱湯に入れて柔らかく茹でる。
③ さらに、時期に応じた大きさに刻んだり、すりつぶしたりして調理する。

ズッキーニはクセがなく、和風だしで煮たり、トマトソースで煮たりするなど、どんな料理にも合う万能野菜です。

ズッキーニはいつまで皮や種を取り除く?

離乳食でズッキーニの皮や種をいつまで取り除くか、何歳頃までという明確な基準はありません。お子さんの離乳食の進み具合や、消化機能の発達の差で変わります。

離乳食中は消化しやすいように、できるだけ皮や種を取り除いてあげるようにするといいでしょう。

ズッキーニの冷凍保存法

離乳食用のズッキーニは、冷凍保存が可能です。

【初期】

下ごしらえ後、すりつぶしてなめらかなペーストにし、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】

離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。



離乳食でおくらはいつから?種や茹で時間は?下ごしらえと冷凍保存法

離乳食でおくらはいつから?

ここでは、おくらをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?おくらの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、おくらを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でおくらはいつから?


okura1

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

オクラは、とにかくすりつぶしにくいので、細かく刻めば食べることができる8,9ヶ月以降に与えるのがおすすめです。

オクラは刻むと独特なねばりがでます。オクラをお味噌汁やスープに入れると、この粘りでとろみがつきます。

オクラの独特なぬめりの成分はペクチンといった整腸作用のある食物繊維です。カリウムやカルシウムも豊富に含んでいて、βカロチンはなんとレタスの3倍。

オクラのうぶ毛を塩をふったまな板の上で転がしながらこすりつけて取り除きます。種は消化が悪いので8,9ヶ月頃は取り除くほうがよいでしょう。

赤ちゃんの食べやすい大きさに刻み与えます。お味噌汁やスープなどに入れるととろみがついて食べやすくなります。

オクラの選び方

オクラの緑色が濃く、うぶ毛がしっかりしているもの。

中には、茶色くなっていたりするものがありますが、これは少し古くなっている可能性があります。また、オクラは大きいものは育ちすぎて苦みがでることもあります。なるべく小さめのものを選ぶといいようです。

アレルギーの心配は?

オクラは、アレルギーを引き起こす原因となることがあります。

オクラを食べてアレルギーをおこした時の主な症状は、口腔アレルギーです。

食べた後15分以内に、唇が腫れたり、のどが痒くなったり、なすが触れた部分に症状がでます。目や鼻などのかゆみ、吐き気、下痢などを起こすこともあります。

もしこのような症状が見られたら、すぐにかかりつけの小児科医の診察を受けるようにしましょう。

また、オクラには表面に産毛のような細かい毛が生えています。これも触るとチクチクとしてかゆみの原因になります。特に離乳食で赤ちゃんにオクラを食べさせる時には、下ごしらえの時にしっかり産毛を取るようにしましょう。


離乳食用にオクラを調理しよう

オクラの下ごしらえ

おくらの種は赤ちゃんには消化しにくいので、下ごしらえの時点で取り除きましょう

① オクラの表面にうぶ毛がを取り除く。まな板に塩を振って、コロコロとこすりつけながら産毛を取り除く。
② 塩をよく洗い流し、縦半分に切る。縦に半分に切ると、種が取り除きやすくなります。
③ 熱湯で柔らかくなるまで茹でる。
④ 柔らかく茹でたら、時期に合った大きさに刻む。

オクラは小さく刻むほど粘りが出ます。細かく刻んでほかの食材と合わせたり、スープに入れてると◎!

オクラの冷凍保存法

離乳食用のオクラは、冷凍保存が可能です。

種を取るなどオクラの下ごしらえをしたあと、生のまま冷凍保存バックに入れてそのまま冷凍も可能です。

もしくは、加熱後に時期に合わせた大きさに刻んで、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

スポンサードリンク

離乳食のなすはいつから?皮はむく?アク抜きは必要?冷凍保存とレシピ

離乳食のなすはいつから?

ここでは、なすをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?なすの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、なすを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でなすはいつから?


nasu

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

なすはアクが強いので、離乳食初期にはおすすめできません。中期以降に食べさせるようにします。

なすは加熱すると柔らかくなるので、食べさせやすい食材です。皮は固いので取り除くようにします。

なすの栄養素で比較的高いのはカルシウム、ほかに鉄や成長に必要な葉酸も含まれています。

なすの選び方

なすのヘタが黒くトゲがしっかりしているもの、しわがなく黒く光っているもの、首の部分まで太いもの、を選ぶようにします。

なすは鮮度が落ちやすいので、鮮度が落ちるとアクがさらに強くなるので、買ったらすぐに使うようにします。使いきれない場合は冷凍するのがおすすめ。

アレルギーの心配は?

なすは、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

なすを食べてアレルギーをおこした時の主な症状は、口腔アレルギーです。食べた後15分以内に、唇が腫れたり、のどが痒くなったり、なすが触れた部分に症状がでます。

また、目や鼻などのかゆみ、吐き気、下痢などを起こすこともあります。

もしこのような症状が見られたら、かかりつけの小児科医の診察を受けるようにしましょう。


離乳食用になすを調理しよう

なすの下ごしらえ

なすはアクが強いので、皮をむいて食べやすい大きさに切ったら、しっかりと水にさらします。

① なすは皮をむいて、食べやすい大きさに切ったら水にさらしてアク抜きをする。
② 熱湯になすを入れて柔らかく茹でる。
③ 時期に応じた大きさに刻んだり、すりつぶしたりして調理する。

なすは、和風だしで煮たり、トマトソースで煮たりするなど、どんな料理にも合う万能野菜です。

なすの冷凍保存法

離乳食用のなすは、冷凍保存が可能です。

なすは、カットした状態で生でも冷凍できますが、離乳食用なので加熱して下ごしらえをしたものを冷凍するようにします。

【初期】

すりつぶしてなめらかなペーストにし、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】

離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。



離乳食のピーマンはいつから?ピーマンの皮の簡単なむき方や冷凍保存法

離乳食のピーマンはいつから?

ここでは、ピーマンをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?ピーマンの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、ピーマンを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でピーマンはいつから?


piman

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

ピーマンは、離乳食の後期、完了期から食べさせることができます。

ピーマンは加熱しても、少し固めです。また独特な苦みもあるので、苦手なお子さんも多いです。あまり早いうちから無理に取り入れる必要はありません。

ピーマンには、ビタミンAやビタミンC、カルシウムや鉄分といった栄養が含まれていて、栄養価が高い野菜です。またビタミンPという栄養素も含まれていて、これは老化予防や生活習慣病の予防を期待できます。

緑のピーマンよりも、赤いピーマンのほうが甘みが強いです。

ピーマンの選び方

ピーマンにツヤのあるもの、色がハッキリしているもの、ヘタがピンとしていてしおれていないもの、重さのあるものを選ぶようにします。

ヘタが五角形ではなく六角形のもののほうが、苦みが少ないピーマンだそうです!


離乳食用にピーマンを調理しよう

ピーマンの下ごしらえ

ピーマンの苦みの一番の原因は、中の白いワタの部分です。しっかり取りのぞきます。

また、ピーマンの繊維は縦方向に入っているので、できるだけ繊維に沿って切ることで細胞を壊さず、苦み成分が抑えられます。

ピーマンは表面に薄皮があるので、食べ始めの時期には薄皮を取ってあげると食べやすいです。

① ピーマンを縦にカットし、中の種や白い部分をしっかり取り除いたら、熱湯で柔らかくゆでます。
② 柔らかくなったら冷水にいれ、ピーマンの表面の薄皮がはがす。
③ 離乳食の時期に応じた赤ちゃんの食べやすい大きさに刻む。

熱湯でゆでたピーマンを、すぐに冷水に入れると表面の薄皮をスッと簡単にむくことができます。

ピーマンの冷凍保存法

離乳食用のピーマンは、冷凍保存が可能です。

ピーマンは生のままでも冷凍ができますが、離乳食用なので加熱してからのものを冷凍保存するのをおすすめします。

下ごしらえのように、種やヘタを取り、熱湯で柔らかく茹でて表面の薄皮を取り除いたピーマンやパプリカを、時期に応じた大きさにきざんだら、製氷皿に入れて冷凍します。

凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

1回分の量が多くなってきたら、1食分ごとラップに包んで冷凍保存します。冷凍保存袋に入れて保存すると、空気に触れることがより少なくなり、安心です。

離乳食のきゅうりはいつから?生で食べてもいい?冷凍保存できる?

赤ちゃんにきゅうりはいつから?

ここでは、きゅうりをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?きゅうりの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、きゅうりを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食できゅうりはいつから?


kyuri

世界一栄養のない野菜としてギネスに認定されているきゅうりですが、日本では数ある野菜の中でもきゅうりは消費量が第2位ともいわれているきゅうり大国です。

スティック状にすれば簡単に手づかみ用の食材にもなります。

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

きゅうりは、離乳食の初期から食べさせることができます。きゅうりは生で食べるのが一般的ですが、赤ちゃんにはまず加熱したものを食べさせるようにします。

生で食べさせるのは、離乳食中期か後期頃から。

きゅうりは水分でできているので、夏には水分補給に。また、カリウムが含まれているので、むくみの解消や、脂っこいもの食べすぎたときにきゅうりをすりおろして食べたりします。

きゅうりの選び方

きゅうりの表面の緑色が濃く、ツヤツヤとしていてハリのあるもの、太さが均一なものを選ぶようにします。また、きゅうりのトゲトゲが尖っていて、痛いくらい物のほうが新鮮です。


離乳食用にきゅうりを調理しよう


きゅうりの下ごしらえ

きゅうりの皮は、赤ちゃんには固くて食べにくいのでピューラーなどで剥いておきましょう。

◆すりおろす場合◆

  1. きゅうりの皮をピューラーで剥く
  2. お湯でゆでる、またはラップに包んで加熱する。
  3. 柔らかくなったきゅうりを、すりおろす

◆きざむ場合◆

  1. きゅうりの皮をピューラーで剥く
  2. 生の場合は、そのまま食べやすい大きさに刻む。
  3. 加熱する場合は、お湯でゆでる、またはラップに包んで加熱する。
  4. 柔らかくなったら、食べやすい大きさに刻む。

後期以降は、皮をむいたものをスティック状に切ってあげると、手づかみ食べの練習になります。

きゅうりの冷凍保存法

きゅうりは、冷凍保存が可能です。下ごしらえが済んだものを冷凍します。

きゅうりの皮は離乳食期には取り除く方がいいので、必ず皮を取り除いた状態のものを冷凍保存しましょう。

離乳食初期や中期頃は、加熱したきゅうりをなめらかにすりつぶしたり、細かく刻んでから製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

離乳食後期あたり以降は1回分の量が多くなるので、加熱したきゅうりを離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

生できゅうりを食べられるようになったら、その都度購入したものを食べさせてあげるといいですね。

離乳食でトマトはいつから?生で食べられる?冷凍保存やレシピまで!

離乳食でトマトはいつから?

ここでは、トマトをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?トマトの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、トマトを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でトマトはいつから?

fd400614

夏野菜の代表とされるトマトですが、スーパーでは一年を通して購入することができます。トマトはカリウムたビタミンCやビタミンE、そしてリコピンも多く含まれています。

生のままだと酸っぱいトマトですが、加熱することで甘みが増すので赤ちゃんにも食べやすくなります。また生のトマトの下処理が面倒な場合にはトマトピューレや無塩のトマトジュースなどでもOKなので、使いやすい食材です。

また、ミニトマトは小さい分離乳食にちょうどいい量で使うことができ、保存もしやすいのが利点です。しかもトマトよりも一部の栄養素が多く含まれています。

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

トマトは離乳食初期から食べることができます。離乳食期間中(1歳~1歳半頃まで)は、トマトは生で食べずに加熱してから食べさせるようにします。

トマトにはヒスタミン中毒というものが潜んでいます。

ヒスタミン中毒とは、ヒスタミンというかゆみの原因となる物質が、口の周りや手につくことで赤くなったりかゆみを起こしたりすることです。鮮度の落ちたものを食べたり、抵抗力が弱まっているときに食べたりすると起こることがあります。

食物アレルギーとは異なるので、ヒスタミン中毒を起こしたからといって食べられなくなるわけではないです。赤ちゃんの様子をしっかりと観察しながら与えるようにします。

トマトはカリウムやビタミンCやビタミンEなどが含まれています。そしてリコピンもトマトに含まれる代表的な栄養素です。

リコピンは抗酸化作用があるので、あまる体には良くない活性酸素の活動を抑えて体を守ってくれる働きがあります。赤ちゃんも体が酸化するうえ、抵抗力が少ないのでトマトのリコピンの力は体の助けになります。

トマトの選び方

全体的に色が均一で、真っ赤に熟しているものがおいしいです。皮にツヤやハリがあるかどうかもチェックしましょう。またヘタの部分が緑色でピンとしているものを選びます。黄色くなっていたり、しおれているのは鮮度が落ちているサインです。

トマトの下ごしらえ

トマトの皮と種は赤ちゃんには食べにくい部分です。トマトは皮をむき、種を取るのが離乳食では基本になります。

①沸騰したお湯に数秒トマトを入れたら、氷水で冷やします。あとは包丁ですっと皮をめくれば、トマトの湯向きが完成!

②湯向きをした後に、トマトをカットして中の種を取り除きます。

③離乳食初期は、すりつぶしてなめらかに、中期以降は食べやすい大きさに刻んであげましょう。

トマトの下処理をする時間がない場合は、トマトピューレや無塩トマトジュース、トマト缶などを使いましょう。

トマトの冷凍保存法

トマトは冷凍保存ができます。

離乳食初期や中期頃は、下ごしらえをしたトマトをなめらかにすりつぶしたり、細かく刻んだトマトを製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

離乳食後期以降は、離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。筋を付けて凍ったトマトは使いたい分だけポキっと折って取り出せます。

ミニトマトに関しては、そのままの状態で冷凍保存パックに入れて冷凍可能です。冷凍したトマトは水につけると簡単に皮がむけます。種を取って下ごしらえをし、必ず加熱調理しましょう。

パルシステムもおすすめ

私も子供達が赤ちゃんの頃に利用していました。離乳食向けの食材も多くそろっているので赤ちゃんがいるお宅にはとってもおすすめの食材宅配です。

赤ちゃんも安心セットというワンコインで数種類の食材を実際に食べてみることができる「おためしコース」もあります。




生協の宅配パルシステム★おためしセット購入

スポンサーリンク