タグ:キャベツの記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

タグ:キャベツ

離乳食でキャベツはいつから食べられる?冷凍保存やレシピなど

離乳食でキャベツはいつから?

キャベツは加熱することで甘みが増しクセもないので赤ちゃんには食べやすい食材です。

ここでは、キャベツをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?キャベツの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、キャベツを使った離乳食のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

離乳食でのキャベツはいつから食べさせていい?

kyabetu

一年を通して手に入りやすいキャベツ。春キャベツはとても柔らかく甘みもたっぷりです。

離乳食に使える時期は?


初期 中期 後期 完了期

キャベツは離乳食の初期(5ヶ月~6ヶ月)頃から食べさせることができます。

味に癖がなく加熱すると甘みが増して柔らかくなるので離乳食に使いやすい食材です。

初期~中期頃はキャベツの葉の柔らかい部分を使います。上手にカミカミができるようになってきたら芯の部分を食べさせるようにします。

キャベツはビタミンやカルシウム、食物繊維などが豊富です。またカロテンやカリウム、葉酸なども含まれています。中でも群を抜いて豊富なのが、ビタミンCとビタミンU。

特にキャベツの一番外側の濃い緑の葉の部分には、1日で必要なビタミンCを1枚で摂取できるほどだそう。(内側の葉だと2~3枚食べる必要があるようです。)また、聞きなれませんがビタミンUという栄養素もたっぷり。キャベジンとも呼ばれる物質で胃薬の名前にも使われていますね。ビタミンUは胃腸のを正常に働かせてくれる効果があります。

キャベツの選び方

キャベツの選び方は、春キャベツか冬キャベツかで少し異なります。

春キャベツは、葉がふんわりとゆるく巻かれているものを選びます。葉っぱの色は鮮やかな緑色で、ハリとツヤのあるものです。冬キャベツは逆で、しっかりと葉が詰まって巻かれているものを選びます。

また、お尻の部分が500円玉くらいでみずみずしいもの、よりずっしりと重いものが良いキャベツです。

カットされているキャベツを選ぶ場合には、キャベツの芯が真ん中よりも高めのものを選びます。

キャベツの下ごしらえ


キャベツは葉の部分は柔らかく、芯の部分は固いので時期に合わせて使う場所を選びます。初期~中期は葉の柔らかい部分を、上手にカミカミができるようになってきたら、芯の部分を刻んであげます。

キャベツの葉先部分を下ごしらえ(初期~中期)


①葉の柔らかい部分を包丁で切り落とし、水でしっかりと洗い流します。
②沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでます。
③ゆであがったら、細かく刻んでさらにすり鉢で滑らかになるまですりつぶします。

キャベツの芯の部分を下ごしらえ(後期以降)

上手にカミカミができるようになってきたら、キャベツの芯の部分の使います。

①キャベツを1枚、きれいに水洗いします。
②包丁でざく切りにしたら、沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでます。
③ゆであがったら、食べやすい大きさに細かく刻みます。

キャベツの芯は加熱すると柔らかくなります。小さく食べやすく切ってあげると、カミカミの練習にもぴったりです。

キャベツの冷凍保存方法

キャベツは冷凍保存が可能です。生のままでも可能ですが、離乳食用には下ごしらえの済んだものを冷凍保存します。

細かく刻んでさらにすり鉢などですりつぶし、なめらかなペーストにして製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

または1回分の量が増えてきたらたら、下ごしらえをして食べやすい大きさに起案だキャベツを、ラップに1回分ごと包み冷凍保存バックに入れ冷凍します。


アレルギーの心配は?

キャベツは、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

キャベツを使った離乳食のレシピ

生で食べたり、炒めたり、煮込んだり・・・キャベツはどんな調理法でも合います。

栄養もたっぷりのキャベツ、しっかりと柔らかくして赤ちゃんに食べさせてあげましょう。

キャベツのスープ煮

IMG_3292
キャベツとかぶ、にんじんをスープで柔らかく煮て、ポトフ風にしました。

●材料
キャベツの葉先 1枚
にんじん 輪切りで2枚
かぶ 1/8くらい
ベビー用コンソメスープ 適量
水溶き片栗粉

●作り方
①キャベツの葉先、にんじん、かぶは細かく刻む。
②①の野菜を下茹でして、柔らかくする。
③ベビー用コンソメスープを②に加える。
④水溶き片栗粉少量でとろみをつけて出来上がり

離乳食の冷凍保存方法(フリージング)野菜編

離乳食でよく使う食材は、冷凍保存(フリージング)をしておくと毎日の離乳食作りに役立ちます。

食材によって、冷凍保存(フリージング)の仕方が異なるので、よく使う食材を中心に冷凍保存(フリージング)の方法を食材別にまとめてみました。

スポンサードリンク

野菜の冷凍保存方法

yasai

このページでは、離乳食でも使う頻度の高いキャベツ、にんじん、大根、ほうれん草といった野菜類についての冷凍保存(フリージング)の方法を紹介しています。

とくに、キャベツ、にんじん、玉ねぎ、大根は一度に茹でて下ごしらえすれば、そのゆで汁も「野菜スープ」として離乳食に使うことができます。

じゃがいも

a03_044

【冷凍前の下ごしらえ】

  1. じゃがいもの皮をむき芽を取り除いたら、一口大に切る。
  2. 鍋に入れて、じゃがいもが浸るくらいの水を入れて火にかけ、柔らかくなるまでゆでる。
  3. じゃがいもを取り出したら、熱いうちにマッシュまたは時期に合わせた大きさに刻む。

じゃがいもは、形のあるまま冷凍すると、スカスカになって食感が悪くなります。

【初期】

ゆでてマッシュしたじゃがいもを製氷皿に入れて冷凍、または冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

【中期~後期】

ゆでたじゃがいもをマッシュしてから1食分ごとにラップで包むか、冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

さつまいも

annouimo

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  さつまいもは、皮を少し厚めにむいて水にさらす
  2.  鍋に入れて、さつまいもが浸るくらいの水を入れて火にかけ、柔らかくなるまでゆでる
  3.  さつまいもを取り出したら熱いうちにマッシュまたは時期に合わせた大きさに刻む


【初期~中期】
ゆでたさつまいもをマッシュして、製氷皿に入れて冷凍、または冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

【後期~完了期】
ゆでたさつまいもを離乳食の時期に合った大きさに刻んで1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

かぼちゃ

kabotya

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  かぼちゃはのたねとわたを取り除く。
  2.  耐熱のお皿にかぼちゃをのせて、ふんわりとラップをする
  3.  電子レンジで500W5分~から様子をみながら加熱をする
  4.  皮を取り除きながら、熱いうちにマッシュまたは時期に合わせた大きさに刻む


【初期】
ゆでたかぼちゃをマッシュして、製氷皿に入れて冷凍、または冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

【中期~完了期】
ゆでたかぼちゃを離乳食の時期に合った大きさに刻んで1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。
または、1食分の大きさの角切りをラップに包んで保存、レンジで解凍後に使いたい大きさに刻んだりしても◎。

さといも

satoimo

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  さといもの皮をむく
  2.  適当な大きさに切ったら、柔らかくなるまでゆでる
  3.  熱いうちにマッシュまたは時期に合わせた大きさに刻む

【初期】
食べさせません。

【中期~完了期】
ゆでたさといもを離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

ほうれんそう、小松菜・チンゲンサイなど

43f7c5951b3e5ad032cbb574b0762392_s

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  よく水洗いをして、葉についた汚れを落とす
  2.  葉の穂先をカットする
  3.  お湯からゆでる
  4.  1~2分ほど、葉が柔らかくなるまでゆでる
  5.  ゆで上がったら、水にさらす
  6.  時期に合わせた大きさに刻む


【初期~中期】
ラップに棒状に包んで冷凍します。使うときは、冷凍のまますりおろすと調理が楽にできます。

【後期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

白菜・キャベツ・レタスなど

hakusai1

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  よく水洗いをして、葉についた汚れを落とす
  2.  葉の穂先をカットする
  3.  お湯からゆでる
  4.  葉が柔らかくなるまでゆでる
  5.  時期に合わせた大きさに刻む


【初期~中期】
細かく刻んでさらにすり鉢などですりつぶし、なめらかなペーストにして製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【後期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

※レタスは下ごしらえが大変で、思ったより量もできないのでその都度下ごしらえするのがオススメです

大根、かぶ、にんじんなど

daikon

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  皮をむいて、いちょう切りくらいの大きさに切る
  2.  水からゆでる
  3.  ゆで上がったら、時期に合わせた大きさに刻む


かぶは、大根やにんじんより加熱時間短めでOK

【初期】
すりつぶしてなめらかなペーストにし、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

ブロッコリー・カリフラワー

broccoli

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  水でよく洗い、小房に切り分ける
  2.  沸騰したお湯でやわらかくなるまでゆでる
  3.  ゆで上がったら、時期に合わせた大きさに刻む


くきの部分は、離乳食後期~の手づかみ食べ向きです!

【初期】
細かく刻んでさらにすりつぶしたものを、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

トマト・ミニトマト

fd400614

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  トマトに薄く十字の切り込みを入れる
  2.  沸騰したお湯に数秒トマトを入れたら、氷水で冷やす。
  3.  包丁ですっと皮をめくれば、トマトの湯向きが完成!
  4.  種を取り除き、時期に合わせた大きさに刻む
  5.  フライパンで加熱して冷めたら冷凍保存する


【初期】
細かく刻んでさらにすりつぶしたものを、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

ミニトマトはそのまま冷凍保存ができます。冷凍したトマトは水につけると簡単に皮がむけます。種を取って下ごしらえをし、必ず加熱調理します。

たまねぎ

onion

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  皮をむいて、みじん切りにする
  2.  沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでる
  3.  または、フライパンで焦げないように炒める


【初期】
細かく刻んでさらにすりつぶしたものを、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。

さやいんげん

さやいんげんは、筋を取って柔らかくゆでたらサッと水にさらします。

【初期】
細かく刻んでさらにすりつぶしたものを、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

アスパラガス

aspara

【冷凍前の下ごしらえ】

  1.  根本もかたい部分を切り落として皮をピーラーで取り除く
  2.  沸騰したお湯で柔らかくなるまでゆでる
  3.  ゆで上がったら、時期に合わせた大きさに刻む


【初期】
そのままラップに包んで冷凍、調理にはすりおろして使う。
または、細かく刻んでからすりつぶし、製氷皿に入れて冷凍。

【中期~完了期】
離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。





スポンサードリンク

この食材いつから食べられる? 葉物類

離乳食でほうれん草や白菜、キャベツやブロッコリーなどの葉物野菜はいつからどうやって赤ちゃんに食べさせられる?

ちょっと苦手な子が多い葉物野菜。赤ちゃんのうちから色々な野菜の味に慣れておくといいですね!

ここでは、葉物野菜についてご紹介しています。

スポンサードリンク

ほうれん草、白菜、ブロッコリーなど

hamono

ほうれん草・小松菜

hourensou
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
ほうれん草は栄養価は高いですがややアクが強いので、ゆでたら水にさらしてアクを抜く必要があります。小松菜のほうがアクは少ないのでおすすめ。離乳食にはやわらかい葉先の部分を使い、時期に応じてすりつぶしたり、細かく刻んで与えます。赤ちゃんが飲み込みやすいように、とろみをつけてあげても◎。

白菜

a03_095
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
味に癖がなく火を通すとすぐに柔らかくなるので離乳食に使いやすい食材です。離乳食初期~中期頃までは葉先の部分のみを使うようにし、ちょっとかための白い部分は後期以降に刻んで与えるといいでしょう。お鍋を作ったときにも大人分から赤ちゃん分に取り分けしやすく便利です。

キャベツ

kyabetu
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
芯の部分はかたいので、葉先のやわらかい部分を離乳食に使います。キャベツは加熱するとやわらかくなり甘みも出るので赤ちゃんも好みそうな、離乳食に適した食材です。ビタミンUやビタミンCも多く含まれていますが、水に長時間さらすと栄養分が流れ出てしまうので注意。

たまねぎ

a03_064
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
たまねぎは加熱すると甘みが出ます。大きめに切ったものをやわらかくゆでてから、すりつぶしたりきざむほうがより甘くなります。また、食感もとろりとして離乳食期の赤ちゃんにも食べやすい食材です。

レタス

fd400215
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期から食べることはできますが、繊維が多くすりつぶすのがとても大変です。無理に与えず、細かく刻む程度で赤ちゃんが食べられるようになってからでも大丈夫です。

ブロッコリー・カリフラワー

burokkori
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期~中期頃は主に穂先の部分を使います。軸の部分もやわらかくゆでて食べることができます。スティック状に切ってあげれば、後期以降赤ちゃんの手づかみに最適です。

アスパラガス

a03_081
【初期△ 中期△ 後期○ 完了期○】
離乳食には基本的に穂先のやわらかい部分を使います。根の部分は筋が多いので、しっかりと皮の部分をむいてからゆでてきざんであげると食べることができます。離乳食初期では赤ちゃんは食べにくいかも。すりつぶせば食べられるかもしれませんが、無理して食べさせる必要もありません。


モロヘイヤ

ve_2571
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
モロヘイヤはきざむとネバネバとしたぬめりが出るのが特徴です。ゆでたら水にさらしてアクを抜きます。モロヘイヤは栄養価が高い野菜ですが、赤ちゃんに与えるのは離乳食に慣れてからでも。与える場合はすりつぶしたり細かく刻んで、ほかの食材と混ぜたりスープに入れてとろみつけに使ったりするのがよいでしょう。

チンゲンサイ

fd400031
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
チンゲンサイは癖がなく離乳食に使いやすい野菜です。離乳食では葉の部分を使いますが、繊維が多いのですりつぶして使うのはちょっと大変かもしれません。きざんで食べられるようになったら、おかゆやうどんに入れたり、卵に混ぜて焼いたりすると食べやすいでしょう。

ねぎ

fd400017
【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
離乳食の後期頃から食べることができますが、ねぎには辛味があったり、噛みにくかったりするので無理に与える必要もありません。離乳食の彩りにきざんで加熱したねぎを、おかゆやうどん、スープに入れたりする程度で。

ニラ

a03_117
【初期✕ 中期△ 後期○ 完了期○】
ねぎと同様、辛味と独特の香りがあります。ニラも無理に与えなくてもいい食材です。与えるとしたら、餃子の具のように何かに混ぜ込んで与えるくらいがよいでしょう。

水菜

ve_2955
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
水菜は生でも食べることができますが、離乳食では葉先のやわらかい部分をゆでたら、時期に応じてすりつぶしたり、細かく刻んだりして与えます。

セロリ

fd400052
【初期✕ 中期✕ 後期△ 完了期○】
セロリは、繊維が多く香りも独特なものがあるので、離乳食にあえてあげる必要もありません。与える場合には、表面の筋を取ってやわらかくゆで、細かく刻んでスープなどに入れてあげるといいでしょう。

春菊

a1180_003119
【初期△ 中期○ 後期○ 完了期○】
葉の部分をやわらかくゆでたら、細かくきざんで与えます。独特な香りがあるので赤ちゃんが嫌がる場合は、無理に与える必要もありません。

たけのこ

veg007
【初期✕ 中期✕ 後期△ 完了期○】
アクが強く下準備に手間がかかります。ゆでたけのこを購入して使うと便利です。繊維も多いので穂先を細かくきざんで、たけのこご飯のようにして混ぜて与えるのと赤ちゃんも食べやすいです。