離乳食でほうれん草はいつから食べさせていい?

ここでは、ほうれん草をいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?ほうれん草の選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、ほうれん草を使った離乳食のレシピを紹介します!

スポンサードリンク

離乳食でほうれん草はいつから?


hourensou

ほうれん草は、鉄分やミネラル類がたっぷりと含まれて、赤ちゃんの貧血を予防するためにも積極的に摂らせたい食材でもあります。

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

ほうれん草や小松菜には、ビタミン類のほかにもカルシウムや鉄分といったミネラル類も多く含まれています。特に鉄分が多く含まれているので、離乳食後期以降の赤ちゃんに積極的に食べさせたい食材の1つです。

離乳食期には、葉先のやわらかい部分を使って調理します。

ほうれん草はややアクが強いので、ゆでたら水にさらしてアクを抜く必要があります。小松菜は水にさらす必要はありません。

両方とも離乳食ではほとんど同じように使うことができます。

ほうれん草・小松菜の選び方

葉の緑色が濃く、葉先までピンとしていてみずみずしいもの。

水分が蒸発しやすいので、一度新聞などに包んだ後ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存する。または茹でたものを冷凍保存する。

ほうれん草・小松菜の下ごしらえ

離乳食では、お湯に塩を入れずに下茹でする。

葉先のみを柔らかくゆでたら、水気をしぼる。(ほうれん草は水にさらしてアク抜きしてから)

離乳食初期では、細かく刻んだものをすりつぶしてなめらかに、中期以降は食べやすい大きさに刻んであげます。食べにくい場合には、片栗粉などでとろみをつけてあげたりしましょう。

ほうれん草・小松菜の冷凍保存法

初期はすりつぶして、中期は細かく刻んだものを製氷皿に1食分ごと入れて冷凍。

後期以降は、細かく刻んだものを1食分ずつラップに包むか、冷凍保存袋に板状に薄く伸ばして冷凍する。

かためにゆでて棒状に冷凍し、使う分だけすり下ろすという方法も便利です。

ほうれん草・小松菜を使った離乳食レシピ

ほうれん草とりんごのペースト【離乳食初期~】


●材料
ほうれん草 葉先1~2枚分
りんご 1/8個

●作り方
①ほうれん草は、柔らかくゆでて細かく刻み、すりつぶす。
②りんごはすりおろす
③①のほうれん草とりんごを混ぜ合わせる。

ほうれん草と豆腐の柔らか煮【離乳食後期~】

●材料
ほうれん草 ほうれん草の葉先2~3枚
豆腐 20g
和風だし 50cc
片栗粉 少し

●作り方
①ほうれん草の葉先は柔らかくゆでて、あく抜きをしたら細かく刻んでおく
②鍋に和風だしを入れ、①のほうれん草と1㎝角くらいに切った豆腐を入れて煮る
③水溶き片栗粉でとろみをつける