カテゴリー:離乳食の進め方の記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

カテゴリー:離乳食の進め方

離乳食初期の進め方:離乳食のを始めるタイミングを見極める方法は?

離乳食初期(生後5~6ヶ月)の進め方

生まれてからずっと、母乳やミルクだけで成長してきた赤ちゃん。生後5~6ヶ月くらいになると、母乳やミルクからの栄養だけでは足りなくなってくるため、『食べる』練習が始まります。

離乳食は、食べ物から栄養がしっかりと摂れるようになるための、移行期間です。初めから上手に食べることができる赤ちゃんはいませんから、ゆっくりと赤ちゃんのペースで進めていきましょう。

離乳食を始める時期とタイミング

離乳食を始めるのは、一般的に生後5~6ヶ月くらいです。今は少しゆっくりめに始めるママが多いでしょうか?

おおよその時期以外にも、赤ちゃんのしぐさや様子などの変化からも、離乳食を始めるタイミングを見極めることができます。チェックしてみましょう!

  • 生後5~6ヶ月になった
  • 授乳の間隔が安定してきた
  • よだれをたらし始める
  • 歯が生えてきた
  • パパやママの食べる姿を見て食べたがる
  • 首がしっかりとすわっている
  • 腰がしっかりとすわり始めている
  • スプーンを口に入れても押し出さない
  • 赤ちゃんの機嫌がいい
  • ママの心の準備もOK!

おおよその目安として書き出してみました。

赤ちゃんの成長はそれぞれ違うので、当てはまらないことがあっても大丈夫。例えば、母乳の赤ちゃんは授乳の間隔が安定しないということもありますし、全然歯が生えてこない子もいます。

私自身も3人の子どもの離乳食を経験していますが、最終的には私じ自身が「よし!始めるぞ!」という気持ちになって始めるという感じ、じゃないかなと思います。(これだけリストアップして言うのもなんですが、笑!)

離乳食初期のポイントは?

まずは1日1回、授乳タイムの1回を離乳食タイムに

授乳タイムの1回を離乳食タイムに



まずは1日1回から離乳食を始めます。授乳タイムの1回を離乳食タイムにします。

離乳食タイムはできるだけ午前中に食べさせるようにしたいです。午前中のほうが赤ちゃんの機嫌が比較的いいのと、離乳食を食べて万が一アレルギー反応など何かがあったときに、病院へ連れていくことができる時間帯であるということからです。

また、生活リズムを整えるという意味では、できるだけ毎日同じ時間帯に離乳食をあげるほうがいいとされています。

ポイントとしては、赤ちゃんがお腹がすいて母乳やミルクを欲しがり始める前には、離乳食を食べさせてあげること。お腹がすいて泣き始めてしまうと、離乳食どころではなくなってしまう可能性があります。(実際にわが家の長女がそんな感じの子でした)

離乳食の固さや大きさ

離乳食を始めたばかりの時期は、10倍がゆをさらにすりつぶして粒のない”ポタージュ”状態にします。

ポタージュ状に慣れてきたら、ポタージュ状の中に少しずつ粒を残していくようにしながら進めていきます。

離乳食初期の1回の量は?

離乳食のスタートは、まず小さじ1から。たった小さじ1ぱいの量ですが、意外と時間がかかります。小さじ1が食べられるようになったら、小さじ2へ・・・。離乳食を始めて1ヶ月が経つころには、だいたい子供用お茶碗の半分の量が食べられるくらいになります。

離乳食の味付け

離乳食に味付けは必要ありません!お米の甘さ、野菜の甘さ、素材の味をしっかりと味合わせてあげましょう。

離乳食後の母乳やミルクの量は?

離乳食のあとは、母乳やミルクを飲ませてOKです。まだまだ栄養の大部分は母乳やミルクからなので、母乳なら好きなだけ、ミルクであればいつもと同じ量を与えましょう。

離乳食初期に食べることができる食材

炭水化物

お米、パン、うどん、じゃがいも、さつまいも

ビタミン/ミネラル

キャベツ、白菜、かぼちゃ、にんじん、さつまいも、大根、、かぶ、ブロッコリー、カリフラワー、玉ねぎ、ほうれん草、小松菜、トマト

たんぱく質

豆腐、鯛、ひらめ、かれい、しらす

離乳食初期の進め方をイメージしてみる

離乳食初期の進め方を、ざっくりイメージしてみましょう。

離乳食開始~1週目

10倍がゆをさらにすりつぶしたものからスタート!離乳食の1日目は、小さじ1の量を少しずつ口に入れてみます。たった小さじ1さじですが、まったく食べてくれずに時間がかかる子もいれば、あっという間に食べてしまう子もいます。

はじめの1週間は、おかゆに慣れることの練習です。べーっとしてしまっても大丈夫!気にしません!

離乳食2週目

おかゆに慣れてきたら、2週目からは野菜もスタートします。もし、まだおかゆが全然食べられない子も、甘みのある野菜など食べてくれることもあるかもしれないので、チャレンジしてみましょう。新しい食材は、2~3日続けてあげてみるなどして慣らしていきます。

離乳食3週目

おかゆ+野菜が慣れてきている様子だったら、3週目より魚やお豆腐といった”たんぱく質”もスタートです。たんぱく質も同じように、小さじ1からスタートします。もし、まだ離乳食に慣れていない様子だったら3週目もおかゆ+野菜にして、4週目からたんぱく質を取り入れるようにしても大丈夫ですよ。焦らずゆっくりと進めましょう。

離乳食4週目

離乳食を始めて、そろそろ1ヶ月が経つころです。よく食べてくれる赤ちゃんもいれば、全く離乳食に興味を示さない赤ちゃんもいるでしょう。よく食べてくれる赤ちゃんは2回食してもいいかもしれません。

【離乳食初期の進め方】離乳食のを始めるタイミングを見極める方法は?のまとめ

離乳食は生後5ヶ月~6ヶ月頃から始めますが、赤ちゃん一人一人始めるタイミングは異なります。

わが家の場合、長女の時は初めての離乳食ということもあり、すごく張り切って5ヶ月でスタートしました。しかし、下の子にいくにつれて離乳食をゆっくりあげることかできる時間もままならなかったです。

下の子たちに関しては、生後6ヶ月になったら始める!としてスタートしやすい意識を作ってました。

また、離乳食を始める少し前から、パパやママそして家族で食事をする様子を見せたりもしました。そこで何となくじーっと見ている様子があったり、手を出そうとしたりと興味を持っている様子があったうえで、私も「そろそろ離乳食始めないとかな!」という意識が出始めたことで、離乳食のスタートになりました。

離乳食に関しては、食べる子もいれば、全然食べてくれない子もいます。私は両方のパターンを経験しましたが、誰かと比べてしまうと焦ってしまうことがい多いので、ママと赤ちゃんのペースで進めていくことが一番だと思います。

ゆっくりでも、確実に離乳食は進んでいきますよ!

離乳食初期(ゴックン期)38日目~44日目の献立(2回食へ!)

離乳食を始めて1ヶ月と2週ほどになります。初めは食べ物を口に入れても押し出してしまったりしていたのが、このころには上手にゴックンができるようになってきているのではないでしょうか?

「飲み込むのが上手になってきたなー」と思ったら、いよいよ離乳食タイムを1日2回にしていきます。

私の場合は2回食にするタイミングを40日目にもってきました。のんびりしてますね^^;兄弟姉妹がいたりすると、そちらのほうが優先になりがちでもたもたしてしまっていました。

必ずしも1ヶ月経ったから2回食にしないとならない、というわけではないので、お子さんの様子とママのタイミングの良いときに2回食に進めていってみてくださいね。

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">


離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月頃)38日目~44日目

離乳食38日目

38 ・トマトがゆ(10倍がゆ小さじ5、トマト小さじ1)
・キャベツ&大根ペースト(キャベツ小さじ1、大根小さじ1)



離乳食39日目

39 ・10倍がゆ 小さじ6
・トマトキャロット(トマト小さじ1、にんじん小さじ1)



離乳食40日目(1回目)

2回食にするタイミングを迷っていましたが、離乳食40日目という区切りで思い切って2回食にステップアップさせました。離乳食は1日2回になりましたが、内容はまだ初期。少しずつペースト状の中につぶつぶを少し残したりと離乳食中期(モグモグ期)へのステップアップを目指します!

40-1 ・キャベツがゆ(10倍がゆ小さじ5、キャベツ小さじ1)
・バナナヨーグルト(バナナ小さじ1、ヨーグルト小さじ1)



離乳食40日目(2回目)

40-2 ・大根がゆ(10倍がゆ小さじ5、大根小さじ1)
・ほうれん草の豆腐かけ(ほうれん草小さじ1、豆腐小さじ2)



離乳食41日(1回目)

41-1 ・10倍がゆ(小さじ5)
・マッシュポテト&キャロット(じゃがいも小さじ2、にんじん小さじ2)
・しらすトマト(しらす小さじ1、トマト小さじ1)



離乳食41日目(2回目)

41-2 ・ほうれん草がゆ(10倍がゆ小さじ5、ほうれん草小さじ2)
・バナナヨーグルト(バナナ小さじ1、ヨーグルト小さじ1)



離乳食42日目(1回目)

42-1 ・しらすがゆ(10倍がゆ小さじ5、しらす小さじ1)
・小松菜バナナ(小松菜小さじ1、バナナ小さじ2)



離乳食42日目(2回目)

42-2 ・10倍がゆ(小さじ5)
・しらすと野菜煮(しらす、キャベツ、にんじん、大根各小さじ1)



離乳食43日目(1回目)

43-1 ・キャベツがゆ(10倍がゆ小さじ6、キャベツ小さじ1)
・バナナヨーグルト(バナナ小さじ1、ヨーグルト小さじ2)



離乳食43日目(2回目)

43-2 ・10倍がゆ(小さじ6)
・たらのすりつぶし(小さじ1)
・にんじんすりつぶし(小さじ1)
・大根すりつぶし(小さじ1)



離乳食44日目(1回目)

44-1 ・10倍がゆ(小さじ6)
・にんじん、じゃがいも、大根(各小さじ1)
・豆腐(小さじ2)



離乳食44日目(2回目)

44-2 ・たらとにんじんのおじや(10倍がゆ小さじ6、にんじん小さじ1、たら小さじ1)



離乳食38日目~44日目のまとめ

のんびりペースで進んできました。新しい食材もどんどん進める感じではないので、同じような食材ばかりですね。

そして、途中離乳食40日目にはついに2回食へ進みました。時間については、1人目と3人目と全く違います。

1人目は時間がたっぷりあったので、まず1回目を10時くらいにあげて、2回目は14時とかそのくらいだったと思います。3人目に関しては上の子たちの生活リズムもあるので、1回目は幼稚園へ送り出してからの9時頃、2回目はみんなと同じ18時頃に食べさせていました。

それぞれの生活リズムがあるので、落ち着いてゆっくりと食べさせてあげられる時間に離乳食タイムを持ってくるといいと思います。ほんの少しの量なのにけっこう時間がかかりますからね!

次の目標は、離乳食中期(モグモグ期)へのすってっぷアップです。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="8089330335">

離乳食初期(ゴックン期)31日目~37日目の献立

離乳食を始めて1ヶ月。少しずつ毎日の生活の中に”離乳食”が定着しつつある頃ですね。まだまだ離乳食初期の頃は、完璧に毎日離乳食をあげなくても大丈夫です。

私もこのころは、お出かけしたから今日は離乳食あげられなかった、なんて日もありました。ゆっくりとやっていけば、そのうち離乳食の時間も自然と大人と同じ食事の時間に食べさせることもできるようになります。

ここでは参考までにわが家の子供たちに食べさせた離乳食の献立とレシピについて紹介していきます。ぜひ参考になさってください。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">

離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月頃)31日目~37日目


31 【離乳食31日目】
・トマトがゆ(10倍がゆ 小さじ3、トマト小さじ1)
・キャロットほうれん草(にんじん 小さじ1、ほうれん草小さじ1)


32 【離乳食32日目】
・しらすがゆ(10倍がゆ 小さじ3、しらす 小さじ2)
・キャロットトマト(にんじん 小さじ1、トマト 小さじ1)


33 【離乳食33日目】
・にんじんがゆ(10倍がゆ 小さじ3、にんじん 小さじ2)
・ブロッコリ―の白和え(ブロッコリ― 小さじ1、豆腐 小さじ1)


34 【離乳食34日目】
・10倍がゆ (小さじ4)
・キャベツ&にんじん(小さじ1ずつ)
・アスパラガス(小さじ1)


35 【離乳食35日目】
・キャベツがゆ(10倍がゆ 小さじ4、キャベツ小さじ1)
・大根ペースト(大根小さじ1)


36 【離乳食36日目】
・にんじんがゆ(10倍がゆ 小さじ4、にんじん 小さじ1)
・キャベツペースト&大根ペースト(キャベツ小さじ1、大根小さじ1)


37 【離乳食37日目】
・しらすがゆ(10倍がゆ 小さじ5、しらす小さじ1)
・にんじんペースト&キャベツペースト(にんじん小さじ1、キャベツ小さじ1)



離乳食31日目~37日目のまとめ

ウチの子はそこまでたくさん食べる子ではなかったので、増やすペースも割とのんびりでした。もっと食べられる子は増やすペースを上げて良いと思います。

新しい食材はアスパラの1種類だけでしたね。離乳食を食べさせること、毎日離乳食を作ること、少しずつ量を増やすこと、色々な種類の食材を使うこと・・・あれこれ考えて作る離乳食は少量でもけっこう大変です。

この時期は食べる量もまだほんの少しの量です。なので、まとめて下ごしらえをして冷凍保存したりすると1日1食の頃は同じような食材ばかりになりがちです。

知らず知らずのうちに離乳食に使う食材は増えていくので、離乳食初期の段階では特に焦ることはないと思います(*^-^*)


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="8089330335">

離乳食完了期(12ヶ月~1歳半)パクパク期の進め方

離乳食完了期になると、ほとんど大人と同じようなものを食べることができるようになります。ただし、味付けについては薄味を心掛けるようにします。

ここでは12ヶ月~1歳半くらいまでの”離乳食完了期”と呼ばれる時期の離乳食の進め方についてご紹介しています。


スポンサードリンク

離乳食完了期(12ヶ月~1歳半)

離乳食完了期は、パクパク期ともいいます。

自分で上手にフォークとスプーンを使ってパクパクと食べることもできるようになります。お口の中にどんどん食べ物を入れてしまったりなどもあるので、しっかりと注意をして自分で食べる練習もしていきましょう。

離乳食完了期の進め方 1歳頃 離乳食後期の、バナナくらいのかたさのものをしっかりと噛んで食べることができるようになってきたら、完了期へ。

スプーンやフォークを持って自分で食べたがることも出てきます。専用の持ちやすいスプーンやフォークを用意してあげて、自分で食べる練習もしてみるといいかもしれません。

【1日3回の食事+おやつ】


007365

この頃には栄養の大部分を食事から得るようになります。

まだ1回の食事でたくさんの量を食べることができないので、1日に1~2回のおやつを取り入れます。
おやつは、おにぎりなどの主食やヨーグルトなどの乳製品などを与えます。

【離乳食の固さや大きさ】


egg_yudetamago

離乳食完了期での固さの目安は、やわらかい肉団子や、ゆでたまごの白身くらいの固さ。

大きさは、ミックスベジタブルくらいの大きさ。

この時期は自分で食べることも覚えて欲し時期でもあります。野菜スティックのようなものや肉団子など、色々な形のものを食べさせてあげるといいでしょう。

【離乳食の1回の量】

1歳半ころには、大人と同じようなご飯を子供茶碗1杯食べることができるようになります。

おかずは、1汁三菜が準備できると栄養バランスもいい食事になりそうです。

目安としては、
肉、魚、豆腐などのたんぱく質が1食につき40g
野菜は、1日に150g
牛乳またはフォローアップミルクを300~400cc
くらい摂れると良いようです。

【離乳食の味付け】

tyoumi-maru

離乳食の基本は薄味なのは変わりません。

濃い味付けを覚えてしまうと、薄味に戻すことはとても大変になります。

大人の味噌汁を2倍程度に薄めた薄さくらいがこの時期の味の基準です。

離乳食後の母乳、ミルクの量

030183

この時期になると、ほとんどの子が母乳、ミルクを飲まなくなります。

代わりに牛乳たフォローアップミルクを1日300~400ml(コップ2杯)程度飲ませて、カルシウムを補給します。

牛乳が飲めなければ、ヨーグルトやチーズなどを。

まだおっぱいをやめられない子もいますが、無理にやめることはないと思います。ただ、離乳食の食べが少ないということだったら、やめるのも方法です。

離乳食完了期に食べられるおすすめ食材

野菜や果物はほとんどの食材が食べられるようになります。

いわし
さんま
あさり
ベーコン
ハム
牛乳など

arrow47_002離乳食の食材、いつから食べられる?

離乳食後期(9ヶ月~11カ月)カミカミ期の進め方

離乳食の後期になってくると、食べるものにムラが出てきたり、遊び食べをしたりするようになります。

これまでよく食べていた子でも、あまり食べなくなってしまったり・・・ということもあるかもしれませんが、よくあることなので無理強いせずに進めていきましょう。

ここでは、生後9ヶ月~11ヶ月頃の”離乳食後期”といわれる時期の離乳食の進め方についてご紹介しています。

スポンサードリンク


離乳食後期の進め方 9、10ヶ月頃

離乳食後期になってくると1日2回の離乳食タイムを3回に増やしていくことを考える時期です。

3回になると大変なように感じますが、食べられるものも増え、大人の料理からのとりわけもだいぶできるようになってくるので、気楽にいきましょう。

【そろそろ1日3回の食事に・・・】

離乳食に慣れてきた様子で、1日2回の離乳食も機嫌よく食べることができているようであれば、1日3回の離乳食へとステップアップします。

離乳食の時間も、少しずつ大人と同じ時間帯にずらして一緒に食べるようにしていくといいでしょう。

ただし、夕飯はできるだけ7時ころまでには食べるように心がけます。


【離乳食の固さや大きさ】

002639

離乳食の後期になると、歯ぐきでつぶして食べる時期。バナナくらいの固さを目安に。大きさは粗くみじん切りにしたもの。

大きすぎたり、固すぎたりすると赤ちゃんが離乳食を食べなかったり、丸飲みしてしまう原因になります。

よく赤ちゃんが食べる様子を見て、調節してあげるといいですね。

また、自分で持って食べる練習もできるように、柔らかくゆでた野菜やトーストを、スティック状で用意してあげたりしても。

【離乳食の1回の量】

食べる子は、子供用のお茶碗に8割~1杯分食べることが出来る子もいます。

でも、この時期は色々なものに興味が出てくるので、遊び食べがあったり、食べムラがあったり。
(わが家の長女も、この時期全く食べない子でした!!)

あまり食べなくても、少しずつ食べる量が増えてきているようであれば、心配ありません。
遊んで食べなかったりするときには、ダラダラと食事を続けるのではなく、1度切り上げてしまうのもいいでしょう。

【離乳食の味付け】

tyoumi-maru

離乳食の基本は薄味なのは変わりません。

大人が食べてみて、味がついているかな?程度の味付けに。
たとえば、醤油なら1滴、砂糖ならひとつまみ程度。

味付けをしなくても食べてくれるようであれば、まだまだ素材の味で離乳食を作ってあげても。

離乳食後の母乳、ミルクの量

096918

離乳食の後にはお腹がいっぱいで、自然と飲む量が減る子もいます。3回の離乳食がしっかり食べることが出来ているようであれば、徐々に減らしていっても大丈夫です。

離乳食後の3回とは別に、2回の授乳はまだ必要です。

離乳食後期に食べられるおすすめ食材

スパゲティ
バターロール
ホットケーキ
ピーマン
さやいんげん
なす
おくら
もやし
ひじき
まぐろ
めかじき
牛肉
豚肉
鶏肉
ひき肉
全卵など

arrow47_002離乳食の食材、いつから食べられる?



離乳食中期(7カ月~8ヶ月)モグモグ期の進め方

離乳食を始めて2~3ヶ月目のころが離乳食中期といわれる時期。

ペースト状のものをゴックンできるようになってきたら、少しずつモグモグゴックンの練習へステップアップしていきます。

ここでは、生後7~8ヶ月頃の”離乳食中期”といわれる時期についてご紹介しています。

スポンサードリンク

離乳食中期の進め方 7、8ヶ月頃

離乳食がスタートしておよそ1ヶ月~2ヶ月ほど経つ赤ちゃんが多いでしょうか?

良く食べる子もいれば、全然食べずに困っているママもいることでしょう。赤ちゃんによって離乳食のペースは全く違います。あまり周りと比べずに、ゆっくりと進めていくのがポイントです!

さぁ、離乳食の中期です。

離乳食初期の半ばから終わりころにかけて、滑らかなペースト状の中に粒々が残るように、そして徐々に粒々の量を多くしていくと自然とステップアップしていきます。

【1日1回の離乳食を2回に・・・】

上手に口を閉じてゴックンができるようになってきたら、1日2回の離乳食にステップアップします。

中期は、モグモグと口を動かして食べ物をつぶして食べる練習です。

この時期には、離乳食からの栄養も1日30~40%ほど摂取するようになります。1回ごとのメニューに、主食、野菜、たんぱく質を取り入れて、栄養を考えた離乳食を食べさせましょう。

品数を作らなくても、具沢山のおじや、煮込みうどんのようなものが手軽でおすすめなメニューです。

【離乳食の固さや大きさ】

104226

簡単に指でつぶすことのできる、お豆腐くらいのかたさが目安です。大きさは、細かいみじん切りに。

ただし、いきなり細かいみじん切りのものを食べることは難しいので、初期のようなとろっとした中につぶつぶが入っている状態から始めます。

【離乳食の1回の量】

1回の食事量は、主食・野菜・たんぱく質を合わせて子供用お茶碗の半分くらいが目安になります。

たんぱく質は、赤ちゃんの内臓に負担がかかる場合があるので、1日の適正量を守ります。
(豆腐なら30~40g、魚なら1切、卵なら卵黄1個分、プレーンヨーグルトなら50g程度)

【離乳食の味付け】

sio

離乳食の味付けは、薄味が基本は変わりありません。

中期(7,8ヶ月頃)になると、少し調味料を使用できるようにはなりますが、まだまだ素材の味だけでも十分に食べてくれると思います。

無理に味付けをする必要もありません。

【離乳食後の母乳、ミルクの量】

096918

まだ、母乳やミルクでの栄養が中心なので、離乳食のあとは欲しがるだけ飲ませて大丈夫です。

【離乳食中期に食べられるおすすめ食材】

初期の食材に合わせて・・・

マカロニ
コーンフレーク(プレーン)
オートミール

ツナの水煮缶
レバー
とりささ身
納豆
高野豆腐
きなこ
豆乳
プロセスチーズ
グリンピース
玉ねぎ
きゅうり
きのこ類など。

arrow47_002離乳食の食材、いつから食べられる?




離乳食初期の進め方を30日間のスケジュールの実例で大公開!

私が実際に三女に作った、離乳食1日目~31日目までの1ヶ月間のメニューです。食べさせる量の増やし方、新しい食材を食べさせるタイミングなど参考にしてみてください。

arrow47_002離乳食初期の進め方 5~6ヶ月


スポンサードリンク


離乳食スタート!30日間のスケジュール公開

離乳食1日目~7日目


離乳食1日目

img_3127
離乳食のスタート!離乳食初日です。まずは10倍がゆをすりつぶしたものを小さじ1から。

「小さじ1なんてペロリでしょ!」と思いますが、このたった1さじを食べるのに本当に時間がかかります。

【2日目~7日目】
以後、2~3日に小さじ1ずつ増やしていきます。1週間後には小さじ3~4程度の量を食べられるようになります。(食べられない子もいますが、まだまだ気にしなくて大丈夫!)

離乳食2週目(8日目~14日目)

初めの1週間で10倍がゆに慣れてきたら、野菜もプラスしていきます。まずはかぼちゃやニンジンなど甘みがあってアレルギーの可能性も少ないものがおすすめです。

【8日目】
img_0029
・10倍がゆ 小さじ4
・かぼちゃのペースト 小さじ1


【9日目】
img_0064
・10倍がゆ 小さじ4
・かぼちゃのペースト 小さじ1

【10日目】
・10倍がゆ 小さじ4
・かぼちゃのペースト 小さじ1

【11日目】
img_3185
・10倍がゆ 小さじ4
・にんじんのペースト 小さじ1

【12日目】
img_0234
・10倍がゆ 小さじ4
・にんじんのペースト 小さじ1

【13日目】
img_3199
・10倍がゆ 小さじ4
・にんじんのペースト 小さじ1

【14日目】
img_3235
・10倍がゆ 小さじ4
・キャベツのペースト 小さじ1

離乳食3週目(15日目~21日目)

【離乳食15日目】
img_3235
・10倍がゆ 小さじ4
・キャベツのペースト 小さじ1

【離乳食16日目】
img_3249
・10倍がゆ 小さじ4
・キャベツ 小さじ1
・にんじん 小さじ1

【離乳食17日目】
img_3261
・キャベツがゆ 小さじ4
・バナナ 小さじ1

【離乳食18日目】
img_3268
・キャベツがゆ 小さじ4
・じゃがいも 小さじ1

【離乳食19日目】
img_3274
・10倍がゆ 小さじ4
・キャベツとにんじんのとろとろ 小さじ1

【離乳食20日目】
img_3274
・10倍がゆ 小さじ4
・キャベツとにんじんのとろとろ 小さじ1

【離乳食21日目】
img_3281
・にんじんがゆ 小さじ4
・豆腐 小さじ1

離乳食4週目(22日目~30日目)

野菜類にも慣れてきたころに、たんぱく質も加えて進めていきましょう。調理のしやすさや離乳食への使いやすさから、まずはお豆腐からはじめるのがいいと思います。そのあと、しらすなどの白身魚やヨーグルトといったものにも挑戦します。

【離乳食22日目】
img_3290
・10倍がゆ 小さじ4
・大根 小さじ1
・にんじんの白和え (にんじん小さじ1、豆腐小さじ1)

【離乳食23日目】
img_3294
・10倍がゆ 小さじ4
・ほうれん草 小さじ1

【離乳食24日目】
img_3295
・にんじんがゆ 小さじ4
・ほうれん草の白和え (ほうれん草小さじ1、豆腐小さじ1)

【離乳食25日目】
img_3298
・ほうれん草粥 小さじ4
・キャベツ 小さじ1
・豆腐 小さじ1


【離乳食26日目】
img_3300
・10倍がゆ 小さじ3
・大根 小さじ1
・ヨーグルト 小さじ1

【離乳食27日目】
img_3310
・10倍がゆ 小さじ3
・トマト 小さじ1
・豆腐 小さじ1

【離乳食28日目】
img_3311
・10倍がゆ 小さじ3
・ブロッコリ―のペースト 小さじ1
・ヨーグルト 小さじ1

【離乳食29日目】
img_3313
・トマトがゆ 小さじ4
・にんじんの白和え (にんじん 小さじ1、豆腐 小さじ1)

【離乳食30日目】
img_3318
・ブロッコリーがゆ 小さじ4
・しらす 小さじ1

このスケジュールはあくまでも例です。

よく食べる子であれば、おかゆを小さじ1さじ分増やしてもいいでしょう。わが家の場合は、そこまでたくさん食べる子ではなかったので、野菜やたんぱく質の分が増えた時におかゆの量を減らしてみたりしながら調整してみていました。

すべて食べてくれるのが望ましいですが、まだ口から食べることの練習です。食べられない時はサッと切り上げてしまうのも一つの方法です。あまりダラダラと与えていても疲れてぐずり始めてしまったり、虫歯の原因になるので気を付けましょう!

スポンサードリンク