butahikiniku

赤ちゃんの離乳食で豚ひき肉はいつから?

ひき肉は、離乳食でも調理しやすい食材ですね。ただ、火を通すとパラパラして赤ちゃんには食べにくいということも考えられます。

ここでは、豚ひき肉をいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?豚ひき肉の選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、豚ひき肉を使った離乳食のレシピを紹介します。


離乳食で豚ひき肉はいつから?

初期 中期 後期 完了期

豚ひき肉は、離乳食後期頃から食べさせることができます。

市販の豚ひき肉は、豚肉の中でも脂肪分が多く含まれていることが多いです。

まず、豚肉の中でも低脂肪で高たんぱくな”ヒレ肉”、低脂肪で柔らかい”豚もも肉”、”ロース”といった赤身の部位から食べさせます。

赤身のお肉に慣れてきたら、豚ひき肉に挑戦しましょう。市販の豚ひき肉ではなく、豚もも肉やロース肉を購入して自分でひき肉にすれば、脂肪分が少ないひき肉を作ることができますね。

豚ひき肉は、タンパク質、脂質のほかに、ビタミンB1、B2、A、Eがバランスよく含まれています。

豚ひき肉の選び方

  • 豚ひき肉全体の色が均一
  • ピンク色でツヤがあるもの
  • 汁が出ていないもの

スーパーで販売している豚ひき肉は、脂身が多い部分を使っていることが多いので脂っぽいです。

スーパーで購入する場合には、パックの豚ひき肉全体の色が、ピンク色でツヤがあり、色味が均一なもの。

白っぽい部分が多いものは、脂肪分が多いということなので、赤い部分が多いものを選ぶようにします。

また、トレーにピンク色の汁が出ていたら、ちょっと時間が経ってしまっているということ。できるだけ避けましょう。

市販の豚ひき肉ではなく、豚もも肉やロース肉など、脂肪分の少ない豚肉の部位を包丁で細かくたたいたり、フードプロセッサーなどがあれば簡単に、赤ちゃんにも安心な”自家製ひき肉”を作ることができますね。

アレルギーの心配は?

豚ひき肉というより、豚肉のアレルギーですが、牛や鶏に比べると割合は低いですが、豚肉でアレルギーを起こすことがあります。

豚アレルギーの原因は、赤身のお肉に含まれるたんぱく質。通常は、豚アレルギーであっても、豚肉を加熱することでたんぱく質の性質が変わり、アレルギー反応がでなくなることが多いようです。

豚肉を食べた後に、唇が腫れたり、のどが痒くなったり、目や鼻などのかゆみ、じんましん、吐き気、下痢など症状が見られたら、かかりつけの小児科医の診察を受けるようにしましょう。


離乳食用に豚肉を調理しよう

豚肉の下ごしらえ

豚ひき肉は、脂肪分が多く含まれています。はじめに、脂肪分を取り除くことから始めましょう。

①熱湯に豚ひき肉を入れます。
②アクを取りながら、火が通るまで茹でます。
③ざるにあげて冷まし、固まっている部分はほぐします。

豚ひき肉が食べにくそうであったら、さらにすりつぶしたり、細かく刻んであげるといいですね。

豚ひき肉の冷凍保存方法

離乳食時期の豚ひき肉は冷凍保存が可能です。

下ごしらえをし火を通してほぐしたひき肉を、製氷皿に1回分ごとに分けて冷凍します。凍ったら食品保存パックに移し替えます。

また離乳食が進んで1回の量が増えたら、ラップに1食分ごと包んで冷凍保存パックに入れて冷凍します。