mikan2

冬のこたつで食べたいみかん。みかんは皮をむくだけで食べることができる身近で手軽に食べやすい果物。赤ちゃんにもうれしい栄養分もたっぷり入ったみかん。そのまま生で食べられることはもちろん、果汁を使って離乳食の味付けをすることもできます。様々な食材とも合わせやすいので工夫次第で離乳食のレシピが広がる素材です。

ここでは、みかんを離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、みかんを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

スポンサーリンク

離乳食でのみかんはいつから食べさせていい?

初期 中期 後期 完了期

みかんは、離乳食の初期(5~6ヶ月頃)から食べさせることができますが、薄皮などはまだ食べられないのでしっかりとカミカミできるようになるまでは、薄皮を取り除いてあげたりとちょっと手間がかかります。

また、みかんの缶詰はシロップにつけられた状態なので、赤ちゃんには甘すぎて離乳食には不向き。どうしても使う場合はよく水洗いをしてから使うようにします。

みかんの栄養

みかんには特にビタミンCが多く含まれています。また、みかんは食物繊維も豊富でウンチを柔らかくする作用があるので、もし赤ちゃんがちょっと便秘ぎみかも?というときに食べさせてみるのも方法。ほかには利尿作用のあるカリウムも含まれています。

みかんは薄皮にも栄養が含まれていますが、赤ちゃんには消化も悪いのでもったいないですが薄皮は取り除いた状態で食べさせてあげます。

アレルギーの心配は?

みかんは特定原材料に準ずる20品目に含まれています

まれにみかんを食べてアレルギーを起こす可能性があります。症状としては、口の中がかゆくなったり、下痢気味になったり、ひどい場合はアナフィラキシーショックを起こすこともあるようです。

特に初めてみかんを食べさせる場合には、果汁を加熱したものを、赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ与えるようにしましょう。

みかんの選び方

みかんは、小さめ(Sサイズ)で色が濃いもの、みかんのへたの部分の軸が細いもの、傷んでいないものを選びましょう。

またオレンジは輸入品が多く、ポストハーベスト(収穫後の農薬)の心配もあるので、離乳食には選びません。またみかんの缶詰はシロップが甘すぎて離乳食には向きません。どうしてもあげるときには、水洗いをしてから。

離乳食用にみかんを調理しよう

みかんは手で皮をむいて薄皮を取り除いてあげれば食べることができる、食べやすい果物です。房から出して直接赤ちゃんの口にぱくっと入れてあげたいところですが、アレルギーの観点から特に初期~中期頃は加熱をしたものを食べさせるほうがよいとされています。

また、加熱することでみかんの酸味も和らいで、赤ちゃんもより食べやすくなります。

薄皮ごとみかんが食べられるようになるのは、赤ちゃんがしっかりとカミカミできるようになったら。1歳過ぎには食べられる子もいれば、3歳くらいになっても薄皮を取らないと食べられない子と様々です。お子さんの成長に合わせてあげましょう。我が家の子供たちはだいたい3歳頃に薄皮ごと食べるようになりました。

下ごしらえ

果汁を取り出す

皮をむき丁寧に薄皮をむいたら、茶こしに入れてフォークなどでつぶします。取り出したみかんの果汁に少し水を加えたら加熱し、赤ちゃんに与えられる程度に冷まします。

果肉を細かくする

上手にごっくんができるようになったら、薄皮をむいたみかんを食べやすい大きさにきざみます。手で簡単に細かくすることもできます。

アレルギーの心配がないようであれば、そのまま食べさせることもできます。

みかんの冷凍保存は?

離乳食用にみかんを冷凍することは可能です。

みかんの薄皮をむいた状態のものを、ラップに包んで冷凍するようにします。または果汁や果肉を製氷皿に1回分ごとに分けて冷凍保存することも可能。

ただし、みかんは比較的下ごしらえのしやすい食材なので、冷凍保存するよりもその都度購入して食べさせてあげるほうがいいかもしれませんね!

スポンサーリンク