離乳食での初めての野菜に、甘くて柔らかく赤ちゃんにも食べやすい ”にんじん” を選ぶママ多いです。栄養も豊富だし、にんじんのオレンジ色が離乳食の彩りを豊かにしてくれます。

そんな離乳食におすすめの食材のにんじん、ここでは下ごしらえの方法や保存方法、にんじんを使った離乳食のレシピなどをご紹介していきます。

スポンサードリンク

離乳食でのにんじんは、いつから食べさせていい?

ninjin

初期 中期 後期 完了期

にんじんは、離乳食初期から離乳食に使うことができます。にんじんは、加熱すると柔らかくなり、甘みが増します。離乳食を作るときにも調理しやすく、赤ちゃんにとってもとても食べやすい食材です。

皮のすぐ近くに、おいしさや栄養が含まれているので、調理の際には皮は薄くむくのがポイントです。

にんじんは一年中スーパーなどで手に入りますが、秋から冬にかけてが旬です。

にんじんの栄養

緑黄色野菜に豊富に含まれるカロテンが、にんじんにも多く含まれています。またビタミン類が少量のほか、カリウムなども含まれます。

いつもにんじんを食べることで、にんじんに含まれるカロテンが喉や鼻の粘膜を丈夫にし、免疫力を高めてくれるので風邪をひきにくくなったりという効果も。

また、普通のスーパーではあまり見かけませんが、にんじんの葉はより豊富な栄養がふくまれています。いつも食べているにんじんは根の部分にあたりますが、たんぱく質は根の3倍、カルシウムは根の5倍、 脂質、含水炭素、鉄分なども葉のほうが豊富に含まれています。

アレルギーの心配は?

にんじんは、極めてアレルギーの可能性は低い食材です。

ですが消化機能の未発達な赤ちゃんですから、全くアレルギーの可能性がないわけではありません。初めて離乳食でにんじんを赤ちゃんに食べさせるときは、まず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

にんじんの選び方

葉の切り口が小さく、緑色をしているもののほうがよい。オレンジの部分はなめらかで傷がなく、オレンジ色が濃いものがよい。

離乳食用ににんじんを調理しよう

下ごしらえ

鍋でゆでる

本来、皮の近くにおいしさや栄養が豊富に含まれていますが、離乳食期の赤ちゃんには皮付きのままだと飲み込みにくいので、薄めに皮をむいて調理します。

①皮を薄くむいて、いちょう切りにします。
②熱湯で柔らかくなるまで茹でます。
③柔らかくなったら、離乳食時期に合わせてすりつぶしたりします。

普通にお鍋で柔らかくゆでる方法ですが、他にも楽に下ごしらえができる方法もあるのでご紹介します。

電子レンジを使って加熱する

少量の水で短時間で加熱できるので、栄養を逃がさずに柔らかくすることができます。

①にんじんの皮を薄くむきます。
②乱切りに切り、耐熱皿にのせたら少し水を加え、ラップをします。
③500Wで約2分ほど加熱して出来上がり。

炊飯器でお米と一緒に炊く

私もよく実践していた方法です。こちらも水分を使わず栄養も逃げにくいです。そしてとても柔らかくなります。

①にんじんの皮を薄くむき、アルミホイルに包みます。
(必要な分だけ、1本まるごとでもOK!)
②そのままお米と一緒に炊飯器へポン。
③ご飯が炊き上がったら、できあがり。

にんじんを使った離乳食のレシピ

スポンサーリンク


同じカテゴリのメニューはこちら