離乳食でよく使う食材は、冷凍保存(フリージング)をしておくと毎日の離乳食作りに役立ちます。

食材によって、冷凍保存(フリージング)の仕方が異なるので、よく使う食材を中心に冷凍保存(フリージング)の方法を食材別にまとめてみました。

このページでは、おかゆ、パン、うどんといった主食についての冷凍保存(フリージング)の方法を紹介しています。

スポンサードリンク

離乳食の冷凍保存方法【主食】


おかゆ

syoki

【初期】

離乳食初期のころのおかゆは、10倍がゆをすりつぶしてペースト状にしたもの。

水分が多くドロドロとしているので、1回分の量をはかって製氷皿に流しいれて冷凍します。製氷皿で凍ったら、冷凍保存袋に入れて保存します。

【中期~後期】

中期になると、7倍がゆ、5倍がゆになってきます。

この頃には小分けパックなどに1回分を入れて冷凍保存するのが便利。タッパーやお弁当箱にアルミカップを並べて、そこに1食分ごとおかゆを入れても◎。しっかりと密閉しましょう。

【後期~完了期】

完了期の軟飯は、1食分ごとにラップに薄く広げて包む方法が便利です。ラップに包んだら冷凍保存袋に入れて冷凍保存します。

※おかゆはしっかりと冷ましてから容器やラップに入れたり包んだりしましょう

食パン

pan

【初期】

1食分ごとに分けてラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍。

凍ったままの食パンを使う分だけすりおろします。ミルクや野菜スープなどに入れて加熱してパンがゆに。

【中期】

1食分ごとに、または食べやすい大きさにちぎってからラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍。
凍ったままの食パンを、ミルクや野菜スープに入れて加熱してパンがゆに。

【後期】

1食分ごとに食べやすい大きさに角切り、スティック状にカットするなどしてラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍。
凍ったままの食パンをトーストして、ミルクやスープにひたして食べる、またはパンがゆにします。

【完了期】

1食分ごとに分けてラップに包み、冷凍保存に入れて冷凍。
冷凍のままトーストして、ジャムをつけたりして食べます。

パンがゆを製氷皿に入れて冷凍することもできます!ちょっと多く作りすぎてしまったなー、というときに。

うどん

udon

うどんは買ってきたらなるべく早いうちに冷凍しましょう。
さっと鍋でゆでるか、ざるに入れてお湯を回しかけて塩抜きをします。

【初期】

すりつぶしたものを製氷皿に入れてラップでしっかりとふたをした状態で冷凍し、凍ったら冷凍保存袋に移し替えます。

【中期~完了期】

離乳食の進み具合にあわせた長さにして、1食分ずつラップに包んで冷凍保存袋に入れて冷凍します。

そうめん

soumen

乾麺の場合、離乳食の時期に合わせた長さに折ってから茹でると、茹で上がった麺を包丁で細かくするより楽です。
大人の湯で加減よりも少しやわらかめに茹でたら、しっかりと水洗いをして塩分を洗い流します。

【初期】

すりつぶしたものを製氷皿に入れてラップでしっかりとふたをした状態で冷凍し、凍ったら冷凍保存袋に移し替えます。

【中期~完了期】

1食分ごとラップに包んで冷凍保存袋に入れて冷凍保存します。

スパゲティ・パスタ・マカロニ

初期は食べられません

【中期~完了期】

たっぷりのお湯に、塩を入れずにゆでます。

ゆであがったら離乳食の時期に合わせた長さに切り、1食分ごとにラップに包んで、冷凍保存袋に入れて保存します。

食べるときに再加熱するので、ちょっとかための茹で上がりでも大丈夫です。

スポンサードリンク