tingensai

中華料理でよく使われる青梗菜(チンゲンサイ)は、アクが少なく癖もないため、他の食材との相性もバッチリ。和食や洋食の味付けにもなじむので、離乳食にも使いやすい食材です。

冬が旬の野菜ですが、1年を通してスーパーで購入することができますし、大きな価格変動もあまりみられません。繊維があるのですりつぶしたりするのに少し手間がかかるかもしれません。

スポンサーリンク

離乳食での青梗菜(チンゲンサイ)はいつから食べさせていい?

初期 中期 後期 完了期

青梗菜(チンゲンサイ)は離乳食の初期(5ヶ月~6ヶ月)頃から食べさせることができます。茎のほうは少し繊維が多いので、ペースト状にするには不向きではありますが、葉のほうは柔らかいので初期~中期は葉を使うとよいでしょう。

青梗菜(チンゲンサイ)の栄養

チンゲンサイは、低カロリーで様々な栄養素がバランスよく含まれています。主にβカロチンやビタミンA、ビタミンCが多く含まれています。風邪の予防、貧血や便秘の改善にもおすすめの食材です。

チンゲンサイのβカロチンの量はピーマンの約6倍。必要に応じて体内でビタミンAに変化してくれる栄養素です。

アレルギーの心配は?

チンゲンサイは、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

チンゲンサイの選び方

チンゲンサイの葉の緑が濃く、密集して葉がついているもの。根元の部分がふっくらと丸みのあるもののほうが甘みがあるチンゲンサイです。

葉が黄色くなっているものは、鮮度が落ちてきている証。購入後も鮮度のいいうちに早めに調理するようにしましょう。

離乳食用にチンゲンサイを調理しよう

チンゲンサイの葉は柔らかく、根元の部分は歯ごたえが良い部分になっています。離乳食の初期~中期頃は葉の部分をペースト状に、上手にカミカミができるようになってきたら根元の部分を刻んで歯ごたえを楽しめるような調理をしてあげましょう。

下ごしらえ

葉の部分をごしらえ(離乳食初期~中期)

①葉先の部分を包丁で切り落とし、水でしっかりと洗い流します。
②沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでます。
③ゆであがったら、細かく刻んでさらにすり鉢で滑らかになるまですりつぶします。

チンゲンサイの茎の部分(離乳食後期~)

①チンゲンサイの葉を根元から1枚ごと切り分けます。
②包丁でざく切りにしたら、沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでます。
③ゆであがったら、食べやすい大きさに細かく刻みます。

チンゲンサイの冷凍保存は?

チンゲンサイは冷凍保存が可能です。下ごしらえの済んだものを冷凍保存しましょう。

細かく刻んでさらにすり鉢などですりつぶし、なめらかなペーストにして製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

または1回分の量が増えてきたらたら、下ごしらえをして食べやすい大きさに刻んだチンゲンサイを、ラップに1回分ごと包み冷凍保存バックに入れ冷凍します。

チンゲンサイを使った離乳食のレシピ

準備中です





スポンサーリンク

同じカテゴリのメニューはこちら