離乳食でレタスはいつから食べられる?

ここでは、レタスをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?レタスの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、レタスを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でレタスはいつから?

retasu

レタスは一年を通してスーパーで購入できる食材です。お天気が悪い日が続くと、高騰する野菜の代表格なイメージがありますね。

レタスは食物繊維も豊富なので、便秘がちな赤ちゃんにも食べさせたい食材ではありますが、繊維が豊富なゆえにすりつぶしてペースト状にするのは結構大変です。

個人的には、細かく刻んだものを食べられるようになったころからゆっくりと食べさせ始めるのがおすすめ。

離乳食に使える時期は?

初期 中期 後期 完了期

レタスは離乳食の初期(5ヶ月~6ヶ月)頃から食べさせることができます。

しかし、レタスは繊維質なのですりつぶしてペースト状にするのが大変です。しかも一生懸命すりつぶしてできあがる量もそれほど多くありません。

初期からでも食べることができる食材ですが、手間を考えると包丁で細かく刻んだものが食べられるようになるくらいまでは無理に食べさせなくていいと思います。

レタスにはビタミンやカルシウム、カリウム、食物繊維などが豊富です。またチオレドキシンというものも含まれていて、これは炎症を抑える働きを持っています。アトピー性皮膚炎や喘息の症状にも効果が期待できるといわれています。

レタスの選び方

レタスは、葉にツヤやハリがありみずみずしいもの、葉がふんわりと軽く巻かれていて、持った時に軽いものを選びます。ずっしりと重みを感じるものは、葉が固くなっていて苦みを感じることがあります。また芯の切り口が10円玉くらいの大きさのものがベスト。

レタスの下ごしらえ

キャベツは葉の部分は柔らかく、芯の部分は固いので時期に合わせて使う場所を選びます。初期~中期は葉の柔らかい部分を、上手にカミカミができるようになってきたら、芯の部分を刻んであげます。

①葉の柔らかい部分を包丁で切り落とし、水でしっかりと洗い流します。
②沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでます。
③ゆであがったら、細かく刻みます。
④離乳食初期~中期のころは、さらにすり鉢で滑らかにすりつぶします。

④がとても手間になるので、できれば③くらいで食べられるようになってからのほうが◎。ただしフードプロセッサーなどがあれば簡単にペースト状にできます。

レタスの冷凍保存方法

レタスは冷凍保存が可能です。下ごしらえの済んだものを冷凍保存しましょう。

細かく刻んでさらにすり鉢などですりつぶし、なめらかなペーストにして製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

または1回分の量が増えてきたらたら、下ごしらえをして食べやすい大きさに刻んだレタスを、ラップに1回分ごと包み冷凍保存バックに入れ冷凍します。


アレルギーの心配は?

レタスは、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

レタスを使った離乳食のレシピ

レタスとしらすのサッと煮【後期~】

aIMG_2414

●材料
レタス 1/4枚
しらす 大さじ1
和風だし 

●作り方
①レタスは細かく刻む
②しらすは熱湯をかけて塩抜きしておく。
③和風だしでレタスを煮る。
④レタスが柔らかくなってきたら、②のしらすを入れてできあがり。