kyabetu
一年を通して手に入りやすいキャベツ。春キャベツはとても柔らかく甘みもたっぷり。キャベツは加熱することで甘みが増しクセもないので赤ちゃんには食べやすい食材です。

生で食べたり、炒めたり、煮込んだり・・・どんな調理法でも合います。栄養もたっぷりのキャベツ、しっかりと柔らかくして赤ちゃんに食べさせてあげましょう。

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">

離乳食でのキャベツはいつから食べさせていい?


初期 中期 後期 完了期

キャベツは離乳食の初期(5ヶ月~6ヶ月)頃から食べさせることができます。味に癖がなく加熱すると甘みが増して柔らかくなるので離乳食に使いやすい食材です。

初期~中期頃はキャベツの葉の柔らかい部分を使います。上手にカミカミができるようになってきたら芯の部分を食べさせるようにします。

キャベツの栄養

キャベツはビタミンやカルシウム、食物繊維などが豊富です。またカロテンやカリウム、葉酸なども含まれています。中でも群を抜いて豊富なのが、ビタミンCとビタミンU。

特にキャベツの一番外側の濃い緑の葉の部分には、1日で必要なビタミンCを1枚で摂取できるほどだそう。(内側の葉だと2~3枚食べる必要があるようです。)また、聞きなれませんがビタミンUという栄養素もたっぷり。キャベジンとも呼ばれる物質で、胃薬の名前にも使われていますね。ビタミンUは胃腸のを正常に働かせてくれる効果があります。

アレルギーの心配は?

キャベツは、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

キャベツの選び方

キャベツの選び方は、春キャベツか冬キャベツかで少し異なります。

春キャベツは、葉がふんわりとゆるく巻かれているものを選びます。葉っぱの色は鮮やかな緑色で、ハリとツヤのあるものです。冬キャベツは逆で、しっかりと葉が詰まって巻かれているものを選びます。

また、お尻の部分が500円玉くらいでみずみずしいもの、よりずっしりと重いものが良いキャベツです。

カットされているキャベツを選ぶ場合には、キャベツの芯が真ん中よりも高めのものを選びます。

離乳食用にキャベツを調理しよう

キャベツは葉の部分は柔らかく、芯の部分は固いので時期に合わせて使う場所を選びます。初期~中期は葉の柔らかい部分を、上手にカミカミができるようになってきたら、芯の部分を刻んであげます。

下ごしらえ

キャベツの葉先部分を下ごしらえ(初期~中期)


①葉の柔らかい部分を包丁で切り落とし、水でしっかりと洗い流します。
②沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでます。
③ゆであがったら、細かく刻んでさらにすり鉢で滑らかになるまですりつぶします。

キャベツの芯の部分を下ごしらえ(後期以降)

上手にカミカミができるようになってきたら、キャベツの芯の部分の使います。

①キャベツを1枚、きれいに水洗いします。
②包丁でざく切りにしたら、沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでます。
③ゆであがったら、食べやすい大きさに細かく刻みます。

キャベツの芯は加熱すると柔らかくなります。小さく食べやすく切ってあげると、カミカミの練習にもぴったりです。

キャベツの冷凍保存は?

キャベツは冷凍保存が可能です。生のままでも可能ですが、離乳食用には下ごしらえの済んだものを冷凍保存します。

細かく刻んでさらにすり鉢などですりつぶし、なめらかなペーストにして製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

または1回分の量が増えてきたらたら、下ごしらえをして食べやすい大きさに起案だキャベツを、ラップに1回分ごと包み冷凍保存バックに入れ冷凍します。

キャベツを使った離乳食のレシピ


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="8089330335">