タグ:かぼちゃの記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

タグ:かぼちゃ

離乳食のかぼちゃはいつから?電子レンジの調理と冷凍保存活用法

離乳食でかぼちゃはいつから?

ここでは、かぼちゃをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?かぼちゃの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、かぼちゃを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でかぼちゃはいつから?

kabotya

10倍がゆから始まった離乳食。おかゆが慣れてきた頃に食べさせたいのが、栄養価も高く甘くて赤ちゃんも好きな子が多いかぼちゃです。

かぼちゃは、加熱するとほくほくと柔らかくなり、お湯などでも簡単になめらかに伸ばすことができるので離乳食として調理もしやすいです。

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

かぼちゃは、離乳食初期から食べることができる野菜です。見た目も黄色く色鮮やかで、加熱すると柔らかく甘さも増すので赤ちゃんにも食べやすい食材です。

かぼちゃにはβ-カロチン(ビタミンA)、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄といった栄養がバランスよく含まれています。特にβ-カロチンには、粘膜などの細胞を強化して、免疫力を高める働きがあります。

かぼちゃの選び方

カットされていない丸ごと1個のかぼちゃを選ぶ場合は、全体的に緑色が濃いもの、持ったときにずっしりと重さがあるものを選びます。またヘタの部分が枯れているものが完熟しています。

切り売りされているものを選ぶときには、種がしっかりと詰まっていて、肉厚なものを選びます。


離乳食用にかぼちゃを調理しよう


かぼちゃの下ごしらえ

かぼちゃの種とワタはしっかりと取り除いてあげます。ワタをしっかり取らないと舌触りが悪くなるので赤ちゃんも嫌がって食べてくれないなんてことも。スプーンなどを使って、しっかりと種とワタを取り除いてあげましょう。皮も硬いので離乳食期間中は皮も取り除いて与えましょう。

かぼちゃは、お鍋でゆでて柔らかくするのもいいですが、断然電子レンジ調理向きです。

かぼちゃ1/4くらいの大きさだったら、かぼちゃを少し濡らしてからラップをふんわりかけて600wで5分ほど加熱。加熱後は柔らかくなるので皮も取り除きやすくなります。

その後、離乳食初期ならばつぶしてなめらかに、中期以降は赤ちゃんの食べやすい大きさにカットして食べさせます。

かぼちゃの冷凍保存法

かぼちゃは、生でも加熱後でも冷凍保存ができます。

生の場合は、かぼちゃの種とワタを取った後にカットし、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

離乳食初期では、ペースト状のかぼちゃを使うので加熱してマッシュしたかぼちゃを、製氷皿に1回分ごと分けて入れて冷凍するか、冷凍保存袋に入れて箸などで筋を付けて冷凍しておくと、使いたい分だけポキッと折って取り出すことができます。

冷凍食品やフレークもおすすめ

冷凍庫にストックしておくと便利なのが、冷凍食品で販売されている冷凍かぼちゃ。新鮮な状態で瞬間冷凍されています。またフレークはお湯やミルクなどを混ぜるだけで離乳食が出来上がるので、時間がないときにサッと準備ができるのでおすすめです。



パルシステムもおすすめ

私も子供達が赤ちゃんの頃にかなりお世話になっていました。離乳食向けの食材が多くそろっているので、赤ちゃんがいるお宅にはとってもおすすめの食材宅配です。

赤ちゃんも安心セットというワンコインで数種類の食材を実際に食べてみることができる「おためしコース」もありますので、ぜひお試しを!!




生協の宅配パルシステム★おためしセット購入

スポンサーリンク

離乳食の冷凍保存方法(フリージング)野菜編

離乳食でよく使う食材は、冷凍保存(フリージング)をしておくと毎日の離乳食作りに役立ちます。

食材によって、冷凍保存(フリージング)の仕方が異なるので、よく使う食材を中心に冷凍保存(フリージング)の方法を食材別にまとめてみました。

スポンサードリンク

野菜の冷凍保存方法

yasai

このページでは、離乳食でも使う頻度の高いキャベツ、にんじん、大根、ほうれん草といった野菜類についての冷凍保存(フリージング)の方法を紹介しています。

とくに、キャベツ、にんじん、玉ねぎ、大根は一度に茹でて下ごしらえすれば、そのゆで汁も「野菜スープ」として離乳食に使うことができます。

じゃがいも

a03_044

【冷凍前の下ごしらえ】

  1. じゃがいもの皮をむき芽を取り除いたら、一口大に切る。
  2. 鍋に入れて、じゃがいもが浸るくらいの水を入れて火にかけ、柔らかくなるまでゆでる。
  3. じゃがいもを取り出したら、熱いうちにマッシュまたは時期に合わせた大きさに刻む。

じゃがいもは、形のあるまま冷凍すると、スカスカになって食感が悪くなります。

【初期】

ゆでてマッシュしたじゃがいもを製氷皿に入れて冷凍、または冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

【中期~後期】

ゆでたじゃがいもをマッシュしてから1食分ごとにラップで包むか、冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

さつまいも

annouimo

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  さつまいもは、皮を少し厚めにむいて水にさらす
  2.  鍋に入れて、さつまいもが浸るくらいの水を入れて火にかけ、柔らかくなるまでゆでる
  3.  さつまいもを取り出したら熱いうちにマッシュまたは時期に合わせた大きさに刻む


【初期~中期】
ゆでたさつまいもをマッシュして、製氷皿に入れて冷凍、または冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

【後期~完了期】
ゆでたさつまいもを離乳食の時期に合った大きさに刻んで1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

かぼちゃ

kabotya

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  かぼちゃはのたねとわたを取り除く。
  2.  耐熱のお皿にかぼちゃをのせて、ふんわりとラップをする
  3.  電子レンジで500W5分~から様子をみながら加熱をする
  4.  皮を取り除きながら、熱いうちにマッシュまたは時期に合わせた大きさに刻む


【初期】
ゆでたかぼちゃをマッシュして、製氷皿に入れて冷凍、または冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

【中期~完了期】
ゆでたかぼちゃを離乳食の時期に合った大きさに刻んで1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。
または、1食分の大きさの角切りをラップに包んで保存、レンジで解凍後に使いたい大きさに刻んだりしても◎。

さといも

satoimo

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  さといもの皮をむく
  2.  適当な大きさに切ったら、柔らかくなるまでゆでる
  3.  熱いうちにマッシュまたは時期に合わせた大きさに刻む

【初期】
食べさせません。

【中期~完了期】
ゆでたさといもを離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

ほうれんそう、小松菜・チンゲンサイなど

43f7c5951b3e5ad032cbb574b0762392_s

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  よく水洗いをして、葉についた汚れを落とす
  2.  葉の穂先をカットする
  3.  お湯からゆでる
  4.  1~2分ほど、葉が柔らかくなるまでゆでる
  5.  ゆで上がったら、水にさらす
  6.  時期に合わせた大きさに刻む


【初期~中期】
ラップに棒状に包んで冷凍します。使うときは、冷凍のまますりおろすと調理が楽にできます。

【後期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

白菜・キャベツ・レタスなど

hakusai1

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  よく水洗いをして、葉についた汚れを落とす
  2.  葉の穂先をカットする
  3.  お湯からゆでる
  4.  葉が柔らかくなるまでゆでる
  5.  時期に合わせた大きさに刻む


【初期~中期】
細かく刻んでさらにすり鉢などですりつぶし、なめらかなペーストにして製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【後期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

※レタスは下ごしらえが大変で、思ったより量もできないのでその都度下ごしらえするのがオススメです

大根、かぶ、にんじんなど

daikon

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  皮をむいて、いちょう切りくらいの大きさに切る
  2.  水からゆでる
  3.  ゆで上がったら、時期に合わせた大きさに刻む


かぶは、大根やにんじんより加熱時間短めでOK

【初期】
すりつぶしてなめらかなペーストにし、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

ブロッコリー・カリフラワー

broccoli

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  水でよく洗い、小房に切り分ける
  2.  沸騰したお湯でやわらかくなるまでゆでる
  3.  ゆで上がったら、時期に合わせた大きさに刻む


くきの部分は、離乳食後期~の手づかみ食べ向きです!

【初期】
細かく刻んでさらにすりつぶしたものを、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

トマト・ミニトマト

fd400614

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  トマトに薄く十字の切り込みを入れる
  2.  沸騰したお湯に数秒トマトを入れたら、氷水で冷やす。
  3.  包丁ですっと皮をめくれば、トマトの湯向きが完成!
  4.  種を取り除き、時期に合わせた大きさに刻む
  5.  フライパンで加熱して冷めたら冷凍保存する


【初期】
細かく刻んでさらにすりつぶしたものを、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

ミニトマトはそのまま冷凍保存ができます。冷凍したトマトは水につけると簡単に皮がむけます。種を取って下ごしらえをし、必ず加熱調理します。

たまねぎ

onion

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  皮をむいて、みじん切りにする
  2.  沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでる
  3.  または、フライパンで焦げないように炒める


【初期】
細かく刻んでさらにすりつぶしたものを、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

さやいんげん

さやいんげんは、筋を取って柔らかくゆでたらサッと水にさらします。

【初期】
細かく刻んでさらにすりつぶしたものを、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

アスパラガス

aspara

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  根本もかたい部分を切り落として皮をピーラーで取り除く
  2.  沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでる
  3.  ゆで上がったら、時期に合わせた大きさに刻む


【初期】
そのままラップに包んで冷凍、調理にはすりおろして使う。
または、細かく刻んでからすりつぶし、製氷皿に入れて冷凍。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。





スポンサードリンク

この食材いつから食べられる? 一般野菜

かぼちゃ、きゅうり、トマト、ピーマンなどの一般的な野菜はいつから離乳食で食べさせられる?

普通の料理でもよく使われる野菜、どれが赤ちゃんに食べさせることができるものなのかしっかりと知っておきたいですね!

一般的な野菜について、まとめてみました。

スポンサードリンク

かぼちゃ、きゅうり、トマト、ピーマンなど

yasai

▼こちらの記事もよく読まれています!
野菜の残留農薬、きちんと落としていますか?
>>離乳食の野菜は安全ですか?残留農薬やワックスを落とす方法!

かぼちゃ

kabotya
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
栄養価が高く、加熱すると甘みがあるので離乳食におすすめの食材です。ワタをしっかり取らないと舌触りが悪くなり赤ちゃんも食べてくれません。スプーンなどを使って、しっかりと種とワタを取り除いてあげましょう。皮も硬いので離乳食期間中は皮も取り除いて与えましょう。

トマト

tomato
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期の頃赤ちゃんには、皮と種は消化に悪いので取り除きます。皮はトマトに切れ目を入れてから、熱湯に通し冷水に入れるとスルリとむけます。

初期は必ず加熱して、8、9ヶ月以降は皮や種を取り除けば生のままでも大丈夫です。そのまま食べさせるのは1歳以降が◎。

無塩のトマトジュースやトマトピューレなどの利用もOK!トマトスープなどに使えます。

きゅうり

a03_013
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
きゅうりの皮は赤ちゃんには固いのでむきます。離乳食の初期ではゆでたりして加熱したものをすりおろすと調理が楽。8、9ヶ月以降は生でも食べられますがすりおろして、他の食材(しらすなど・・・)と和えるのもいいでしょう。後期頃には皮をむいてスティック状に切って手づかみで。皮をむかずにそのまま食べさせるのは1歳以降が◎。

ピーマン・パプリカ

a03_024
【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
子どももあまり好まない野菜なので、赤ちゃんも好まない子のほうが多いようです。

離乳食で与える場合は、へたと種を取ってお湯でゆでたら表面の薄皮をむきます。時期に応じた大きさに刻んで与えます。パプリカのほうがピーマンよりやわらかく加熱すると甘みが出るのでおすすめです。特に種がついてる白い部分に苦味の成分があるので、しっかり取り除いてあげましょう。

なす

a03_092
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
なすはアクが強いので離乳食の初期ではさけたほうがよいです。与える場合は8,9ヶ月以降に。皮を切って水にさらしてアクを抜きます。その後は茹でたり加熱して赤ちゃんの時期に応じた大きさに刻みます。


オクラ

a0002_004861
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
オクラはすりつぶしにくいので8,9ヶ月以降に与えるのがいいと思います。オクラのうぶ毛を塩をふったまな板の上で転がしながらこすりつけて取り除きます。種は消化が悪いので8,9ヶ月頃は取り除くほうがよいでしょう。

赤ちゃんの食べやすい大きさに刻み与えます。お味噌汁やスープなどに入れるととろみがついて食べやすくなります。

ズッキーニ

a1180_004165
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
アクがあるので8,9ヶ月以降に与えるのがおすすめ。皮をむいて、水に浸してアクを抜きます。やわらかくなるまで茹でたら、赤ちゃんの食べやすい大きさに刻みます。ラタトゥユなどトマトなどで一緒に煮込むと、とろっとしていて食べやすいです。

とうもろこし

fd400190
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
初期から食べることができますが、消化に悪い薄皮をむいてすりつぶす必要があります。初期~中期頃はベビーフードやコーンクリーム缶などを利用すると便利です。10、11ヶ月くらいになったら薄皮をそれほど気にせずに、食べやすい大きさにきざんで与えます。1歳以降にはそのままでも◎。

もやし

a03_106
【初期△ 中期○ 後期○ 完了期○】
初期から与えることはできますが、つぶしにくいので8,9ヶ月頃からがおすすめです。ひげ根を取って、赤ちゃんの食べやすい大きさに刻んでから茹でるほうが調理しやすいです。

スポンサーリンク