タグ:きゅうりの記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

タグ:きゅうり

離乳食のきゅうりはいつから?生で食べてもいい?冷凍保存できる?

赤ちゃんにきゅうりはいつから?

ここでは、きゅうりをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?きゅうりの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、きゅうりを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食できゅうりはいつから?


kyuri

世界一栄養のない野菜としてギネスに認定されているきゅうりですが、日本では数ある野菜の中でもきゅうりは消費量が第2位ともいわれているきゅうり大国です。

スティック状にすれば簡単に手づかみ用の食材にもなります。

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

きゅうりは、離乳食の初期から食べさせることができます。きゅうりは生で食べるのが一般的ですが、赤ちゃんにはまず加熱したものを食べさせるようにします。

生で食べさせるのは、離乳食中期か後期頃から。

きゅうりは水分でできているので、夏には水分補給に。また、カリウムが含まれているので、むくみの解消や、脂っこいもの食べすぎたときにきゅうりをすりおろして食べたりします。

きゅうりの選び方

きゅうりの表面の緑色が濃く、ツヤツヤとしていてハリのあるもの、太さが均一なものを選ぶようにします。また、きゅうりのトゲトゲが尖っていて、痛いくらい物のほうが新鮮です。


離乳食用にきゅうりを調理しよう


きゅうりの下ごしらえ

きゅうりの皮は、赤ちゃんには固くて食べにくいのでピューラーなどで剥いておきましょう。

◆すりおろす場合◆

  1. きゅうりの皮をピューラーで剥く
  2. お湯でゆでる、またはラップに包んで加熱する。
  3. 柔らかくなったきゅうりを、すりおろす

◆きざむ場合◆

  1. きゅうりの皮をピューラーで剥く
  2. 生の場合は、そのまま食べやすい大きさに刻む。
  3. 加熱する場合は、お湯でゆでる、またはラップに包んで加熱する。
  4. 柔らかくなったら、食べやすい大きさに刻む。

後期以降は、皮をむいたものをスティック状に切ってあげると、手づかみ食べの練習になります。

きゅうりの冷凍保存法

きゅうりは、冷凍保存が可能です。下ごしらえが済んだものを冷凍します。

きゅうりの皮は離乳食期には取り除く方がいいので、必ず皮を取り除いた状態のものを冷凍保存しましょう。

離乳食初期や中期頃は、加熱したきゅうりをなめらかにすりつぶしたり、細かく刻んでから製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

離乳食後期あたり以降は1回分の量が多くなるので、加熱したきゅうりを離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

生できゅうりを食べられるようになったら、その都度購入したものを食べさせてあげるといいですね。

この食材いつから食べられる? 一般野菜

かぼちゃ、きゅうり、トマト、ピーマンなどの一般的な野菜はいつから離乳食で食べさせられる?

普通の料理でもよく使われる野菜、どれが赤ちゃんに食べさせることができるものなのかしっかりと知っておきたいですね!

一般的な野菜について、まとめてみました。

スポンサードリンク

かぼちゃ、きゅうり、トマト、ピーマンなど

yasai

▼こちらの記事もよく読まれています!
野菜の残留農薬、きちんと落としていますか?
>>離乳食の野菜は安全ですか?残留農薬やワックスを落とす方法!

かぼちゃ

kabotya
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
栄養価が高く、加熱すると甘みがあるので離乳食におすすめの食材です。ワタをしっかり取らないと舌触りが悪くなり赤ちゃんも食べてくれません。スプーンなどを使って、しっかりと種とワタを取り除いてあげましょう。皮も硬いので離乳食期間中は皮も取り除いて与えましょう。

トマト

tomato
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期の頃赤ちゃんには、皮と種は消化に悪いので取り除きます。皮はトマトに切れ目を入れてから、熱湯に通し冷水に入れるとスルリとむけます。

初期は必ず加熱して、8、9ヶ月以降は皮や種を取り除けば生のままでも大丈夫です。そのまま食べさせるのは1歳以降が◎。

無塩のトマトジュースやトマトピューレなどの利用もOK!トマトスープなどに使えます。

きゅうり

a03_013
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
きゅうりの皮は赤ちゃんには固いのでむきます。離乳食の初期ではゆでたりして加熱したものをすりおろすと調理が楽。8、9ヶ月以降は生でも食べられますがすりおろして、他の食材(しらすなど・・・)と和えるのもいいでしょう。後期頃には皮をむいてスティック状に切って手づかみで。皮をむかずにそのまま食べさせるのは1歳以降が◎。

ピーマン・パプリカ

a03_024
【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
子どももあまり好まない野菜なので、赤ちゃんも好まない子のほうが多いようです。

離乳食で与える場合は、へたと種を取ってお湯でゆでたら表面の薄皮をむきます。時期に応じた大きさに刻んで与えます。パプリカのほうがピーマンよりやわらかく加熱すると甘みが出るのでおすすめです。特に種がついてる白い部分に苦味の成分があるので、しっかり取り除いてあげましょう。

なす

a03_092
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
なすはアクが強いので離乳食の初期ではさけたほうがよいです。与える場合は8,9ヶ月以降に。皮を切って水にさらしてアクを抜きます。その後は茹でたり加熱して赤ちゃんの時期に応じた大きさに刻みます。


オクラ

a0002_004861
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
オクラはすりつぶしにくいので8,9ヶ月以降に与えるのがいいと思います。オクラのうぶ毛を塩をふったまな板の上で転がしながらこすりつけて取り除きます。種は消化が悪いので8,9ヶ月頃は取り除くほうがよいでしょう。

赤ちゃんの食べやすい大きさに刻み与えます。お味噌汁やスープなどに入れるととろみがついて食べやすくなります。

ズッキーニ

a1180_004165
【初期✕ 中期○ 後期○ 完了期○】
アクがあるので8,9ヶ月以降に与えるのがおすすめ。皮をむいて、水に浸してアクを抜きます。やわらかくなるまで茹でたら、赤ちゃんの食べやすい大きさに刻みます。ラタトゥユなどトマトなどで一緒に煮込むと、とろっとしていて食べやすいです。

とうもろこし

fd400190
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
初期から食べることができますが、消化に悪い薄皮をむいてすりつぶす必要があります。初期~中期頃はベビーフードやコーンクリーム缶などを利用すると便利です。10、11ヶ月くらいになったら薄皮をそれほど気にせずに、食べやすい大きさにきざんで与えます。1歳以降にはそのままでも◎。

もやし

a03_106
【初期△ 中期○ 後期○ 完了期○】
初期から与えることはできますが、つぶしにくいので8,9ヶ月頃からがおすすめです。ひげ根を取って、赤ちゃんの食べやすい大きさに刻んでから茹でるほうが調理しやすいです。

スポンサーリンク