カテゴリー:根菜類の記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

赤ちゃんのための手作り離乳食を応援します。手作り離乳食の作り方や離乳食作りに必要なグッズ、知っておくといい情報など

カテゴリー:根菜類

離乳食のれんこんはいつから?アレルギーは?下ごしらえやレシピ

  • 投稿 2017/11/04 
  • 根菜類

固いイメージのあるれんこんは、離乳食で赤ちゃんに食べさせることができるのでしょうか?

実は、れんこんはすりおろしたり、しっかりゆでることで柔らかくなるので、離乳食にも使うことができる食材なんです。調理の工夫次第でレシピの幅も広がります。

そんな離乳食に食材のれんこん、ここでは下ごしらえの方法や保存方法、れんこんを使った離乳食のレシピなどをご紹介していきます。

スポンサードリンク

離乳食でれんこんは、いつから食べさせていい?

renkon
初期 中期 後期 完了期

れんこんを離乳食で食べることができるのは、離乳食後期、完了期です。れんこんはアクが強い食材なので、離乳食初期~中期は控えましょう。

れんこんは外側よりも中心部分のほうが柔らかいので、離乳食でれんこんを食べさせるときには内側の部分を使うようにするといいですね。

れんこんの栄養

れんこんには、カリウム、カルシウム、リンといったミネラル分が豊富に含まれています。また、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維も含まれているので、便秘が気になる赤ちゃんに食べさせたい食材です。

また、コラーゲンの生成を助ける働きもあり、肌のハリを保つ効果もあるので、ママにも嬉しい食材です。赤ちゃんと一緒に食べましょう!

アレルギーの心配は?

れんこんは、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。れんこん自体に”抗アレルギー物質”も含まれています。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。初めて離乳食でれんこんを赤ちゃんに食べさせるときは、まず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。


れんこんの選び方

れんこんは、太くてふっくらとしているものが、水分を多く含んでいて美味しいです。

表面にはつやがあるものを。古くなってくると乾燥してつやがなくなってきます。また、カットしてあるれんこんは、切り口が変色していないもの、穴の中が黒ずんでいないものを選ぶようにしましょう。

離乳食用にれんこんを調理しよう


下ごしらえ

れんこんは歯ごたえがあります。離乳食後期頃でもれんこんをモグモグするのは難しいかもしれません。

離乳食後期頃にれんこんを食べさせるときには、れんこんをすりおろしてから調理すると便利です。

すりおろしたれんこんは、片栗粉をまぜてれんこん餅にしたり、ひき肉と混ぜてれんこんハンバーグなどにします。

離乳食完了期以降は、小さめにカットして柔らかく茹でたり、煮たりすれば食べられるようになります。

【すりおろす】

れんこんはほかの根菜類と同じように、皮をむいて調理します。
  1. 皮を薄くむいて、大きめにカットします。
  2. れんこんをすりおろします。
  3. 片栗粉やひき肉などほかの食材と混ぜて調理します。

【鍋でゆでる】

  1.  皮をむいて、いちょう切りにする
  2.  お酢の入った水に少しつける
  3.  鍋でお湯からゆでる

普通にお鍋で柔らかくゆでる方法ですが、他にも楽に下ごしらえができる方法もあるのでご紹介します。

【電子レンジを使って加熱する】

少量の水で短時間で加熱できるので、栄養を逃がさずに柔らかくすることができます。
  1.  れんこんの皮を薄くむきます。
  2.  いちょう切りに切り、耐熱皿にのせたら少し水を加え、ラップをします。
  3.  500Wで約2分ほど加熱して出来上がり。

少ししゃきしゃき感が残っているかもしれません。お子さんの食べやすい状態になるように加熱時間を調整したりしてみてくださいね!

れんこんの冷凍保存方法

れんこんは、買ってきたら早めに下ごしらえをして冷凍保存してしまうほうが日持ちします。

【離乳食後期】

すりつぶしてなめらかなペーストにし、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【離乳食完了期】

下ごしらえのあと、離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

れんこんを使った離乳食のレシピ


スポンサーリンク

離乳食の大根はいつから?レシピと下ごしらえや保存方法

大根は、とても離乳食と相性の良い食材です。栄養も豊富で消化もしやすく、離乳食初期の調理もすりおろせば楽ちん!ですし、加熱すれば柔らかくなるので、離乳食の調理にも向いています。たんぱくな味なので、他の食材とも合わせやすいです。

そんな離乳食におすすめの食材の大根、ここでは下ごしらえの方法や保存方法、人参を使った離乳食のレシピなどをご紹介していきます。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">

離乳食で大根は、いつから食べさせていい?

daikon
初期 中期 後期 完了期


大根は、離乳食初期から離乳食に使うことができます。加熱すると柔らかくなり、離乳食を作るときにも調理しやすく、赤ちゃんにとってもとても食べやすい食材です。

一年中スーパーなどで手に入りますが、冬の大根が旬です。おでんやふろふき大根がおいしいですね!

大根の葉も、離乳食初期から食べることができます。柔らかくゆでたら、細かく刻んだりすりつぶしたりします。葉っぱの栄養価も高いので、葉付き大根が手に入ったら、ぜひ離乳食にも取り入れてみましょう。

大根の栄養

大根には、消化酵素が多く含まれていて、食べ物の消化を良くしてくれるほかにも、腸の働きを整えてくれるという効果もあります。他にもビタミンCが含まれています。

大根の白い部分(根)の部分が淡色野菜なのに対し、葉の部分緑黄色野菜です。葉の部分は根の部分よりも栄養価が高いので、葉付き大根が出に入った際には捨ての活用しましょう。

葉の部分には、根の部分にはないビタミンA、ビタミンB1.2、カルシウム、鉄分、ナトリウムなどといった栄養が含まれていて、まさに栄養満点の食材です。

アレルギーの心配は?

大根は、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。初めて離乳食で大根を赤ちゃんに食べさせるときは、まず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

大根に触っただけでもアレルギーを起こす”接触性アレルギー”というものもあるので、気をつけましょう。

大根の選び方

葉付き大根は、葉の色が緑いろで黄色くなっていないもの、葉が生き生きしているもの。全体的にずっしりと重く、ツヤとハリがあるもの。ひげ根が少ないものがいいようです。

買ってきた大根は、葉の部分を切り落としてラップに包んで冷蔵庫で保存します。

離乳食用に大根を調理しよう

下ごしらえ

離乳食初期頃などで、ペースト状の大根を食べさせたい場合は、すりおろしてから加熱すると調理が楽です。

鍋でゆでる

本来、皮の近くにおいしさや栄養が豊富に含まれていますが、離乳食期の赤ちゃんには皮付きのままだと食べることができません。しっかりと取り除きます。

①皮を薄くむいて、いちょう切りにします。
②熱湯で柔らかくなるまで茹でます。
③柔らかくなったら、離乳食時期に合わせてすりつぶしたりします。

普通にお鍋で柔らかくゆでる方法ですが、他にも楽に下ごしらえができる方法もあるのでご紹介します。

電子レンジを使って加熱する

少量の水で短時間で加熱できるので、栄養を逃がさずに柔らかくすることができます。

①d大根の皮を薄くむきます。
②いちょう切りに切り、耐熱皿にのせたら少し水を加え、ラップをします。
③500Wで約2分ほど加熱して出来上がり。

大根の冷凍保存方法

大根は使い勝手のよい食材なので、多めに下ごしらえをして冷凍しておくと便利です。

大根おろしの状態であれば、生のまま冷凍することができますが、離乳食用の冷凍保存なので衛生面を考えると加熱したものを冷凍するほうが理想です。

【初期】

すりつぶしてなめらかなペーストにし、製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

【中期~完了期】

離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、製氷皿に入れて冷凍。または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。



大根を使った離乳食のレシピ

離乳食初期:大根のペースト

  1. 上の大根の下ごしらえを参考に、柔らかくする。
  2. 柔らかくなった人参をすりつぶす。離乳食を始めたばかりのころはさらに裏ごしをする。
  3. 少しずつお湯を足して、ちょうどよいなめらかさになるまでのばす。

離乳食中期:大根としらすの煮物

  1. 上の人大根の下ごしらえを参考に、柔らかくする。
  2. 柔らかくなった大根を、粗目につぶす
  3. しらすは熱湯をかけて塩抜きし、細かく刻む
  4. 2の大根と3のしらすをまぜる。

離乳食後期:大根のそぼろ煮

  1. 大根を小さなさいの目にして、水から柔らかく茹でる。
  2. 鶏ひき肉を熱湯でゆでる。
  3. お鍋に和風だしを煮立たせ、1と2を合わせてる。
  4. しょうゆ数滴で味付けをして、少量の水溶き片栗粉でとろみをつける

離乳食完了期:根菜の煮物

完了期にはほぼ大人と同じものを食べるようになります。薄味で作っておいて取り分けても楽です。

  1. 大根、人参、里芋の皮をむいて、食べやすい大きさに切る
  2. 鍋に和風だしを入れて、1を柔らかくなるまでゆでる
  3. 砂糖としょうゆ少量ずつで味付けをする
あらかじめレンジで加熱し柔らかくしておくと、時短になります。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="8089330335">

離乳食の人参はいつから?レシピと下ごしらえや保存方法

  • 投稿 2017/03/19 
  • 根菜類

離乳食での初めての野菜に、甘くて柔らかく赤ちゃんにも食べやすい ”人参” を選ぶママ多いです。栄養も豊富だし、人参のオレンジ色が離乳食の彩りを豊かにしてくれます。

そんな離乳食におすすめの食材の人参、ここでは下ごしらえの方法や保存方法、人参を使った離乳食のレシピなどをご紹介していきます。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">

離乳食で人参は、いつから食べさせていい?

ninjin
初期 中期 後期 完了期

人参は、離乳食初期から離乳食に使うことができます。加熱すると柔らかくなり、甘みが増します。離乳食を作るときにも調理しやすく、赤ちゃんにとってもとても食べやすい食材です。

皮のすぐ近くに、おいしさや栄養が含まれているので、調理の際には皮は薄くむくのがポイントです。

人参は一年中スーパーなどで手に入りますが、秋から冬にかけてが旬です。

人参の栄養

緑黄色野菜に豊富に含まれるカロテンが多く含まれています。またビタミン類が少量のほか、カリウムなども含まれます。

人参を食べることで、カロテンが喉や鼻の粘膜を丈夫にし、免疫力を高めてくれるので風邪をひきにくくなったりという効果も大いに期待できます。

また、普通のスーパーではあまり見かけませんが、人参の葉はより豊富な栄養がふくまれています。いつも食べているのは、根の部分にあたりますが、たんぱく質は根の3倍、カルシウムは根の5倍、 脂質、含水炭素、鉄分なども葉のほうが豊富に含まれています。

アレルギーの心配は?

人参は、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。初めて離乳食で人参を赤ちゃんに食べさせるときは、まず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

人参の選び方

葉の切り口が小さく、緑色をしているもののほうがよい。オレンジの部分はなめらかで傷がなく、オレンジ色が濃いものがよい。

離乳食用に人参を調理しよう

下ごしらえ

鍋でゆでる

本来、皮の近くにおいしさや栄養が豊富に含まれていますが、離乳食期の赤ちゃんには皮付きのままだと飲み込みにくいので、薄めに皮をむいて調理します。

①皮を薄くむいて、いちょう切りにします。
②熱湯で柔らかくなるまで茹でます。
③柔らかくなったら、離乳食時期に合わせてすりつぶしたりします。

普通にお鍋で柔らかくゆでる方法ですが、他にも楽に下ごしらえができる方法もあるのでご紹介します。

電子レンジを使って加熱する

少量の水で短時間で加熱できるので、栄養を逃がさずに柔らかくすることができます。

①人参の皮を薄くむきます。
②乱切りに切り、耐熱皿にのせたら少し水を加え、ラップをします。
③500Wで約2分ほど加熱して出来上がり。

炊飯器でお米と一緒に炊く

私もよく実践していた方法です。こちらも水分を使わず栄養も逃げにくいです。そしてとても柔らかくなります。

①人参の皮を薄くむき、アルミホイルに包みます。
(必要な分だけ、1本まるごとでもOK!)
②そのままお米と一緒に炊飯器へポン。
③ご飯が炊き上がったら、できあがり。


人参を使った離乳食のレシピ

離乳食初期:人参のペースト

  1. 上の人参の下ごしらえを参考に、柔らかくする。
  2. 柔らかくなった人参をすりつぶす。離乳食を始めたばかりのころはさらに裏ごしをする。
  3. 少しずつお湯を足して、ちょうどよいなめらかさになるまでのばす。

離乳食中期:人参とお豆腐の煮物

  1. 上の人参の下ごしらえを参考に、柔らかくする。
  2. 柔らかくなった人参を、粗目につぶす
  3. 豆腐は小さなさいの目切りにし、熱湯でゆでる。(電子レンジで加熱しても可)
  4. 2の人参と3の豆腐をまぜる。

離乳食後期:人参スティック

人参自体に甘みがあるので、味付けはしなくてもいいように思います。もし味付けをするのならば、水からゆでる部分で野菜スープを使ってゆでるなどしてみてはいかがでしょうか?

  1. 人参の皮をむいて、赤ちゃんの握りやすい大きさに切る
  2. 水(野菜スープ)からゆでる、または耐熱皿に人参をのせ、ひたひたの水を入れたらラップをかけて電子レンジで柔らかくなるまで加熱する
    (人参を電子レンジで加熱する方法は上を参考にしてください!)
  3. 冷めたらできあがり

離乳食完了期:人参のグラッセ

完了期にはほぼ大人と同じものを食べるようになります。薄味は心がけましょう。
  1. 人参の皮をむいて、食べやすい大きさに切る
  2. 野菜スープ(1/2カップ)に砂糖(小さじ1/3)とバター(少し)を入れて、1の人参を入れて煮る
  3. スープがなくなってきて、人参が柔らかくなったらできあがり


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="8089330335">

かぶとかぶの葉を離乳食に!いつから?冷凍保存やレシピ

  • 投稿 2016/12/07 
  • 根菜類

春と秋の2回旬があるかぶ。春のかぶは柔らかく、秋のかぶは甘みが強いのが特徴です。かぶは火の通りが早く、加熱すると実がとても柔らかくなり離乳食にするにもとても使いやすい食材です。

かぶそのものが甘いので、赤ちゃんも食べやすいでしょう。またかぶの葉も栄養が豊富で、加熱すると柔らかくなってこちらも離乳食にはおすすめです。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">


ここでは、かぶとかぶの葉を離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、かぶを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。


離乳食でのかぶ、かぶの葉はいつから食べさせていい?

kabu
初期 中期 後期 完了期

かぶやかぶの葉は、離乳食初期から離乳食に使うことができます。かぶは加熱するととても柔らかくなり、少しの力でつぶすことができます。離乳食を作るときにも調理しやすく、赤ちゃんにとってもとても食べやすい食材です。

またかぶの葉もくせや苦みがなく、加熱すると柔らかくなるので離乳食に向いています。かぶの葉がついていたらぜひ一緒に食べさせてあげてください!

ただしかぶの葉については、少しアクが強いので中期以降に食べさせるほうがよいかもしれません。

かぶとかぶの葉の栄養

かぶは根(実)の部分と葉の部分では栄養素が異なります。どちらかというと、葉のほうが栄養素をたくさん含んでいます。

かぶの根(実)の部分には、少しのビタミン類とカリウム、そして消化酵素のアミラーゼが含まれています。アミラーゼが含まれているので、胃腸の消化機能を助ける働きがあります。

そしてかぶの葉の部分には、βカロチンが豊富に含まれています。βカロチンは免疫効果で知られていますが、実は体内でビタミンAに変換されるので、健康の維持や呼吸器系統を保護する役割も持っています。

ほかにもビタミンB,Cやカルシウム、また細胞分裂やDNAの合成に必要な葉酸も含まれています。これからぐんぐん成長する赤ちゃんにはぜひ食べさせたい栄養素ばかりです。

アレルギーの心配は?

かぶやかぶの葉は、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。実際にアスパラガスのアレルギーは存在するようですから、離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

かぶの選び方

かぶは大きすぎても小さすぎてもよくなく、卵よりも少し大きめくらいがベスト。

また葉の付け根部分がきれいなものを選ぶようにします。もちろんかぶの根(実)の部分に関しても白くてきれいなものがいいでしょう。

離乳食用にかぶとかぶの葉を調理しよう

下ごしらえ

根(実)の部分

かぶの根(実)は、皮の近くは少し固めなので、離乳食用には厚めに皮をむいてあげます。

①皮を厚めにむいて、くし切り(8等分くらい)にします。
②火にかけます
③柔らかくなったら、離乳食時期に合わせてすりつぶしたりします。

かぶは加熱すると本当に柔らかくなります。中期以降は、あらかじめ食べやすい大きさにしてからゆでるほうが良いでしょう。ゆであがりが柔らかすぎるので、つぶれてしまうかもしれません。

葉の部分

①細かく刻んだらゆでます。
②ゆであがったら、さらに細かく刻むかすりつぶします。

かぶとかぶの葉の冷凍保存は?

かぶとかぶの葉は冷凍保存が可能です。下ごしらえの済んだものを冷凍保存しましょう。

かぶもかぶの葉も、それぞれ細かく刻んでさらにすり鉢などですりつぶし、なめらかなペーストにして製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

または1回分の量が増えてきたらたら、下ごしらえをして食べやすい大きさに刻んだかぶやかぶの葉を、ラップに1回分ごと包み冷凍保存バックに入れ冷凍します。

かぶとかぶの葉を使った離乳食のレシピ


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="8089330335">