離乳食期の赤ちゃんにみかんはいつから食べさせても良い?

冬のこたつで食べたいみかん。みかんは皮をむくだけで食べることができる身近で手軽に食べやすい果物です。

また、そのまま生で食べられることはもちろん、果汁を使って離乳食の味付けをすることもできます。様々な食材とも合わせやすいので工夫次第で離乳食のレシピが広がる素材です。

ここでは、みかんを離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、みかんを使った離乳食レシピなどを紹介します。

離乳食でみかんはいつから?

赤ちゃんにみかんを食べさせていい時期は?

初期 中期 後期 完了期

みかんは、離乳食の初期(5~6ヶ月頃)から食べさせることができます。

薄皮などは消化も悪く、まだ上手に飲みこめないので、しっかりとカミカミできるようになるまでは取り除いてあげましょう。

離乳食初期の段階の生後5~6ヶ月の赤ちゃんにみかんを与える場合には、一度みかんを絞って果汁にし、さらにお湯で薄めてあげるようにします。

また、みかんは加熱することで酸味が薄れ、甘みが強くなります。

みかんの缶詰は食べさせても大丈夫?

旬の時期にはみかんはスーパーに並んでいません。そんな時に、ミカンの缶詰は使えるといいですよね。

でも、みかんの缶詰はシロップにつけられた状態なので、赤ちゃんには甘すぎて離乳食には不向きです。

どうしても使う場合はよく水洗いをしてから使うようにしますが、糖分は抜けきらないのでほんの少し与えるだけにしましょう。

缶詰なのでそのまま出してすぐに食べさせることができるので手間は省けますが、人工的な甘みなので、やっぱり赤ちゃんにはみかん本来の味を味合わせてあげたいですね。

みかんに含まれる栄養は?

みかんには、特にビタミンCが多く含まれています。ビタミンCには、免疫力を高めて細菌やウイルスに対する抵抗力をつける働きがあり、風邪をひいたときにもいいと言われています。

βカロチンは体内で、粘膜の健康を維持する働きを持つビタミンAに変わります。やはり免疫力が弱まって風が引きやすくなる冬にぴったりですね。

また、みかんはの薄皮や白い筋には食物繊維も豊富で便秘解消の作用があります。

ほかには利尿作用のあるカリウムも含まれています。
みかんは薄皮にも栄養が含まれていますが、赤ちゃんには消化も悪いのでもったいないですが薄皮は取り除いた状態で食べさせてあげます。

離乳食でのみかん アレルギーの心配は?

みかんは、アレルギーの可能性は低い食材です。
ただし、みかんを食べてアレルギーを起こす可能性はあります。

アレルギーの症状としては主に「口腔アレルギー症候群」といわれるものです。

みかんを食べた後に、唇が腫れたり、のどが痒くなったり、目や鼻などのかゆみ、じんましん、吐き気、下痢など症状が見られたら、かかりつけの小児科医の診察を受けるようにしましょう。

ひどい場合には、呼吸困難や意識不明などのアナフィラキシーショックを起こすこともあるとされています。

特に初めてみかんを食べさせる場合には、赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ与えるようにしましょう。

また、加熱することでアレルギーの原因となる物質が分解されるので、加熱してから食べさせるほうが安心です。


離乳食のみかんの下ごしらえと保存方法

みかんの選び方は?

  • 小さめのもの
  • ヘタの部分の軸が細く、傷んでいないもの
  • 実の皮のキメが細かい、ブツブツが濃くハッキリしている
  • 色が濃い
  • 形は関係ない

みかんは、小さめ(Sサイズ)で色が濃いもの、みかんのへたの部分の軸が細いもの、傷んでいないものを選びましょう。

またオレンジは輸入品が多く、ポストハーベスト(収穫後の農薬)の心配もあるので、離乳食には選びません。またみかんの缶詰はシロップが甘すぎて離乳食には向きません。どうしてもあげるときには、水洗いをしてから。

離乳食のみかんの下ごしらえ

みかんの果汁を取り出す

皮をむき丁寧に薄皮をむいたら、茶こしに入れてフォークなどでつぶします。取り出したみかんの果汁に少し水を加えたら加熱し、赤ちゃんに与えられる程度に冷まします。

加熱することでみかんの酸味も和らいで、赤ちゃんもより食べやすくなります。

みかんの果肉を細かくする

上手にごっくんができるようになったら、薄皮をむいたみかんを食べやすい大きさにきざみます。手で簡単に細かくすることもできます。

アレルギーの心配がないようであれば、そのまま食べさせることもできます。

薄皮ごとみかんが食べられるようになるのは、赤ちゃんがしっかりとカミカミできるようになったら。1歳過ぎには食べられる子もいれば、3歳くらいになっても薄皮を取らないと食べられない子と様々です。お子さんの成長に合わせてあげましょう。我が家の子供たちはだいたい3歳頃に薄皮ごと食べるようになりました。

みかんは冷凍保存できる?

離乳食用にみかんを冷凍することはできます。

みかんの薄皮をむいた状態のものを、ラップに包んで冷凍するようにします。

または果汁や果肉を製氷皿に1回分ごとに分けて冷凍保存することも可能です。

ただし、みかんは比較的下ごしらえのしやすい食材なので、冷凍保存するよりもその都度購入して新鮮なものを食べさせてあげるほうがいいかもしれませんね!

冷凍したみかんの解凍方法は?

電子レンジで解凍、または、鍋で火を通してから食べさせるようにしましょう。

みかんで作る離乳食用のおすすめレシピ

みかんは生で食べる以外にも、果汁を使って離乳食の味付けをしたりすることもできます。

人参とみかんとりんごのジュレ【離乳食初期~】

Cpicon 離乳食初期~人参とみかんとりんごのジュレ by ゆずあさ

酸味のあるみかんに、甘みのあるリンゴ、人参を加えて食べやすくなります。

●材料
人参 1/3本
みかん 2個
りんご 半分
粉寒天 4g
水 300cc

●作り方
①人参は茹でて、裏ごししておく。
②りんごは色が変わってしまうため、直前にすりおろすので皮を剥いて準備しておく。
③鍋に水と粉寒天を入れ、弱火で溶かす。
④すりおろした人参・ほぐしたみかんと、りんごをすりおろして投入。
④製氷皿に小分けして、冷蔵庫で冷やす。

みかんのカッテージチーズあえ【離乳食中期~】

Cpicon 離乳食中期〜みかんのカッテージチーズあえ by RYKmom

●材料
みかん 1個
カッテージチーズ  大さじ1〜
砂糖 小さじ1〜2

●作り方
①カッテージチーズに砂糖をまぜておく。
②みかんの薄皮を剥いて、あとはあえるだけ♡

離乳食後期からのみかん入り蒸しパン【離乳食後期~】

Cpicon 離乳食後期からのみかん入り蒸しパン by garapiko

●材料
みかん 1.5個
粉ミルク 70~80ml
*薄力粉 135g
*ベーキングパウダー 5g
*砂糖 10~15g

●作り方
①みかんの薄皮を剥く。
*の3つをビニール袋に入れて図り、シャカシャカ振って混ぜ合わておく。
②粉ミルクにみかんを入れ、スプーンでつぶす。
③そこに*を入れて、混ぜ合わせる。
④底が深いフライパンにお湯を2cmくらい張る。ココットの中に生地を入れた紙カップを入れ、フライパンに並べる。
⑤弱火で13分蒸して、竹串を刺して、生地が付いてこなければ、完成

ヨーグルトゼリー【離乳食完了期~】

Cpicon 離乳食完了期・ヨーグルトゼリー by きゅるきゅれる

●材料(シリコンカップ 2個)
プレーンヨーグルト60CC
寒天1g
水120CC
みかん適量

●作り方
①みかんを房から出し、適当な大きさにちぎります。シリコンカップ2個の場合は3〜4房ぐらい。
②ヨーグルトとみかんをボールにいれます。
③寒天を1g計ります。
④小さい鍋に水を入れ沸騰させます。沸騰したら寒天をいれて、ふきこぼれない程度の強火弱で1分程煮立たせます。火傷に注意!
⑤ヨーグルトとみかんが入ったボールにゆっくり④を流し入れます。ヨーグルトがトロトロになるぐらいでいいです。
⑥シリコンカップに⑤を流し入れます。流し入れる前にみかんだけカップに入れ、あとからヨーグルトを流し入れるとしやすいです
⑦⑥の段階で固まり始めてたりもしますが、冷蔵庫で冷やしてできあがりです。

スポンサーリンク