タグ:食パンの記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

タグ:食パン

離乳食の冷凍保存方法(フリージング)主食編

離乳食でよく使う食材は、冷凍保存(フリージング)をしておくと毎日の離乳食作りに役立ちます。

食材によって、冷凍保存(フリージング)の仕方が異なるので、よく使う食材を中心に冷凍保存(フリージング)の方法を食材別にまとめてみました。

このページでは、おかゆ、パン、うどんといった主食についての冷凍保存(フリージング)の方法を紹介しています。

スポンサードリンク

離乳食の冷凍保存方法【主食】


おかゆ

syoki

【初期】

離乳食初期のころのおかゆは、10倍がゆをすりつぶしてペースト状にしたもの。

水分が多くドロドロとしているので、1回分の量をはかって製氷皿に流しいれて冷凍します。製氷皿で凍ったら、冷凍保存袋に入れて保存します。

【中期~後期】

中期になると、7倍がゆ、5倍がゆになってきます。

この頃には小分けパックなどに1回分を入れて冷凍保存するのが便利。タッパーやお弁当箱にアルミカップを並べて、そこに1食分ごとおかゆを入れても◎。しっかりと密閉しましょう。

【後期~完了期】

完了期の軟飯は、1食分ごとにラップに薄く広げて包む方法が便利です。ラップに包んだら冷凍保存袋に入れて冷凍保存します。

※おかゆはしっかりと冷ましてから容器やラップに入れたり包んだりしましょう

食パン

pan

【初期】

1食分ごとに分けてラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍。

凍ったままの食パンを使う分だけすりおろします。ミルクや野菜スープなどに入れて加熱してパンがゆに。

【中期】

1食分ごとに、または食べやすい大きさにちぎってからラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍。
凍ったままの食パンを、ミルクや野菜スープに入れて加熱してパンがゆに。

【後期】

1食分ごとに食べやすい大きさに角切り、スティック状にカットするなどしてラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍。
凍ったままの食パンをトーストして、ミルクやスープにひたして食べる、またはパンがゆにします。

【完了期】

1食分ごとに分けてラップに包み、冷凍保存に入れて冷凍。
冷凍のままトーストして、ジャムをつけたりして食べます。

パンがゆを製氷皿に入れて冷凍することもできます!ちょっと多く作りすぎてしまったなー、というときに。

うどん

udon

うどんは買ってきたらなるべく早いうちに冷凍しましょう。
さっと鍋でゆでるか、ざるに入れてお湯を回しかけて塩抜きをします。

【初期】

すりつぶしたものを製氷皿に入れてラップでしっかりとふたをした状態で冷凍し、凍ったら冷凍保存袋に移し替えます。

【中期~完了期】

離乳食の進み具合にあわせた長さにして、1食分ずつラップに包んで冷凍保存袋に入れて冷凍します。

そうめん

soumen

乾麺の場合、離乳食の時期に合わせた長さに折ってから茹でると、茹で上がった麺を包丁で細かくするより楽です。
大人の湯で加減よりも少しやわらかめに茹でたら、しっかりと水洗いをして塩分を洗い流します。

【初期】

すりつぶしたものを製氷皿に入れてラップでしっかりとふたをした状態で冷凍し、凍ったら冷凍保存袋に移し替えます。

【中期~完了期】

1食分ごとラップに包んで冷凍保存袋に入れて冷凍保存します。

スパゲティ・パスタ・マカロニ

初期は食べられません

【中期~完了期】

たっぷりのお湯に、塩を入れずにゆでます。

ゆであがったら離乳食の時期に合わせた長さに切り、1食分ごとにラップに包んで、冷凍保存袋に入れて保存します。

食べるときに再加熱するので、ちょっとかための茹で上がりでも大丈夫です。

スポンサードリンク

この食材いつから食べられる?パン類

離乳食でパン類はいつから赤ちゃんに食べさせられる?

ここでは離乳食で赤ちゃんが食べることができるパンを調べてみました。

パンにも食パンやロールパン、レーズンパン、ホットケーキなど色々な種類があります。ここでは、いつからパンが食べられるのか、離乳食に向いているパン、向いていないパンについて紹介しています。

スポンサードリンク

食パン・ロールパン・クロワッサンなど

pan2

食パン

6f93569f5bb263a2101d54401f001a3e_s
【初期○ 中期○ 後期○ 完了期○】
食パンのみみは油脂分がついているので切り落とし、白い部分を使います。

離乳食初期や中期頃は、ミルクや野菜スープなどで煮て、パン粥にして食べさせます。もちろんサンドイッチ用の食パンを使用しても大丈夫です。

ロールパ

a1130_000209
【初期△ 中期△ 後期○ 完了期○】
食パンよりも塩分や油脂分が多いロールパン。バターが練りこまれているので、与えすぎには注意しましょう。

また、ロールパンの表面にはツヤ出しのために卵が塗られているので、卵が気になる場合は控えるか白い部分だけ与えましょう。離乳食完了期頃には、自分で手に持って食べたりもできます。

ぶどうパン・レーズンパン

s001_173
【初期× 中期× 後期○ 完了期○】
まれにレーズンにアレルギーを起こす場合があるので慎重に。離乳食にレーズンを使用する場合、はじめのうちはお湯でふやかして柔らかくしてから与えるので、レーズンパンのようにそのまま与える場合はレーズンが喉に詰まらないよう注意してあたえます。

自分でレーズンが噛み砕けないうちは、無理に与える必要もありません。

フランスパン

a1180_003301
【初期:× 中期:× 後期:○ 完了期:○】
フランスパンは、卵も牛乳も使用せずに作られているので、実は離乳食向き。

白い部分を削ってパンがゆにしてあたえるといいでしょう。ただし他のパンよりも塩分が多めなので与えすぎにも注意しましょう。

胚芽パン

a0006_002538
【初期:× 中期:× 後期:○ 完了期:○】
胚芽パンは離乳食後期から食べることができますが、食パンよりも消化が悪くなるので赤ちゃんの内臓に負担がかかりやすいです。しっかりと離乳食が食べられるようになってからでも。

クロワッサン

PAK25_kurowassanosara500
【初期✕ 中期✕ 後期✕ 完了期〇】

クロワッサンは、バターが多く含まれているので、完了期頃から。それでも離乳食として与えるのはあまりおすすめはしません。

ペストリー類(菓子パン)

a1180_009496
【初期:× 中期:× 後期:× 完了期:×】

菓子パンは、離乳食に与えるものではありません。お菓子と同様に避けるべき食材です。

ホットケーキ

PP_hotcake500
【初期:× 中期:× 後期:△ 完了期:○】
市販のホットケーキミックスは砂糖も多く含まれているし、香料なども入っています。小麦粉とベーキングパウダーがあればホットケーキは作ることができます。できれば手作りしてあげるといいですね。バナナや野菜の甘みを加えれば栄養価も高くなり、離乳食のレシピの幅も広がります。

蒸しパン


【初期:× 中期:× 後期:△ 完了期:○】
市販の蒸しパン赤ちゃんには甘すぎるので、手作りをおすすめします。ホットケーキミックスでも作ることができるし、赤ちゃん用の手作り蒸しパンのキットも販売されています。バナナを入れたりレーズンを入れたり、さつまいもなどの野菜を入れてもおいしいですね。我が家でも離乳食でよく作りました。電子レンジでも簡単にできます。