離乳食でお肉類はいつから食べさせていい?

鶏肉、豚肉、牛肉、ひき肉などのお肉類。お肉でも種類が違うと、赤ちゃんに食べさせられる時期が違うの?

ここでは、具体的に赤ちゃんにいつからお肉を食べさせられるのか、お肉の種類別に調べてみました。

スポンサードリンク

鶏肉、豚肉、牛肉、ひき肉

niku

基本的にお肉は、おかゆ→野菜→豆腐や白身魚を食べられるようになった後頃(中期頃)から始めます。

鶏のささみ

a02_021
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食でお肉をはじめるなら、鶏のささみからがおすすめ。低脂肪でやわらかく、身がほぐしやすいので調理もしやすいです。白いスジをとって、熱湯でゆでてからほぐします。生の鶏ささみ肉を冷凍してからすりおろして調理するのもおすすめ。食べにくいようならとろみをつけてあげたり、おかゆに混ぜるなどすると食べやすくなります

鶏むね肉

a02_025
【初期× 中期△ 後期○ 完了期○】
鶏むね肉も比較的低脂肪の部類ですが、皮はしっかり取り除き、小さく刻んでゆでます。それでもお肉をはじめたばかりの赤ちゃんにはちょっと食べにくいかもしれません。はじめのうちは、鶏むね肉のひき肉を使うのをおすすめします。

鶏もも肉

a02_018
【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
鶏むね肉よりもかたく、脂肪も多いです。皮を取ってから小さく刻んで調理します。よく煮込むとホロホロとやわらかくなります。大人用の煮物の味付け前のものなどから取り分けるなどすると、調理の手間が省けます。

鶏ひき肉

【初期× 中期○ 後期○ 完了期○】
スーパーなどで売っているひき肉は脂肪分が多め。白っぽいのは避けるか、鶏むね肉やささみのひき肉を選びます。お湯でゆでたらざるに上げます。ゆでるとパサパサとした食感になるので、とろみをつけたり、すりつぶすなどが必要です。鶏のささみ肉を買ってきて、包丁でたたいてひき肉にするのもおすすめ。

豚肉

a02_027
【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
脂肪分の少ない、ヒレ肉やもも肉、ロースなど赤身の部分を使います。かたまりのお肉より、薄切りのお肉のほうが使いやすいです。脂肪の部分を取り除き、一度ゆでてから調理します。

豚ひき肉

a1180_004172
【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
お店で売られているものは脂肪分が多いので、できるだけ赤いものを選びます。また、豚のもも薄切り肉を買ってきて、包丁でたたいて自家製ひき肉を作るとより安心して食べさせることができます。


牛肉

a02_060
【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
離乳食で使う部位は、ヒレ、肩、ロース、ももなどの赤みの部分です。牛肉は鉄分を多く含む食材なので、食べてほしい食材です。細かくして与えたり、千切りにして炒め物にしたりします。食べにくそうな場合は、とろみをつけてあげるなどの工夫をします。

鶏レバー、豚レバー

【初期× 中期× 後期△ 完了期○】

レバーは鉄分、ビタミンといった栄養素がたっぷり。しかも少量で摂取することができます。離乳食向きのレバーは鶏レバー、臭みが少なくくせもありません。色が鮮やかで、弾力があるものが新鮮ですが、鮮度は落ちやすいので購入したらすぐ調理します。まとめて調理して冷凍保存も可。ベビーフードでもレバーペーストがあるので、手軽にレバーを食べさせるのにおすすめ(私は主にレバーペーストを使っていました)

牛豚合びき肉


【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
牛豚合びき肉は、脂肪分が多いので控えめに使いたい食材。調理中にも油が出てくるので、ふき取りながら調理します。

ハム

a02_051
【初期× 中期× 後期× 完了期△】
ハムそのものを与える場合には、1歳を過ぎてからがよいでしょう。できるだけ添加物の少ないものを選びます。また必ず火を通してから使うようにします。風味付けのために少量使う程度であれば、後期頃から。

ウインナー・ソーセージ

a02_048
【初期× 中期× 後期× 完了期△】
ウインナーは塩分や脂肪分が多い食材。1歳頃から、あらびきのものや香辛料入りのものは避け、添加物が少なく皮なしのものを少量食べさせる程度に。

ベーコン

a02_044
【初期× 中期× 後期× 完了期△】
脂肪分が多く、塩分も多い。ゆでて脂分を落としてから使用するなどがいいでしょう。スープに少し入れたり、炒めものに少し入れたりする程度に。

スポンサーリンク