カテゴリー:食材一覧表の記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

カテゴリー:食材一覧表

この食材いつから食べられる?肉類

離乳食でお肉類はいつから食べさせていい?

鶏肉、豚肉、牛肉、ひき肉などのお肉類。お肉でも種類が違うと、赤ちゃんに食べさせられる時期が違うの?

ここでは、具体的に赤ちゃんにいつからお肉を食べさせられるのか、お肉の種類別に調べてみました。

スポンサードリンク

鶏肉、豚肉、牛肉、ひき肉

niku

基本的にお肉は、おかゆ→野菜→豆腐や白身魚を食べられるようになった後頃(中期頃)から始めます。

鶏のささみ

a02_021
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食でお肉をはじめるなら、鶏のささみからがおすすめ。低脂肪でやわらかく、身がほぐしやすいので調理もしやすいです。白いスジをとって、熱湯でゆでてからほぐします。生の鶏ささみ肉を冷凍してからすりおろして調理するのもおすすめ。食べにくいようならとろみをつけてあげたり、おかゆに混ぜるなどすると食べやすくなります

鶏むね肉

a02_025
【初期× 中期△ 後期○ 完了期○】
鶏むね肉も比較的低脂肪の部類ですが、皮はしっかり取り除き、小さく刻んでゆでます。それでもお肉をはじめたばかりの赤ちゃんにはちょっと食べにくいかもしれません。はじめのうちは、鶏むね肉のひき肉を使うのをおすすめします。

鶏もも肉

a02_018
【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
鶏むね肉よりもかたく、脂肪も多いです。皮を取ってから小さく刻んで調理します。よく煮込むとホロホロとやわらかくなります。大人用の煮物の味付け前のものなどから取り分けるなどすると、調理の手間が省けます。

鶏ひき肉

【初期× 中期○ 後期○ 完了期○】
スーパーなどで売っているひき肉は脂肪分が多め。白っぽいのは避けるか、鶏むね肉やささみのひき肉を選びます。お湯でゆでたらざるに上げます。ゆでるとパサパサとした食感になるので、とろみをつけたり、すりつぶすなどが必要です。鶏のささみ肉を買ってきて、包丁でたたいてひき肉にするのもおすすめ。

豚肉

a02_027
【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
脂肪分の少ない、ヒレ肉やもも肉、ロースなど赤身の部分を使います。かたまりのお肉より、薄切りのお肉のほうが使いやすいです。脂肪の部分を取り除き、一度ゆでてから調理します。

豚ひき肉

a1180_004172
【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
お店で売られているものは脂肪分が多いので、できるだけ赤いものを選びます。また、豚のもも薄切り肉を買ってきて、包丁でたたいて自家製ひき肉を作るとより安心して食べさせることができます。


牛肉

a02_060
【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
離乳食で使う部位は、ヒレ、肩、ロース、ももなどの赤みの部分です。牛肉は鉄分を多く含む食材なので、食べてほしい食材です。細かくして与えたり、千切りにして炒め物にしたりします。食べにくそうな場合は、とろみをつけてあげるなどの工夫をします。

鶏レバー、豚レバー

【初期× 中期× 後期△ 完了期○】

レバーは鉄分、ビタミンといった栄養素がたっぷり。しかも少量で摂取することができます。離乳食向きのレバーは鶏レバー、臭みが少なくくせもありません。色が鮮やかで、弾力があるものが新鮮ですが、鮮度は落ちやすいので購入したらすぐ調理します。まとめて調理して冷凍保存も可。ベビーフードでもレバーペーストがあるので、手軽にレバーを食べさせるのにおすすめ(私は主にレバーペーストを使っていました)

牛豚合びき肉


【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
牛豚合びき肉は、脂肪分が多いので控えめに使いたい食材。調理中にも油が出てくるので、ふき取りながら調理します。

ハム

a02_051
【初期× 中期× 後期× 完了期△】
ハムそのものを与える場合には、1歳を過ぎてからがよいでしょう。できるだけ添加物の少ないものを選びます。また必ず火を通してから使うようにします。風味付けのために少量使う程度であれば、後期頃から。

ウインナー・ソーセージ

a02_048
【初期× 中期× 後期× 完了期△】
ウインナーは塩分や脂肪分が多い食材。1歳頃から、あらびきのものや香辛料入りのものは避け、添加物が少なく皮なしのものを少量食べさせる程度に。

ベーコン

a02_044
【初期× 中期× 後期× 完了期△】
脂肪分が多く、塩分も多い。ゆでて脂分を落としてから使用するなどがいいでしょう。スープに少し入れたり、炒めものに少し入れたりする程度に。


この食材いつから食べられる? 魚介類

この魚介類いつから食べられる?

昔から体によいとされるお魚類、積極的に食べてもらいたいと思う方も多いはず。赤ちゃんに食べさせてもいい魚、かにやいくらはいつから食べられるのか?というところをまとめてみました。

スポンサードリンク

まぐろ、あじ、さけ、たい、あさり、いか、かになど

gyokai

たい

tai

【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
たいは白身魚の中でも淡白で、離乳食でたんぱく質が始まる頃から食べさせることができる食材です。はじめのうちは少量なので、お刺身になっているものを選んでもよいでしょう。

買うときには何の下味もついていないものを選ぶようにします。身が少しぱさつくので蒸してあげたり、とろみをつけてあげると食べやすいです。

たら


seafood_a23

【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
白身魚の1つ。白身魚は離乳食では初期から与えられるものもありますが、たらに関してはアレルギーの危険性があるので、後期あたりから慎重に与えるのがいいと思います。

また、たらを買うときには塩気のない『真だら』を選んで買うようにしましょう。

冬場にはお鍋に入れてお野菜と一緒に食べることもできるので、食べられるようになれば便利な食材です。

ひらめ・かれい

karei1

【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
ひらめもかれいも、淡白でやわらかい白身魚です。火を通してから、皮や骨を取る方が取りやすいです。身がパサパサするときには、とろみをつけてあげると食べやすくなります。くせもないので、赤ちゃんには食べやすいお魚です。

しらす干し


sirasu

【初期△ 中期○ 後期○ 完了期○】
しらすはいわしの稚魚です。塩水でゆでて乾燥させたものなので、塩分が強め。必ず熱湯で塩抜きをしてから調理するようにします。茶漉しなどにしらすを入れて熱湯をかけまわしてもOKです。

syake

【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
鮭は白身魚よりやや脂分があります。白身魚に十分なれた後に与えるようにします。塩鮭や鮭フレークはNG、湯通ししても塩分は取りきれません。必ず生鮭を買うようにします。火を通したあとでしっかりと骨を取ってあげましょう。

まぐろ・カツオ

seafood_a03
b class=”marker_line_ki”>【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
まぐろやカツオは、火を通すと身が固くなります。火を通したらよくほぐしてとろみをつけてあげると食べやすくなります。離乳食では食べる量が少量なので、お刺身で買ってくるほうが、骨を取る手間もなく鮮度もよいのでおすすめです。

ツナ缶

t-0026
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
ツナ缶には種類があります。離乳食に使えるツナ缶は、水煮のものかスープ煮のもの。油漬けのものはダメです。缶詰は意外と添加物が少ないそうです。しっかり熱湯で塩分と油分を抜いて調理します。

あじ・さんま

a01_001
【初期✕ 中期✕ 後期○ 完了期○】
あじやさんまは青魚(背青魚)の仲間です。よく焼いてから、骨をていねいに取ってあげます。あじもさんまも、旬の時期にはお刺身も出回っているので利用すると下処理が楽になります。

いわし

a01_056
【初期✕ 中期✕ 後期○ 完了期○】
いわしは手で簡単にした処理ができる魚です。離乳食にはこまかくきざんでつみれにしたり、ハンバーグにするのがおすすめです。

さわら

pic_noimage110_lgray
【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
青魚、アレルギーに注意します。魚自体はくせがなく身もやわらかく甘みもあるお魚です。離乳食では後期頃から食べさせることができます。焼いたものを取り分けて食べさせるのもいいでしょう。漢字で書くと鰆(魚へんに春)ですが、身を食す場合の旬は12月~2月頃の産卵前の時期です。

さば

048152
【初期✕ 中期✕ 後期△ 完了期○】
さばは脂分が多く、また青魚の中でも特にアレルギーを起こす可能性があります。離乳食の時期には他の青魚をおすすめします。万が一食べさせるときには、十分に注意して少量ずつ与えるようにしてください。

あさり・しじみ

seafood_a18
【初期:× 中期:× 後期:× 完了期:△】
あさりやしじみは、弾力があって固いので赤ちゃんには噛み切ることが難しい食材です。細かく刻んでとろみをつけてあげると食べやすくなるかもしれませんが、特に進んで食べさせる必要もありません。貝類もアレルギーの可能性があるので、与えるときには少量ずつ慎重に与えましょう。

牡蠣

a01_093
【初期:× 中期:× 後期:× 完了期:△】
牡蠣は栄養が豊富で消化もいい食材ですが、アレルギーの心配とともに食中毒の危険性があります。進んで食べさせる必要はありませんが、もし食べさせるときには、新鮮なものをしっかりと加熱し、刻んでから与えます。シチューなどに入れてあげてもおいしく食べることができます。

うに

a01_148
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期✕】
骨もなく、口に入れるととろけるので赤ちゃんも食べやすそうですが・・・。生ものですのでNG。大人でもめったに食べるものではないと思います。離乳食で与える必要はまったくありません。大人だけで堪能してください。


えび・かに

a01_011
【初期:× 中期:× 後期:× 完了期:△】
えびやかには甲殻類アレルギーの可能性があります。新鮮なのもをしっかりと加熱して与える必要があります。与える際には身を細かくほぐしてあげます。桜海老なども便利です。

いか・たこ

a01_095
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期✕】
いかやたこもアレルギーの可能性があるので注意します。弾力があって固く赤ちゃんには食べにくい食材です。細かく刻んで与えるなどの工夫が必要です。無理に食べさせなくてもよい食材だと思います。

いくら・たらこ

a01_125
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期✕】
いくらやたらこも赤ちゃんには食べやすそうな食材ですが、塩漬けになっているので塩分が多いです。また卵アレルギーを起こす可能性もあります。2歳くらいでもいくらを食べてじんましんが出た話はよく耳にしますので注意しましょう。

刺身

a1600_000176
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期✕】
離乳食期間は生ものはNG。お刺身は2歳以降を目安に新鮮なものを食べさせます。それまでは必ず火を通すのが基本です。

アユ、イワナ、ニジマスなどの川魚

fish_a22
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期✕】
川魚は小骨が多いため、離乳食には向いていません。他のお魚を食べさせてあげましょう。

干物

a01_155
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期△】
干物は塩分が多いので、できれば控えたい食材。もし与えるならば、完了期頃に焼いたものを骨と皮をていねいに取ってほぐしてあげたものを少量。

うなぎの蒲焼

10070
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期✕】
うなぎは身がふっくらとしていて食べやすそうですが、脂分が多く小骨も多いです。また味付けも濃いので与えるのはやめましょう。

魚肉ソーセージ

sausage_a23
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期△】
赤ちゃんが食べるには、ほどよい固さで食べやすそうですが、塩分や添加物が含まれているので注意します。完了期ごろに少量をあたえるくらいにします。

かまぼこ、さつま揚げ、はんぺん

zfo53-4
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期△】
こちらも、塩分や添加物がきになる食材です。また卵を使っている食材でもあるので注意しましょう。

カニカマ、かに風味かまぼこ

10376
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期△】
子どもが大好きなカニカマですが、これも塩分や添加物が気になる食材です。熱湯で湯通ししてから調理します。

この食材いつから食べられる? 一般野菜

かぼちゃ、きゅうり、トマト、ピーマンなどの一般的な野菜はいつから離乳食で食べさせられる?

普通の料理でもよく使われる野菜、どれが赤ちゃんに食べさせることができるものなのかしっかりと知っておきたいですね!

一般的な野菜について、まとめてみました。

スポンサードリンク

かぼちゃ、きゅうり、トマト、ピーマンなど

yasai

▼こちらの記事もよく読まれています!
野菜の残留農薬、きちんと落としていますか?
>>離乳食の野菜は安全ですか?残留農薬やワックスを落とす方法!

かぼちゃ

kabotya
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
栄養価が高く、加熱すると甘みがあるので離乳食におすすめの食材です。ワタをしっかり取らないと舌触りが悪くなり赤ちゃんも食べてくれません。スプーンなどを使って、しっかりと種とワタを取り除いてあげましょう。皮も硬いので離乳食期間中は皮も取り除いて与えましょう。

トマト

tomato
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期の頃赤ちゃんには、皮と種は消化に悪いので取り除きます。皮はトマトに切れ目を入れてから、熱湯に通し冷水に入れるとスルリとむけます。

初期は必ず加熱して、8、9ヶ月以降は皮や種を取り除けば生のままでも大丈夫です。そのまま食べさせるのは1歳以降が◎。

無塩のトマトジュースやトマトピューレなどの利用もOK!トマトスープなどに使えます。

きゅうり

a03_013
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
きゅうりの皮は赤ちゃんには固いのでむきます。離乳食の初期ではゆでたりして加熱したものをすりおろすと調理が楽。8、9ヶ月以降は生でも食べられますがすりおろして、他の食材(しらすなど・・・)と和えるのもいいでしょう。後期頃には皮をむいてスティック状に切って手づかみで。皮をむかずにそのまま食べさせるのは1歳以降が◎。

ピーマン・パプリカ

a03_024
【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
子どももあまり好まない野菜なので、赤ちゃんも好まない子のほうが多いようです。

離乳食で与える場合は、へたと種を取ってお湯でゆでたら表面の薄皮をむきます。時期に応じた大きさに刻んで与えます。パプリカのほうがピーマンよりやわらかく加熱すると甘みが出るのでおすすめです。特に種がついてる白い部分に苦味の成分があるので、しっかり取り除いてあげましょう。

なす

a03_092
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
なすはアクが強いので離乳食の初期ではさけたほうがよいです。与える場合は8,9ヶ月以降に。皮を切って水にさらしてアクを抜きます。その後は茹でたり加熱して赤ちゃんの時期に応じた大きさに刻みます。


オクラ

a0002_004861
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
オクラはすりつぶしにくいので8,9ヶ月以降に与えるのがいいと思います。オクラのうぶ毛を塩をふったまな板の上で転がしながらこすりつけて取り除きます。種は消化が悪いので8,9ヶ月頃は取り除くほうがよいでしょう。

赤ちゃんの食べやすい大きさに刻み与えます。お味噌汁やスープなどに入れるととろみがついて食べやすくなります。

ズッキーニ

a1180_004165
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
アクがあるので8,9ヶ月以降に与えるのがおすすめ。皮をむいて、水に浸してアクを抜きます。やわらかくなるまで茹でたら、赤ちゃんの食べやすい大きさに刻みます。ラタトゥユなどトマトなどで一緒に煮込むと、とろっとしていて食べやすいです。

とうもろこし

fd400190
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
初期から食べることができますが、消化に悪い薄皮をむいてすりつぶす必要があります。初期~中期頃はベビーフードやコーンクリーム缶などを利用すると便利です。10、11ヶ月くらいになったら薄皮をそれほど気にせずに、食べやすい大きさにきざんで与えます。1歳以降にはそのままでも◎。

もやし

a03_106
【初期△ 中期○ 後期○ 完了期○】
初期から与えることはできますが、つぶしにくいので8,9ヶ月頃からがおすすめです。ひげ根を取って、赤ちゃんの食べやすい大きさに刻んでから茹でるほうが調理しやすいです。

スポンサーリンク

この食材いつから食べられる? きのこ類

しいたけ、しめじ、えのき、マッシュルームなど、赤ちゃんはいつからきのこ類を食べられる?

おいしいだしが出るきのこは、薄味の離乳食にうまみを与えてくれるので、上手に活用できるとレシピの幅が広がります。

ここでは、離乳食でのきのこ類についてご紹介しています。

スポンサードリンク

しいたけ、しめじ、えのき、マッシュルームなど

kinoko

しいたけ

a03_032
【初期× 中期△ 後期○ 完了期○】
しいたけは、弾力がありすりつぶしたり裏ごしがしにくいため、離乳食が終わった子にも食べにくい食材。3歳になる娘も食べられないことがあります。当然離乳食初期には向きません。

中期以降に、時期に合わせた大きさに刻んであげます。そのままだと飲み込みにくかったりするので、とろみをつけてあげるなどの工夫をすると、赤ちゃんにも食べやすくなります。干ししいたけも後期~完了期頃から使うことができますが、やはり同様に細かく刻んであげましょう。

離乳食のきのこはいつから?冷凍方法ときのこの離乳食レシピ


しめじ

pr00116
【初期× 中期△ 後期○ 完了期○】

しめじも離乳食期の赤ちゃんには噛みにくい食材です。中期以降に細かく刻んで与えるのがよいでしょう。特に軸の部分は噛みにくいので、かさの部分を使用するなどの工夫を。ほかの具材を合わせてとろみをつけて与えるなどが赤ちゃんにも食べやすい方法です。

えのき

pr00114
【初期× 中期△ 後期○ 完了期○】
えのきの先のほうがやわらかいので、その部分を刻んで使用するといいでしょう。軸の部分は大人でも噛みにくかったりするので、赤ちゃんの離乳食には向きません。ほかのきのこ類と同じ様に、スープなどに入れてとろみをつけて与えたりと工夫次第では食べることもできます。


エリンギ

a03_068
【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
えりんぎは刻んでも歯ごたえが残ります。離乳食期の赤ちゃんには食べにくい食材なので無理に食べさせることもありません。与える場合には、炊き込みご飯などに加えて与えるなどがおすすめです。

舞茸

maitake
【初期✕ 中期△ 後期〇 完了期〇】
まいたけは、歯ごたえはありますが、他のきのこ類に比べて弾力は少なく離乳食でも食べさせやすいきのこです。かさの部分を細かく刻んで、煮物や炒め物、スープといったメニューに取り入れてみても良さそうです。

マッシュルーム

massyurumu
【初期✕ 中期✕ 後期△ 完了期〇】
マッシュルームは他のきのこと比べて弾力があります。離乳食期に食べさせることがあまりないように思いますが、もし食べさせるとしたら軸の部分は使わずに上の部分を細かく刻んだら、スープなどに入れてとろみをつけて与えたりと工夫が必要です。または、フードプロセッサーなどでポタージュにするのも1つの方法です。



この食材いつから食べられる? いも類

離乳食でじゃがいも、さつまいも、さといも、やまいもなどはいつから食べられる?

同じいも類でも、赤ちゃんが離乳食の初期から食べられるものもあれば、離乳食中には避けたいものまで様々です。ポイントを押さえておいしく調理しましょう。

ここでは、いも類について離乳食ではいつ頃から食べることができるのか調べました!

スポンサードリンク

じゃがいも、さつまいも、さといも、やまいも

annouimo

じゃがいも

potate
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
じゃがいもの芽には有毒物質が含まれているので、必ず取り除きます。

離乳食の初期にはすりおろしてから加熱すると調理しやすいです。または加熱してからつぶして、水やだし汁でのばしてあげる方法もあります。中期以降は、切ったりつぶすなどして赤ちゃんの食べやすい大きさにして使います。

さつまいも

a0960_004017
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
さつまいもはりんごの10倍ものビタミンCが含まれています。加熱すると甘みが増すので赤ちゃんが好む食材ですが、繊維も多いので皮を厚めにむくといいでしょう。

離乳食の初期では裏ごしするのがいいかもしれません。完了期ころからは皮付きのまま調理できますが、アクがあるので切ったら水にさらして使います。


さといも

satoimo
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
口の周りがかぶれるなどのアレルギーが出る可能性があります。

できれば離乳食の中期頃からがよいでしょう。

食べさせるときには、皮を向いてマッシュしたり、赤ちゃんの食べやすい大きさに。大人でも調理中に手がかゆくなったりすることもあります。下ごしらえにレンジを使うと便利です。

arrow47_002電子レンジを利用して下ごしらえを時間短縮する

山いも・長いも

a1180_008234
【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
さといもと同様、口の周りがかぶれるなどのアレルギーが出る可能性があります。

離乳食期には、すりおろしたまま赤ちゃんに食べさせるのではなく、お好み焼きに入れたり、フライパンでおやきにしてみたり、しっかり火を通したものを与えるようにしましょう。

スポンサーリンク

離乳食でこの果物いつから食べられる?

離乳食期の赤ちゃんに果物はどうやって食べさせればいい?

そのまま生でもいいの?それとも加熱が必要?りんご、いちご、バナナ、桃、スイカ、ぶどうなど定番の果物から、パパイヤ、マンゴーといったフルーツまで、離乳食でいつから食べることができるのかを調べました。

スポンサードリンク

りんご、いちご、バナナ、桃、すいか、ぶどうなど


▼こちらの記事もよく読まれています!
>>離乳食の野菜は安全ですか?残留農薬やワックスを落とす方法!

りんご

a04_071
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食期でも生で食べることができますが、加熱すると酸味が減って甘みが増えるので、より赤ちゃんが食べやすくなります。すりおろしてから加熱するとジャムのようになるので、色々なものに混ぜて使うことができます。

▼離乳食のりんごについてもっと詳しく知りたいときは・・・
体にやさしいりんご!離乳食中の赤ちゃんはいつから食べられる?

いちご

a04_036
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
いちごはレモンよりも多くのビタミンCが含まれています(100g中)。離乳食の初期では、裏ごししてなめらかにしてからあげます。後期以降は食べやすい大きさに角切りにしてあげるといいでしょう。へたを取ってから水に浸したり、加熱するとビタミンCが失われてしまうので、生のまま与えるのが1番いいでしょう。

▼離乳食のいちごについてもっと詳しく知りたいときは・・・
いちごは栄養豊富で離乳食には使いやすい食材!アレルギーの心配は?

みかん

a04_098
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食期の赤ちゃんには、うす皮をむいて、果肉だけを食べさせます。手軽に食べることができますが、食べ過ぎに注意しましょう。

▼離乳食のみかんについてもっと詳しく知りたいときは・・・
みかんは赤ちゃんにいつから与えていい?缶詰のみかんは?

バナナ

a04_038
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
糖質が多いので、エネルギー源として主食代わりにもなります。離乳食ではスプーンなどで押しつぶしてあげると与えやすいです。葉物野菜などほかの食材とあわせてあげたりするのも◎。かたさも程よく、カミカミする練習にもいい食材。後期以降は、そのまま手づかみで食べさせても大丈夫です。甘くておいしいので食べすぎに注意します。またまれにアレルギーの症状を引き起こすこともあります。はじめは少しずつ様子を見ながら与えてください。心配な場合は、ゆっくりはじめるのがいいでしょう。

▼離乳食のバナナについてもっと詳しく知りたいときは・・・
主食にもなるバナナはいつから食べられる?アレルギーの心配は?

fd401097
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
桃はアレルギーを引き起こす可能性があります。離乳食では、すりつぶして加熱したものを少し与えてみて大丈夫なら、生で少し食べさせてみたりなど慎重に。それでも心配な場合は無理に食べさせずに、ゆっくりめに与えるなどしましょう。

▼離乳食のバナナについてもっと詳しく知りたいときは・・・
水分たっぷりの桃はいつから食べさせていい?桃の缶詰は?アレルギーは?

メロン

fd400825
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
最近、メロンでのアレルギーも増えているようなので注意。皮膚に触れただけでアレルギー反応を起こす場合もあります。離乳食期では桃と同じ様に、まずは少量与えるなど慎重に。心配な場合は無理に食べさせずに、ゆっくりめに与えるなどしましょう。

▼離乳食のメロンについてもっと詳しく知りたいときは・・・
離乳食のメロンはいつから?近年増えるメロンアレルギーに注意!

すいか

a04_123
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
すいかはほとんどが水分なので、離乳食の初期のころはスイカをつぶして果汁だけを与えるなどするといいです。後期以降は、時期に合わせた大きさに切ってあげます。

ぶどう

fd400927
【初期:○ 中期:○ 後期:○ 完了期:○】
離乳食の初期の頃は皮をむいてからつぶして果汁を与えるようにします。ぶどうはスルッと飲み込んでしまい、喉に詰まる可能性があるので、後期以降も皮をむいて小さくしてから与えるようにしましょう。

▼離乳食のぶどうについてもっと詳しく知りたいときは・・・
離乳食中の赤ちゃんはぶどうを食べられる?アレルギーはあるの?


さくらんぼ

fd401049
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
さくらんぼはアレルギーを引き起こす可能性のある食材です。離乳食期の赤ちゃんには、少しずつ慎重に与えましょう。またそのままでは実も種も喉に詰まりやすいので、小さくきざんで与えるようにします。

なし

fd400971
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期のころはすりおろして果汁を与えます。後期以降は時期に応じた大きさに切って与えますが、ちょっと固めなのそのまま飲み込んだりしないように注意します。また梨は消化が悪いともいわれるので、与えすぎにも注意しましょう。

▼離乳食の梨についてもっと詳しく知りたいときは・・・
秋の味覚の梨は離乳食でも食べられる?アレルギーの心配は?

かき

a04_054
【初期△ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期では食べにくいかもしれません。離乳食中期頃から、完熟したものをすりつぶして与えるとよいでしょう。柿も固いのでそのまま飲み込んだりしないように注意しましょう。種無しのかきのほうがやわらかいのでおすすめです。

▼離乳食の柿についてもっと詳しく知りたいときは・・・
柿はいつから食べられる?実は普段の離乳食にも使いやすい食材!

キウイフルーツ

fd401163
【初期△ 中期△ 後期○ 完了期○】
種の部分は取り除き、つぶしてあげます。酸味が強いので離乳食期の赤ちゃんが嫌がる可能性もありますが、無理に与える必要もありません。またキウイはアレルギーを引き起こす可能性もあるので、はじめは慎重に与えるようにしましょう。グリーンよりゴールドのキウイのほうが酸味は少ないです。

パイナップル、パパイヤ、マンゴー

fd400901
【初期:× 中期:× 後期:× 完了期:×】
パイナップルやパパイヤ、マンゴーといった南国のフルーツは、たんぱく質分解酵素が多く含まれていてい赤ちゃんには刺激が強すぎるため離乳食では与えないほうがよい食材です。離乳食後も初めて与える場合は慎重に与えましょう。

グレープフルーツ

fd401207
【初期:× 中期:× 後期:× 完了期:△】
酸味と苦味があるので、赤ちゃんが好まないかもしれません。また輸入品のものは、ポストハーベスト(収穫後の農薬)の問題があるのでそのあたりも注意しましょう。離乳食では進んで与える必要はないと思います。

スポンサーリンク

この食材いつから食べられる? 葉物類

離乳食でほうれん草や白菜、キャベツやブロッコリーなどの葉物野菜はいつからどうやって赤ちゃんに食べさせられる?

ちょっと苦手な子が多い葉物野菜。赤ちゃんのうちから色々な野菜の味に慣れておくといいですね!

ここでは、葉物野菜についてご紹介しています。

スポンサードリンク

ほうれん草、白菜、ブロッコリーなど

hamono

ほうれん草・小松菜

hourensou
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
ほうれん草は栄養価は高いですがややアクが強いので、ゆでたら水にさらしてアクを抜く必要があります。小松菜のほうがアクは少ないのでおすすめ。離乳食にはやわらかい葉先の部分を使い、時期に応じてすりつぶしたり、細かく刻んで与えます。赤ちゃんが飲み込みやすいように、とろみをつけてあげても◎。

白菜

a03_095
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
味に癖がなく火を通すとすぐに柔らかくなるので離乳食に使いやすい食材です。離乳食初期~中期頃までは葉先の部分のみを使うようにし、ちょっとかための白い部分は後期以降に刻んで与えるといいでしょう。お鍋を作ったときにも大人分から赤ちゃん分に取り分けしやすく便利です。

キャベツ

kyabetu
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
芯の部分はかたいので、葉先のやわらかい部分を離乳食に使います。キャベツは加熱するとやわらかくなり甘みも出るので赤ちゃんも好みそうな、離乳食に適した食材です。ビタミンUやビタミンCも多く含まれていますが、水に長時間さらすと栄養分が流れ出てしまうので注意。

たまねぎ

a03_064
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
たまねぎは加熱すると甘みが出ます。大きめに切ったものをやわらかくゆでてから、すりつぶしたりきざむほうがより甘くなります。また、食感もとろりとして離乳食期の赤ちゃんにも食べやすい食材です。

レタス

fd400215
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期から食べることはできますが、繊維が多くすりつぶすのがとても大変です。無理に与えず、細かく刻む程度で赤ちゃんが食べられるようになってからでも大丈夫です。

ブロッコリー・カリフラワー

burokkori
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期~中期頃は主に穂先の部分を使います。軸の部分もやわらかくゆでて食べることができます。スティック状に切ってあげれば、後期以降赤ちゃんの手づかみに最適です。

アスパラガス

a03_081
【初期△ 中期△ 後期○ 完了期○】
離乳食には基本的に穂先のやわらかい部分を使います。根の部分は筋が多いので、しっかりと皮の部分をむいてからゆでてきざんであげると食べることができます。離乳食初期では赤ちゃんは食べにくいかも。すりつぶせば食べられるかもしれませんが、無理して食べさせる必要もありません。


モロヘイヤ

ve_2571
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
モロヘイヤはきざむとネバネバとしたぬめりが出るのが特徴です。ゆでたら水にさらしてアクを抜きます。モロヘイヤは栄養価が高い野菜ですが、赤ちゃんに与えるのは離乳食に慣れてからでも。与える場合はすりつぶしたり細かく刻んで、ほかの食材と混ぜたりスープに入れてとろみつけに使ったりするのがよいでしょう。

チンゲンサイ

fd400031
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
チンゲンサイは癖がなく離乳食に使いやすい野菜です。離乳食では葉の部分を使いますが、繊維が多いのですりつぶして使うのはちょっと大変かもしれません。きざんで食べられるようになったら、おかゆやうどんに入れたり、卵に混ぜて焼いたりすると食べやすいでしょう。

ねぎ

fd400017
【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
離乳食の後期頃から食べることができますが、ねぎには辛味があったり、噛みにくかったりするので無理に与える必要もありません。離乳食の彩りにきざんで加熱したねぎを、おかゆやうどん、スープに入れたりする程度で。

ニラ

a03_117
【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
ねぎと同様、辛味と独特の香りがあります。ニラも無理に与えなくてもいい食材です。与えるとしたら、餃子の具のように何かに混ぜ込んで与えるくらいがよいでしょう。

水菜

ve_2955
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
水菜は生でも食べることができますが、離乳食では葉先のやわらかい部分をゆでたら、時期に応じてすりつぶしたり、細かく刻んだりして与えます。

セロリ

fd400052
【初期✕ 中期✕ 後期△ 完了期○】
セロリは、繊維が多く香りも独特なものがあるので、離乳食にあえてあげる必要もありません。与える場合には、表面の筋を取ってやわらかくゆで、細かく刻んでスープなどに入れてあげるといいでしょう。

春菊

a1180_003119
【初期△ 中期○ 後期○ 完了期○】
葉の部分をやわらかくゆでたら、細かくきざんで与えます。独特な香りがあるので赤ちゃんが嫌がる場合は、無理に与える必要もありません。

たけのこ

veg007
【初期✕ 中期✕ 後期△ 完了期○】
アクが強く下準備に手間がかかります。ゆでたけのこを購入して使うと便利です。繊維も多いので穂先を細かくきざんで、たけのこご飯のようにして混ぜて与えるのと赤ちゃんも食べやすいです。