赤ちゃんの離乳食にカリフラワーはいつから?

冬から春にかけてが旬のカリフラワーは、茹でると柔らかくなり離乳食として調理にもピッタリの野菜です。

ここでは、カリフラワーをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?カリフラワーの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、カリフラワーを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でカリフラワーはいつから?

karihurawa

離乳食に使える時期は?

初期 中期 後期 完了期

カリフラワーは、加熱すると柔らかくなります。すりつぶしたりするのも楽チンで、離乳食初期から食べさせることができます。

カリフラワーには、ビタミンCやカリウムが豊富に含まれています。特に、加熱しても壊れにくいビタミンCが含まれていて、茹でた後でもレモンと同じくらいのビタミンCが含まれています!

スーパーには、白いカリフラワーが出回っていますが、実はオレンジやグリーンといったカリフラワーがあって、そちらのほうが栄養価はさらに高いそうです。

カリフラワーの選び方

カリフラワーは、つぼみの部分が白く固いもの、周りの葉が変色してなくみずみずしいものを選びます。カリフラワーは鮮度が落ちてくると、白い部分が黄色くなってくるので目安にしてみるといいですね。

また、持ち上げたときにずっしりと重みがあるもの、茎の切り口に”す”が入っていないもの、を選らびます。

アレルギーの心配は?

カリフラワーはアレルギーを起こすことは非常にまれですが、アレルギーを起こす可能性はあります。

特に、カリフラワーは「アブラナ科」の仲間なので、アブラナ科の植物にアレルギーを起こす場合には注意が必要です。

カリフラワーを食べてアレルギーをおこした時に多いのが、口腔アレルギーです。食べた後15分以内に、唇が腫れたり、のどが痒くなったり、カリフラワーが触れた部分に症状がでます。

その他にも、目や鼻などのかゆみ、じんましん、吐き気、下痢などを起こすこともあります。

もしこのような症状が見られたら、かかりつけの小児科医の診察を受けるようにしましょう。


離乳食用にカリフラワーを調理しよう

karihurawa2

カリフラワーは、鮮度が落ちるのが早い野菜です。買ってきたらすぐに下ごしらえを済ませて、保存するようにします。

カリフラワーの下ごしらえ

① カリフラワーを小房に切り分ける。
② 沸騰したお湯の中に入れて5~6分ゆでる。
③ 時期に応じた大きさに刻んで調理する。

カリフラワーの茎の部分も、外側の皮を厚めにむいて茹でれば食べることができます。スティック状にすると、手づかみ食べにもピッタリ!

カリフラワーの冷凍保存法

離乳食用に、カリフラワーは冷凍保存ができます。

下ごしらえ通りに調理したら、離乳食の時期に応じた大きさにきざんで、1食分ごとに分けて製氷皿に入れて冷凍します。凍ったら、冷凍保存バックに移します。

または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。