タグ:バナナの記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

タグ:バナナ

主食にもなるバナナはいつから食べられる?アレルギーの心配は?

  • 投稿 2016/10/09 
  • 果物類

banana1
糖質が多く、エネルギー源として主食の代わりにもなるバナナ。柔らかいので簡単につぶして赤ちゃんに食べさせることができ、離乳食に使いやすい食材です。甘さもあり、赤ちゃんも大好き。程よい硬さがカミカミの練習にもなります。

ここでは、バナナを離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、バナナを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">

離乳食でのバナナはいつから食べさせていい?


初期 中期 後期 完了期

バナナは離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月頃)から食べさせることができます。つぶしたり、すりつぶしたりもしやすく、またカミカミをするにも最適な硬さで、離乳食にぴったりの食材です。

バナナの栄養

バナナは低カロリーだけど、必要な栄養素がバランスよく含まれている万能な果物です。ビタミンやミネラルといった果物によく含まれる成分はもちろん、「ビタミンB6」という栄養に関しては、1日の摂取量として推奨されている量をバナナ1本で摂取できてしまうほど。

また、食物繊維が豊富なので便秘解消や予防に効果的だったり、様々な糖質が含まれているので簡単なエネルギー補給にぴったりです。

アレルギーの心配は?

バナナはアレルギーを引き起こす食材として特定原材料に準ずる20品目に指定されています。果物アレルギーを引き起こす可能性がある食材です。

(特定原材料に準ずる20品目については→離乳食と食物アレルギー

果物アレルギーの症状は、食べた後15分以内に唇や口の中にかゆみが出ます。赤ちゃんであれば不機嫌になったり、子供であれば「痛い、苦い、まずい」と訴えることもあります。

果物アレルギーの多くは胃に入ると消化液で原因となるたんぱく質が分解されるので、唇や口の中の症状だけの場合が多くみられます。

しかし場合によっては、じんましんができる皮膚症状や、目や鼻などのかゆみ、吐き気、下痢、アナフィラキシーショックといった全身症状に至ることもあります。

初めてバナナを赤ちゃんに与える場合は、少しずつ様子を見ながら与えるようにします。

また、バナナのアレルギーを引き起こす原因となるたんぱく質は熱に弱い性質をもつので、加熱してあげると低アレルゲン化されます。

バナナの選び方

全体的に黄色が濃いもの、そしてバナナの軸が黒くなっていないもの、見た目にハリのあるものを選ぶようにします。黒い点々はシュガーサークルと言われ、バナナが熟している証拠。

保存するときは、冷蔵庫へは入れずに常温で保存するようにします。

離乳食用にバナナを調理しよう

下ごしらえ

バナナはつぶしやすく、硬さもちょうどよいので離乳食用の下ごしらえも楽々。

離乳食初期頃

バナナの皮をむいたら、小さく刻んですり鉢でつぶして滑らかにします。

離乳食中期以降

食べやすい大きさに刻みます。

バナナは生でも食べることができますが、加熱するととろっとして甘みも増します。電子レンジで簡単にチンしてみてもいいですね。またバナナの場合は、アレルギーが心配な場合に加熱することでアレルギーの物質を低アレルゲン化することができます。

バナナの冷凍保存は?

離乳食用のバナナは冷凍保存が可能です。

皮をむかず、そのままバナナを冷凍保存すれば、バナナが黒ずんでしまうことはありません。

小分けにしたい場合は、輪切りにしたバナナをラップに包むか冷凍保存パックなどに入れて冷凍します。変色を防ぐために、レモン汁をかけておくと多少効果があります。

解凍は自然解凍。大人でしたら半解凍で食べるとおいしいですが、離乳食なので加熱してから赤ちゃんに食べさせます。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="8089330335">

離乳食でこの果物いつから食べられる?

離乳食期の赤ちゃんに果物はどうやって食べさせればいい?

そのまま生でもいいの?それとも加熱が必要?りんご、いちご、バナナ、桃、スイカ、ぶどうなど定番の果物から、パパイヤ、マンゴーといったフルーツまで、離乳食でいつから食べることができるのかを調べました。

スポンサードリンク

りんご、いちご、バナナ、桃、すいか、ぶどうなど


▼こちらの記事もよく読まれています!
>>離乳食の野菜は安全ですか?残留農薬やワックスを落とす方法!

りんご

a04_071
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食期でも生で食べることができますが、加熱すると酸味が減って甘みが増えるので、より赤ちゃんが食べやすくなります。すりおろしてから加熱するとジャムのようになるので、色々なものに混ぜて使うことができます。

▼離乳食のりんごについてもっと詳しく知りたいときは・・・
体にやさしいりんご!離乳食中の赤ちゃんはいつから食べられる?

いちご

a04_036
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
いちごはレモンよりも多くのビタミンCが含まれています(100g中)。離乳食の初期では、裏ごししてなめらかにしてからあげます。後期以降は食べやすい大きさに角切りにしてあげるといいでしょう。へたを取ってから水に浸したり、加熱するとビタミンCが失われてしまうので、生のまま与えるのが1番いいでしょう。

▼離乳食のいちごについてもっと詳しく知りたいときは・・・
いちごは栄養豊富で離乳食には使いやすい食材!アレルギーの心配は?

みかん

a04_098
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食期の赤ちゃんには、うす皮をむいて、果肉だけを食べさせます。手軽に食べることができますが、食べ過ぎに注意しましょう。

▼離乳食のみかんについてもっと詳しく知りたいときは・・・
みかんは赤ちゃんにいつから与えていい?缶詰のみかんは?

バナナ

a04_038
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
糖質が多いので、エネルギー源として主食代わりにもなります。離乳食ではスプーンなどで押しつぶしてあげると与えやすいです。葉物野菜などほかの食材とあわせてあげたりするのも◎。かたさも程よく、カミカミする練習にもいい食材。後期以降は、そのまま手づかみで食べさせても大丈夫です。甘くておいしいので食べすぎに注意します。またまれにアレルギーの症状を引き起こすこともあります。はじめは少しずつ様子を見ながら与えてください。心配な場合は、ゆっくりはじめるのがいいでしょう。

▼離乳食のバナナについてもっと詳しく知りたいときは・・・
主食にもなるバナナはいつから食べられる?アレルギーの心配は?

fd401097
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
桃はアレルギーを引き起こす可能性があります。離乳食では、すりつぶして加熱したものを少し与えてみて大丈夫なら、生で少し食べさせてみたりなど慎重に。それでも心配な場合は無理に食べさせずに、ゆっくりめに与えるなどしましょう。

▼離乳食のバナナについてもっと詳しく知りたいときは・・・
水分たっぷりの桃はいつから食べさせていい?桃の缶詰は?アレルギーは?

メロン

fd400825
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
最近、メロンでのアレルギーも増えているようなので注意。皮膚に触れただけでアレルギー反応を起こす場合もあります。離乳食期では桃と同じ様に、まずは少量与えるなど慎重に。心配な場合は無理に食べさせずに、ゆっくりめに与えるなどしましょう。

▼離乳食のメロンについてもっと詳しく知りたいときは・・・
離乳食のメロンはいつから?近年増えるメロンアレルギーに注意!

すいか

a04_123
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
すいかはほとんどが水分なので、離乳食の初期のころはスイカをつぶして果汁だけを与えるなどするといいです。後期以降は、時期に合わせた大きさに切ってあげます。

ぶどう

fd400927
【初期:○ 中期:○ 後期:○ 完了期:○】
離乳食の初期の頃は皮をむいてからつぶして果汁を与えるようにします。ぶどうはスルッと飲み込んでしまい、喉に詰まる可能性があるので、後期以降も皮をむいて小さくしてから与えるようにしましょう。

▼離乳食のぶどうについてもっと詳しく知りたいときは・・・
離乳食中の赤ちゃんはぶどうを食べられる?アレルギーはあるの?


さくらんぼ

fd401049
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
さくらんぼはアレルギーを引き起こす可能性のある食材です。離乳食期の赤ちゃんには、少しずつ慎重に与えましょう。またそのままでは実も種も喉に詰まりやすいので、小さくきざんで与えるようにします。

なし

fd400971
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期のころはすりおろして果汁を与えます。後期以降は時期に応じた大きさに切って与えますが、ちょっと固めなのそのまま飲み込んだりしないように注意します。また梨は消化が悪いともいわれるので、与えすぎにも注意しましょう。

▼離乳食の梨についてもっと詳しく知りたいときは・・・
秋の味覚の梨は離乳食でも食べられる?アレルギーの心配は?

かき

a04_054
【初期△ 中期○ 後期○ 完了期○】
離乳食初期では食べにくいかもしれません。離乳食中期頃から、完熟したものをすりつぶして与えるとよいでしょう。柿も固いのでそのまま飲み込んだりしないように注意しましょう。種無しのかきのほうがやわらかいのでおすすめです。

▼離乳食の柿についてもっと詳しく知りたいときは・・・
柿はいつから食べられる?実は普段の離乳食にも使いやすい食材!

キウイフルーツ

fd401163
【初期△ 中期△ 後期○ 完了期○】
種の部分は取り除き、つぶしてあげます。酸味が強いので離乳食期の赤ちゃんが嫌がる可能性もありますが、無理に与える必要もありません。またキウイはアレルギーを引き起こす可能性もあるので、はじめは慎重に与えるようにしましょう。グリーンよりゴールドのキウイのほうが酸味は少ないです。

パイナップル、パパイヤ、マンゴー

fd400901
【初期:× 中期:× 後期:× 完了期:×】
パイナップルやパパイヤ、マンゴーといった南国のフルーツは、たんぱく質分解酵素が多く含まれていてい赤ちゃんには刺激が強すぎるため離乳食では与えないほうがよい食材です。離乳食後も初めて与える場合は慎重に与えましょう。

グレープフルーツ

fd401207
【初期:× 中期:× 後期:× 完了期:△】
酸味と苦味があるので、赤ちゃんが好まないかもしれません。また輸入品のものは、ポストハーベスト(収穫後の農薬)の問題があるのでそのあたりも注意しましょう。離乳食では進んで与える必要はないと思います。

スポンサーリンク