hamono 普段、離乳食で使っている野菜は無農薬の野菜ですか?

私が3人の離乳食で使っていた野菜は、スーパーで購入したものでした。何も疑いもせずにスーパーで野菜を買って、よーく洗って料理をしていました。

でも、実は水で洗うだけでは、残留農薬やワックスは落としきれないんだそうです!なぜなら、雨などで農薬が落ちないようにノリの代わりをする「展着剤」というものが使われているから。

では、その残留農薬やワックスはどうしたら落とせるのか?調べてみました。

野菜の残留農薬やワックスを落とす方法

50度洗い

少し前に流行りましたね。50度のお湯につけると野菜がシャッキとする方法です。農薬は、水よりも温度の高いお湯で溶け出すものも多いので、50度洗いも残留農薬やワックスを落とすのに、有効な方法といえます。

ただ、温度が高すぎても、低すぎても効果がないどころか逆効果になることもあるので、少し手間がかかるかもしれません。

重曹で洗う

食品レベルの重曹を使って、野菜を洗います。

ボールに、小さじ1くらいの重曹を入れたら、野菜をつけるだけ。この方法も、つけすぎると栄養素まで流れ出てしまうので要注意です。

野菜用洗剤で洗う

離乳食期の赤ちゃんでしたら、まだ哺乳瓶を使っている子が多いかもしれませんね。哺乳瓶用の洗剤を使っている方は、その洗剤の表示を見てみてください。「哺乳瓶/野菜洗い用」と記述してありませんか?

野菜を洗剤で洗うなんて「えー!」と思いますが、実は主人の母もやっていました。洗剤を確認すると「食器用/野菜用」と書いてありました。

でも、洗剤で野菜を洗うのはちょっと抵抗がある方もいるかもしれませんね!

ベジセーフ(野菜専用水)で洗う

私の一番のおすすめがこれ!野菜専用水の「ベジセーフ」です。

ベジセーフC >>野菜専用水ベジセーフ
このベジセーフは、ざっくりいうと”スーパーアルカリイオン水”。スプレータイプなので使い方も簡単です。

純水と炭酸カリウムだけで作られているから、赤ちゃんの口に入っても大丈夫。(炭酸カリウムは、植物に含まれる成分で、こんにゃくやお豆腐にも使われている指定食品添加物です。)

また、このベジセーフはたった30秒で食中毒の原因となる菌を死滅させることができる働きももっています。食中毒が起こりやす季節にもとっても有効です。ベジセーフを使って、赤ちゃんだけではなく、お子さんから大人まで安心して野菜を食べましょう。

ベジセーフは公式サイトがお得!

ベジセーフは、楽天市場やAmazonでも購入することができます。しかし!!!どこよりも安く購入できるのは、公式サイトなんです。

公式サイトの定期コースを利用すると、とっても安く購入することができます。
”ちょっと気になる” ”試してみたいな”と思う方は、ぜひ公式サイトの定期コースをおすすめします。

ベジセーフの定期コースは、心配な回数のしばりがないので1回だけの利用もOK!
  • いつでも送料無料
  • 初回限定50%OFF
  • いつでも休止、変更OK

>>>>野菜専用水ベジセーフ公式サイトはこちら!