enoki1
しゃきしゃきっとした食感が特徴のえのき。冬のお鍋には欠かせない食材ですが、大人でも少し噛みにくい食材でもあり、赤ちゃんにも食べにくい食材ともいえます。えのきだけで食べさせるというよりも、別の食材と合わせて食べさせるのがポイント。

ここでは、えのきを離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、えのきを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">

離乳食でのえのきだけはいつから食べさせていい?


初期 中期 後期 完了期
×

えのきは、すりつぶしたりするのがちょっと大変な食材なので、赤ちゃんがモグモグゴックンができるようになったころから与えるのがいいかもしれません。

えのきの上のほうが比較的柔らかいので、先のほうだけを使って離乳食を作ります。スープやあんかけなどにしてとろみをつけることで、赤ちゃんにも食べやすくなります。

えのきの栄養

えのきには、ビタミンB1、B2、ナイアシン、食物繊維が豊富に含まれています。

とくにビタミンB2は、しめじの次あたりに多く含まれています。消化器を健康に保つ働きをもつナイアシンもしめじや舞茸と同じくらい含まれています。

アレルギーの心配は?

えのきは、一般的にアレルギー性は低いとされています。しかし全くアレルギーの可能性がないわけではありません。

赤ちゃんは消化器官がまだ未熟です。まれにえのきで口の中が腫れたり、口の周りが赤くなったりということもあるようです。離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。

また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

えのきの選び方

かさの部分が小さく丸く、白く透明感のあるえのきを選ぶようにします。茶色っっぽく変色していたり、えのきの袋の内側に水滴がついているようなものは鮮度が落ちています。避けましょう。

離乳食用にえのきを調理しよう

基本的にきのこ類は水洗いはしませんが、離乳食用で汚れが気になるようであれば、硬く絞ったふきんなどで表面を拭いたり、さっと水で流す程度に。

下ごしらえ

①軸を切り落とします。
②えのきの半分で切り、上のほうをお鍋で下茹でします。
③茹であがったら、食べやすいように細かくみじん切りにします。

ほかの食材と合わせて煮てとろみをつけるなどすると、赤ちゃんにも食べやすくなります!

②でえのきを茹でたゆで汁は、おいしいだし汁になっているので捨てません。離乳食中期頃にはこのだし汁を使って、うどんや雑炊などを作ってあげましょう。

えのきの冷凍保存は?

えのきは、冷凍保存が可能です。

下ごしらえが済んだえのきを、製氷皿に1回分ごとに分けて入れ冷凍、その後冷凍保存パックにうつします。

えのきを茹でた茹で汁も、だし汁として冷凍保存ができます。製氷皿に小分けして冷凍します。

えのきは生のままでも冷凍することができます。生のまま冷凍すると、干ししいたけなどのようにうま味成分と栄養価がアップします。解凍したら、通常通りに下ごしらえをおこないます。

スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="8089330335">