カテゴリー:葉物野菜の記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

カテゴリー:葉物野菜

赤ちゃんにねぎはいつから食べさせて大丈夫?冷凍保存やレシピ

離乳食でねぎはいつから赤ちゃんに食べさせられる?

お料理のちょっとした彩りや薬味に欠かせないねぎですが、辛味のせいか子供にはあまり好かれていない野菜ですね。

ここでは、ねぎをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?ねぎの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、ねぎを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でのねぎはいつから食べさせていい?


negi

ねぎにはピリッとした辛味があるので、赤ちゃんの離乳食に積極的に使う必要ありませんが、加熱すると甘みも出たりとちょこっと加えてみるのは大丈夫でしょう。

嚙み切りにくいので、みじん切りにしておかゆやスープ、あんかけなどにして他の食材にかけるなどして食べさせてみると食べやすいかもしれません。

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期
×

ねぎは、離乳食後期(9ヶ月~)頃から食べさせることができます。

ねぎは嚙み切りにくいため、細かく刻んだものを与えるようにします。生のままだと辛味がありますが、加熱すると甘みも出ます。意外とねぎが好きなお子さんは多いです。

白ネギよりも、アサツキや葉ねぎのほうが辛味が少なく柔らかいので、まずはそちらから始めてみてもいいですね。

ねぎには、ビタミンA、C、カルシウム、βカロチンが豊富に含まれています。また玉ねぎにも含まれる”においの素”となるアリシンが含まれています。アリシンはビタミンB1の吸収を助けるので、豚肉や大豆などといった食材と合わせて食べると効果大です。

体を温めたり、疲労回復にも効果があり、風邪をひいたときなどにもおすすめの食材です。

ねぎの選び方

長ネギの場合、ねぎの白い部分と緑の部分がはっきりとしているもの、白い部分が固くしまっているものを選びます。葉ねぎなどは先まで緑が鮮やかですっと伸びているものを選びます。

ねぎの下ごしらえ

料理には長ネギが使いやすいですが、赤ちゃんにはアサツキや葉ねぎなどが柔らかく辛味も少ないので食べやすいといえます。ですが、長ネギもしっかりとみじん切りにして、加熱すれば甘みが出ます。


①長ネギを縦に、8本に切り込みを入れます。
②横に小口切りにしていきます。(細かいみじん切りの状態で切れています)
③沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでます。

ねぎはそのままでは赤ちゃんには食べにくいと思います。他の食材に混ぜて、とろみをつけたりして使いましょう!

ねぎの冷凍保存は?

ねぎは冷凍保存が可能です。

下ごしらえの②番(加熱前)の状態でにし、キッチンペーパーなどでしっかりと水分を取ります。
その後、ラップなどに平らに伸ばしたら包んで冷凍します。

しっかりと水分を取ってから冷凍すると、固まらずサラサラの状態で冷凍できるので、使う分だけ取り出すことができます。


アレルギーの心配は?

ねぎは、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。ですが、ねぎの中に含まれる硫化アリルという物質が、本来はいい栄養分なのに、まれにアレルギーの原因となることがあるようです。

消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

ねぎを使った離乳食のレシピ


長ネギ入り豆腐ハンバーグ


●材料
鶏ひき肉(胸がいい) 30g
豆腐 1/2丁
長ネギ 2センチくらい
にんじん 輪切りで2枚
ひじき 大さじ1~2
片栗粉 大さじ1/2
しょうゆ 1~2滴

●作り方
①豆腐は電子レンジで加熱して、水切りをしておく(500Wで2分くらい~)
②乾燥ひじきの場合は水で戻す
③にんじんと長ネギは柔らかく下茹でする
④②と③を細かく刻む
⑤ビニール袋を用意し、鶏ひき肉、豆腐、④の野菜をすべて入れ、片栗粉としょうゆも加える。
⑥ビニール袋の上から揉む
⑦熱したフライパンで両面を焼いたら出来あがり。

ベビーチャーハン

aIMG_0228
●材料
ご飯 80g
ピーマン 少し
にんじん 輪切り2枚
長ネギ 2cmくらい
卵 溶いたものを少し
しおorしょうゆ ほんの少し

●作り方
①ピーマン、にんじん、長ネギは細かく刻む。
②フライパンを熱し、①の野菜を弱火で炒める。
③溶き卵を入れて火を通す。
④ご飯を入れて炒める。
⑤塩かしょうゆで薄く味付けをする。

離乳食で白菜はいつから食べられる?冷凍保存やレシピなど

離乳食で白菜はいつから?

冬のお鍋に欠かせない白菜は、一年中スーパーでも購入できますがやはり旬の冬は甘みも栄養もたっぷり。

ここでは、白菜をいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?白菜の選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、白菜を使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食での白菜はいつから?白菜の芯は?


hakusai1

白菜は、キャベツなどと比べても葉が柔らかく、離乳食でも赤ちゃんに食べさせやすいです。味も癖がなく甘みがあるので、赤ちゃんもきっと好きな味です。

冬はお鍋でほかの食材と煮てから、離乳食用に取り分けることもできて使いやすい食材でもあります。

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

白菜は離乳食の初期(5ヶ月~6ヶ月)頃から食べさせることができます。味に癖がなく火を通すとすぐに柔らかくなるので離乳食に使いやすい食材で、冬にはお鍋からの取り分けなどもできるので便利です。

初期~中期頃は柔らかい葉先の部分を、上手にカミカミができるようになってきたら芯の部分を食べさせるようにします。

白菜は95%が水分なので全体的な栄養価はそれほど高い食材ではありせんが、ビタミンCや鉄、カルシウムの吸収を助けるマグネシウム、カリウムが含まれています。

そしてなんといっても低カロリーの健康野菜といえます。

白菜の選び方

まるごと買う場合は、ずっしりと重みのあるもので、底の切り口が白いもの。また穂先までしっかりと葉が巻き付いていて、上の部分を押すと弾力があるものを選びます。

また、カットされているものを購入するときには、芯の部分が全体の1/3以下の高さで、葉がぎっしりと詰まっているものを選びます。また切ってから時間が経つと、盛り上がってくるので断面は平らなものがいいです。

白菜の下ごしらえ

白菜は葉の部分は柔らかく、芯の部分は固いので時期に合わせて使う場所を選びます。初期~中期は柔らかい葉先の部分を、上手にカミカミができるようになってきたら、芯の部分を刻んであげます。

【白菜の葉先部分を下ごしらえ(初期~中期)】

①葉先の部分を包丁で切り落とし、水でしっかりと洗い流します。
(葉先の部分に白い芯の部分があったら、包丁でそぎ落とします)
②沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでます。
③ゆであがったら、細かく刻んでさらにすり鉢で滑らかになるまですりつぶします。

【白菜の芯の部分を下ごしらえ(後期以降)】

上手にカミカミができるようになってきたら、白菜の芯の部分の使います。
①白菜を1枚、きれいに水洗いします。
②包丁でざく切りにしたら、沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでます。
③ゆであがったら、食べやすい大きさに細かく刻みます。

白菜の冷凍保存方法

白菜は冷凍保存が可能です。生のままではできないので、下ごしらえの澄んだものを冷凍保存します。

下ごしらえが終わった白菜を、製氷皿に1回分ごとに分けて入れ冷凍、その後冷凍保存パックにうつします。

または1回分の量が増えてきたら、ラップに1回分ごと包んで冷凍保存バックに入れたら冷凍します。


アレルギーの心配は?

白菜は、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

白菜を使った離乳食レシピ

白菜の白和え


hakusai-siraae
●材料
白菜の穂先 1~2枚
にんじん 5ミリの輪切り2つ分くらい
豆腐 さいころ状で3つ分くらい

●作り方
①白菜、にんじんを柔らかくゆでる。
②火が通ったら、食べやすい大きさに刻む。
③豆腐は湯通しして、すりつぶす
④②の野菜と③の豆腐を和える

野菜は、冷蔵庫にある野菜で使えるものを使いましょう!

白菜の寄せ鍋うどん


hakusai-udon
●材料
白菜の穂先 1~2枚
にんじん 5ミリの輪切り2つ分くらい
しいたけ スライスして2枚くらい
ゆでうどん 30~50グラム
豆腐 さいころ状で3つ分くらい
和風だし
しょうゆ

●作り方
①白菜、にんじん、しいたけを柔らかくゆでる。
②火が通ったら、食べやすい大きさに刻む。
③和風だしに、②の野菜と豆腐を小さく刻んだものをいれて、さらにうどんを加えて煮込む。
④1~2滴しょうゆをたらす。

お鍋の時期なら、取り分けでも可能です。大人のお鍋の味付けは具材に火が通ってからにして、味付け前に離乳食に必要な具材を取り出しましょう!

離乳食のほうれん草・小松菜はいつから食べられる?

離乳食でほうれん草はいつから食べさせていい?

ここでは、ほうれん草をいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?ほうれん草の選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、ほうれん草を使った離乳食のレシピを紹介します!

スポンサードリンク

離乳食でほうれん草はいつから?


hourensou

ほうれん草は、鉄分やミネラル類がたっぷりと含まれて、赤ちゃんの貧血を予防するためにも積極的に摂らせたい食材でもあります。

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

ほうれん草や小松菜には、ビタミン類のほかにもカルシウムや鉄分といったミネラル類も多く含まれています。特に鉄分が多く含まれているので、離乳食後期以降の赤ちゃんに積極的に食べさせたい食材の1つです。

離乳食期には、葉先のやわらかい部分を使って調理します。

ほうれん草はややアクが強いので、ゆでたら水にさらしてアクを抜く必要があります。小松菜は水にさらす必要はありません。

両方とも離乳食ではほとんど同じように使うことができます。

ほうれん草・小松菜の選び方

葉の緑色が濃く、葉先までピンとしていてみずみずしいもの。

水分が蒸発しやすいので、一度新聞などに包んだ後ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存する。または茹でたものを冷凍保存する。

ほうれん草・小松菜の下ごしらえ

離乳食では、お湯に塩を入れずに下茹でする。

葉先のみを柔らかくゆでたら、水気をしぼる。(ほうれん草は水にさらしてアク抜きしてから)

離乳食初期では、細かく刻んだものをすりつぶしてなめらかに、中期以降は食べやすい大きさに刻んであげます。食べにくい場合には、片栗粉などでとろみをつけてあげたりしましょう。

ほうれん草・小松菜の冷凍保存法

初期はすりつぶして、中期は細かく刻んだものを製氷皿に1食分ごと入れて冷凍。

後期以降は、細かく刻んだものを1食分ずつラップに包むか、冷凍保存袋に板状に薄く伸ばして冷凍する。

かためにゆでて棒状に冷凍し、使う分だけすり下ろすという方法も便利です。

ほうれん草・小松菜を使った離乳食レシピ

ほうれん草とりんごのペースト【離乳食初期~】


●材料
ほうれん草 葉先1~2枚分
りんご 1/8個

●作り方
①ほうれん草は、柔らかくゆでて細かく刻み、すりつぶす。
②りんごはすりおろす
③①のほうれん草とりんごを混ぜ合わせる。

ほうれん草と豆腐の柔らか煮【離乳食後期~】

●材料
ほうれん草 ほうれん草の葉先2~3枚
豆腐 20g
和風だし 50cc
片栗粉 少し

●作り方
①ほうれん草の葉先は柔らかくゆでて、あく抜きをしたら細かく刻んでおく
②鍋に和風だしを入れ、①のほうれん草と1㎝角くらいに切った豆腐を入れて煮る
③水溶き片栗粉でとろみをつける