siitake

しいたけや干ししいたけは、低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富です。離乳食にしいたけや干しシイタケを食べさせるのは弾力があって食べさせにくいかもしれませんが、しいたけはうま味成分が強いので出汁を上手に使えるといいですね。

ここでは、しいたけや干ししいたけを離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、しいたけや干ししいたけを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

スポンサーリンク

離乳食でのしいたけ・干ししいたけはいつから食べさせていい?

初期 中期 後期 完了期
×

しいたけ、干ししいたけは、離乳食の後期頃から食べさせることができます。中期頃はしいたけのだし汁であればOK。しいたけは弾力が強いので無理に食べさせる必要はありません。赤ちゃんが食べにくそうであれば、しいたけの出汁をたっぷり使ってあげるとよいでしょう。

しいたけの栄養

しいたけは低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富です。またしいたけの中にはエルゴステリンという物質が含まれていて、これはビタミンDと同じような働きをしてくれます。カルシウムを体に吸収するにはビタミンDが欠かせません。

また、干ししいたけのほうが栄養もうま味成分もぎゅっと濃縮されます。つまり干ししいたけのほうがうま味が強く、栄養価も高いのです。

アレルギーの心配は?

しいたけは、一般的にアレルギー性は低いとされています。しかし全くアレルギーの可能性がないわけではありません。まれにしいたけで口の中が腫れたり、口の周りが赤くなったりということもあるようです。離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

しいたけの選び方

生しいたけは肉厚で、かさがあまり開いていないもの、軸が太いものを選びます。また、かさの内側が白いのも新鮮さの目安です。

干ししいたけは、かさがあまり開いてなく、かさの裏の部分が黄色くなっているものが良いです。赤みがかかってきているものは、古くなってしまっているものです。

離乳食用にしいたけを調理しよう

しいたけは水洗いはしません。汚れが気になるようであれば、硬く絞ったふきんなどで表面を拭く程度に。

下ごしらえ

生しいたけ

①軸を切り落とします。
②薄切りにして、お鍋で下茹でします。
③茹であがったら、食べやすい大きさにみじん切りにします。

②でしいたけを茹でたゆで汁は、おいしいだし汁になっているので捨てません。離乳食中期頃にはこのだし汁を使って、うどんや雑炊などを作ってあげましょう。

干ししいたけ

①干ししいたけは、ぬるま湯につけて柔らかく戻します。
②薄切りにしたら、①の戻し汁を使って下茹でをします。
③茹であがったら、食べやすい大きさにみじん切りにします。

生しいたけと同様に、茹で汁はおいしいだし汁として離乳食に使うことができます。捨てないように!

しいたけの冷凍保存は?

しいたけは、冷凍保存が可能です。

下ごしらえが済んだしいたけを、製氷皿に1回分ごとに分けて入れ冷凍、その後冷凍保存パックにうつします。

しいたけを茹でた茹で汁も、だし汁として冷凍保存ができます。製氷皿に小分けして冷凍します。

生のままでも冷凍することができます。生のまま冷凍すると、干ししいたけと同じようにうま味成分と栄養価がアップします。解凍したら、生のしいたけと同様に下ごしらえをおこないましょう。

スポンサーリンク




同じカテゴリのメニューはこちら