赤ちゃんの離乳食で油はいつから使っても良い?

油といっても、サラダ油、ごま油、オリーブオイルなど様々な種類があります。また、植物性や動物性といった区別も。
赤ちゃんにはいつ頃から、どんな油を使っていいのでしょうか?

ここでは、油をいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?油は必要なのか?揚げ物はいつから食べさせていいの?など、離乳食での油の疑問を解決していきましょう!

離乳食で油はいつから?

赤ちゃんに油を食べさせていい時期は?

初期 中期 後期 完了期

離乳食での油は、ごく少量であれば使っても大丈夫です。赤ちゃんにとっても、油は大切な栄養素の一つです。

油にも種類が色々ありますが、まず離乳食後期(生後9~11ヶ月)頃に”オリーブオイル”から始めると良いです。

サラダ油は1歳以降に使い始めましょう。

ごま油は、ゴマアレルギーの心配があるので、注意が必要です。

離乳食期には、動物性の油(ラード)は赤ちゃんの消化機能に負担をかけるため、植物性の油を使用するようにしましょう。

油に含まれる栄養は?

離乳食でも取り入れてOKな植物性の油には、体に必要な必須脂肪酸ビタミンEが含まれています。

必須脂肪酸は、人間が体内で作り出すことができないため、食べ物から取り入れる必要があります。必須脂肪酸が極端に少なくなると皮膚が乾燥しやすくなったり、乳幼児の発育遅延につながることも。

ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつで、体を守る働きがあります。

また、野菜を油で炒めてたり、サラダをドレッシングなどをかけて食べるなど、野菜と油を一緒に取り入れることで、β-カロテンなどの吸収率を高ることができます。

特に、オリーブオイルのオレイン酸は母乳にも含まれている成分なんだそうですよ。

離乳食での油 アレルギーの心配は?

油でのアレルギーの心配は、種類によってあります。

たとえば、ゴマにアレルギーがある場合はごま油に、お米にアレルギーがある場合は米油といった感じで、油の元になっている植物によって変わってきます。

離乳食期におすすめなのはオリーブオイルです。

オリーブオイルは、比較的アレルギーの発症が少ないとされています。

ただし、オリーブオイルで稀にアレルギーを起こす赤ちゃんもいます。特に初めて使う場合には、慎重に少量ずつ使うようにしましょう。

オリーブオイルを食べた後に、唇が腫れたり、のどが痒くなったり、目や鼻などのかゆみ、じんましん、吐き気、下痢など症状が見られたら、かかりつけの小児科医の診察を受けるようにしましょう。


油の種類から見る、油の選び方

油には、オメガ3系・オメガ6系・オメガ9系という種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう

オメガ3系
オメガ3系は、人間の体内では作り出すことができません。亜麻仁油(アマニ油)に多く含まれています。また、青魚からも摂取することができきます。

脳の活性化や、血圧の低下などの効果があると報告されています。

オメガ6系
オメガ6系は、人間の体内では作り出すことができません。サラダ油やキャノーラ油など、普段よく使う油が含まれます。オメガ6系の油には、オレイン酸が多く含まれています。

ほどよく取れば、悪玉コレステロール値を下げる効果がありますが、摂りすぎると善玉コレステロールを減らしてしまうことも。また、アレルギーの悪化につながったりもします。

オメガ9系
オメガ9系は、人間の体内でも作り出すことができます。オリーブオイルやアボガドオイル、ピーナッツオイルが含まれます。オメガ9系にも、オレイン酸が多く含まれています。

酸化しにくいので、加熱するお料理に向いているといえます。

離乳食におすすめな油は?

普段の生活では、オメガ6系に含まれる「キャノーラ油」や「サラダ油」が安価で手に入りやすく、使う機会が多いですよね。

それに、オメガ6系の油は、市販の食物(お菓子やお惣菜など)にも含まれているので、どうしても摂りすぎの傾向になってしまいます。

偏って取りすぎてしまうのはあまりよくありません。

そこで、離乳食で使うのにおすすめしたいのはオメガ9系の『オリーブオイル』です。

加熱調理でも酸化しにくいのがポイントです。スーパーでも手に入りやすいですよね。

また、大人もオメガ3系やオメガ9系の油を積極的に摂ったほうが良いとされているので、赤ちゃんと一緒にオリーブオイルを使って食事を作ってみるのはどうでしょうか?