• 投稿 2016/12/07 
  • 根菜類

春と秋の2回旬があるかぶ。春のかぶは柔らかく、秋のかぶは甘みが強いのが特徴です。かぶは火の通りが早く、加熱すると実がとても柔らかくなり離乳食にするにもとても使いやすい食材です。

かぶそのものが甘いので、赤ちゃんも食べやすいでしょう。またかぶの葉も栄養が豊富で、加熱すると柔らかくなってこちらも離乳食にはおすすめです。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">


ここでは、かぶとかぶの葉を離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、かぶを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。


離乳食でのかぶ、かぶの葉はいつから食べさせていい?

kabu
初期 中期 後期 完了期

かぶやかぶの葉は、離乳食初期から離乳食に使うことができます。かぶは加熱するととても柔らかくなり、少しの力でつぶすことができます。離乳食を作るときにも調理しやすく、赤ちゃんにとってもとても食べやすい食材です。

またかぶの葉もくせや苦みがなく、加熱すると柔らかくなるので離乳食に向いています。かぶの葉がついていたらぜひ一緒に食べさせてあげてください!

ただしかぶの葉については、少しアクが強いので中期以降に食べさせるほうがよいかもしれません。

かぶとかぶの葉の栄養

かぶは根(実)の部分と葉の部分では栄養素が異なります。どちらかというと、葉のほうが栄養素をたくさん含んでいます。

かぶの根(実)の部分には、少しのビタミン類とカリウム、そして消化酵素のアミラーゼが含まれています。アミラーゼが含まれているので、胃腸の消化機能を助ける働きがあります。

そしてかぶの葉の部分には、βカロチンが豊富に含まれています。βカロチンは免疫効果で知られていますが、実は体内でビタミンAに変換されるので、健康の維持や呼吸器系統を保護する役割も持っています。

ほかにもビタミンB,Cやカルシウム、また細胞分裂やDNAの合成に必要な葉酸も含まれています。これからぐんぐん成長する赤ちゃんにはぜひ食べさせたい栄養素ばかりです。

アレルギーの心配は?

かぶやかぶの葉は、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。実際にアスパラガスのアレルギーは存在するようですから、離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

かぶの選び方

かぶは大きすぎても小さすぎてもよくなく、卵よりも少し大きめくらいがベスト。

また葉の付け根部分がきれいなものを選ぶようにします。もちろんかぶの根(実)の部分に関しても白くてきれいなものがいいでしょう。

離乳食用にかぶとかぶの葉を調理しよう

下ごしらえ

根(実)の部分

かぶの根(実)は、皮の近くは少し固めなので、離乳食用には厚めに皮をむいてあげます。

①皮を厚めにむいて、くし切り(8等分くらい)にします。
②火にかけます
③柔らかくなったら、離乳食時期に合わせてすりつぶしたりします。

かぶは加熱すると本当に柔らかくなります。中期以降は、あらかじめ食べやすい大きさにしてからゆでるほうが良いでしょう。ゆであがりが柔らかすぎるので、つぶれてしまうかもしれません。

葉の部分

①細かく刻んだらゆでます。
②ゆであがったら、さらに細かく刻むかすりつぶします。

かぶとかぶの葉の冷凍保存は?

かぶとかぶの葉は冷凍保存が可能です。下ごしらえの済んだものを冷凍保存しましょう。

かぶもかぶの葉も、それぞれ細かく刻んでさらにすり鉢などですりつぶし、なめらかなペーストにして製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

または1回分の量が増えてきたらたら、下ごしらえをして食べやすい大きさに刻んだかぶやかぶの葉を、ラップに1回分ごと包み冷凍保存バックに入れ冷凍します。

かぶとかぶの葉を使った離乳食のレシピ


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="8089330335">