おかゆは離乳食の基本です。毎日の離乳食に欠かせないものなので、多めに作って冷凍保存するのがおすすめです。

ちょっと手間がかかりますが、お米から炊くおかゆはとっても甘くておいしいので、是非作ってあげてみてください。

お鍋で作る以外にも、おかゆは色々な方法で作ることが出来ます。時間がなくても簡単に作ることが出来る方法も紹介しています。


スポンサードリンク


おかゆの作り方

お鍋で作る

10倍粥

IMG_3173
お米から作る場合 米1:水10
鍋にお米と水を入れたら蓋をし、初めは強火で、煮立ったら弱火にして蓋を少しずらし40分~50分コトコトと煮る

ご飯から作る場合 ご飯1:水5
鍋にご飯と水を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして少しずらして蓋をし、15分~20分コトコトと煮る

*離乳食を始めたばかりの頃は、出来上がった10倍かゆをすりつぶして、なめらかにします。

7倍粥

7kayu
お米から作る場合 米1:水7
鍋にお米と水を入れたら蓋をし、初めは強火で、煮立ったら弱火にして蓋を少しずらし40分~50分コトコトと煮る

ご飯から作る場合 ご飯1:水3
鍋にご飯と水を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして少しずらして蓋をし、15分~20分コトコトと煮る

5倍粥(全粥)市販のおかゆがこのあたりです。

5kayu

お米から作る場合 米1:水5
鍋にお米と水を入れたら蓋をし、初めは強火で、煮立ったら弱火にして蓋を少しずらし30分~40分コトコトと煮る

ご飯から作る場合 ご飯1:水2
鍋にご飯と水を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして少しずらして蓋をし、10分~15分コトコトと煮る

軟飯

nanhan

お米から作る場合 米1:水3
鍋にお米と水を入れたら蓋をし、初めは強火で、煮立ったら弱火にして蓋を少しずらし20分~30分コトコトと煮る

ご飯から作る場合 ご飯1:水1
鍋にご飯と水を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして少しずらして蓋をし、沸騰したら蓋を取って軽く水分を飛ばすように煮る

電子レンジで作る

大き目のどんぶり等の耐熱容器に食べる分の量のご飯を入れて、お鍋で作る場合の水の分量よりも少し多めに水を入れる。ふんわりとラップをかけ(電子レンジ用のフタなら少しずらして)電子レンジで5分加熱し、その後10分ほど蒸らして完成。

電子レンジで簡単に、ご飯からおかゆができる、電子レンジ専用のおかゆクッカー。離乳食作りの時短にも。

炊飯器で大人のご飯と一緒に炊く

湯のみやマグカップなどの耐熱容器に、作りたい分量のお米と水を入れて、大人用にといであるお米の上にのせる。あとは普段どおりに炊飯するとできあがり。
*できあがり後、カップの底にご飯がくっついて取りにくいので、アルミホイルなどで底を包んでおくと洗い物も楽です。


耐熱ガラス製。炊飯器から取り出しやすいように、取り出し具も付いていて、簡単にご飯と一緒におかゆが炊ける、炊飯器専用おかゆクッカー。

ベビーフードを利用する

私もコシヒカリのおかゆを利用したりもしていましたが、ちょうど離乳食初期段階くらいのおかゆの形状(すりつぶし)です。量も自分で調節できるので、1つ用意しておくといざという時に便利です。