apple

りんごは離乳食で赤ちゃんにいつから食べさせられる?

【初期:○ 中期:○ 後期:○ 完了期:○】

りんごは、離乳食初期から赤ちゃんに食べさせることができます。

りんごには整腸作用のあるペクチンがたくさん含まれています。離乳食期でも生で食べることができますが、加熱すると酸味が減って甘みが増えるので、より赤ちゃんが食べやすくなります。すりおろしてから加熱するとジャムのようになるので、色々なものに混ぜて使うことができます。

まれにりんごでアレルギーを起こすことがあるので、初めて離乳食でりんごを赤ちゃんに与えるときは慎重に、加熱したものを少しずつあげてみましょう。

りんごの選び方

りんごは種類が豊富で、種類によって酸味や甘みのバランスが違います。種類はお好みで選ぶとよいと思いますが、選ぶポイントとしては、全体的にしっかりと実が締まっていて、全体的によく色づいているものを選びます。保存は涼しいところで乾燥させないようにすると、割と長く保存できます。

加熱して使う場合には、紅玉がおすすめ。

りんごの下ごしらえ

・時期に応じて小さくしたリンゴに水を加えて柔らかくなるまで煮る

または

・電子レンジでリンゴ30gにつき2分を目安に加熱

初期

すりおろして裏ごししたものを加熱。
電子レンジを使用する場合は、器にすりおろしたリンゴを入れ、ふんわりとラップをかけたら500Wで2分加熱。

中期

細かく刻んで、少量の水を加えて柔らかくなるまで加熱。
電子レンジを使用する場合は、器に刻んだリンゴを入れ、水を少しふりかけたらラップをかけて500Wで2分加熱。

後期

1センチ角に刻んで、少量の水を加えて柔らかくなるまで加熱。
電子レンジを使用する場合は、器に刻んだリンゴを入れ、水を少しふりかけたらラップをかけて500Wで2分加熱。

完了期

食べやすい大きさに刻んで、そのままでもOK!まだカミカミしにくい場合には、少し電子レンジで加熱してあげるとよいでしょう。

りんごの冷凍保存方法

①りんご1個(約200g)の皮と芯をとり、薄いいちょう切りにする。
②水からりんごが柔らかくなるまで煮る。
③1食分ずつ小分けにして冷凍する。

使用するときは、必ず加熱する。

りんごを使った離乳食レシピ

りんごとさつまいものとろとろ【離乳食初期~】

赤ちゃんの大好きな甘いスイーツ。りんごとさつまいもで便秘気味の赤ちゃんにもおすすめ。

材料
さつまいも 20g
りんごのすりおろし 小さじ1~2

作り方
①さつまいもの皮を少し厚めにむき、柔らかくゆでたらすりつぶす。
②さつまいもに、りんごのすりおろしを加えて、さらになめらかになるようにすりのばす。

アップルキャロット【離乳食中期~】

りんごとにんじんも相性抜群の組み合わせ!どちらも消化がいいので、下痢など体調の悪いときにも。

材料
りんごのすりおろし 10g
にんじん 20g

作り方
①にんんじんを食べやすい大きさに刻み、やわらかくゆでる。
②すりおろしたりんごと合わせて、軽くつぶす。

白菜とりんごのやわらか煮【離乳食中期~】

白菜は柔らかい葉先を使って。白菜とりんごのフルーティーな味わい。

材料
白菜の葉先 20g
りんご 5g

作り方
①白菜の葉先を細かく刻み、柔らかくゆでる
②りんごを細かく刻む
③柔らかくゆでた白菜と、刻んだりんごを一つの鍋に入れ、水を50ccほど入れて、りんごをつぶしながら弱火でコトコトと煮る。

りんご入りホットケーキ【離乳食後期】

ホットケーキミックスを使って、りんご入り蒸しパン。ほんのり甘くて朝食やおやつにピッタリ!

材料
りんご 10g
ホットケーキミックスの素 大さじ2
牛乳 大さじ1と1/2(水で代用も可)

作り方
①りんごを食べやすい大きさに刻む(まだカミカミしにくい場合は電子レンジで数秒加熱する)
②ホットケーキミックスに牛乳(または水)を加えて、そこに1のりんごも加える。
③フライパンに薄く油をひき、ホットケーキを焼く。
④食べやすい大きさに切る。

同じカテゴリのメニューはこちら