fd400614
夏野菜の代表とされるトマトですが、スーパーでは一年を通して購入することができます。トマトはカリウムたビタミンCやビタミンE、そしてリコピンも多く含まれています。

生のままだと酸っぱいトマトですが、加熱することで甘みが増すので赤ちゃんにも食べやすくなります。また生のトマトの下処理が面倒な場合にはトマトピューレや無塩のトマトジュースなどでもOKなので、使いやすい食材です。

また、ミニトマトは小さい分離乳食にちょうどいい量で使うことができ、保存もしやすいのが利点です。しかもトマトよりも一部の栄養素が多く含まれています。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="1398541934"
data-ad-format="rectangle">

トマトはいつから?

離乳食初期の5ヶ月~6ヶ月頃から。ヒスタミン中毒に注意!

トマトは離乳食初期から食べることができます。離乳食期間中(1歳~1歳半頃まで)は、トマトは生で食べずに加熱してから食べさせるようにします。

トマトにはヒスタミン中毒というものが潜んでいます。ヒスタミン中毒とは、ヒスタミンというかゆみの原因となる物質が、口の周りや手につくことで赤くなったりかゆみを起こしたりすることです。鮮度の落ちたものを食べたり、抵抗力が弱まっているときに食べたりすると起こることがあります。

食物アレルギーとは異なるので、ヒスタミン中毒を起こしたからといって食べられなくなるわけではないです。赤ちゃんの様子をしっかりと観察しながら与えるようにします。

栄養素はビタミン類やリコピン

トマトはカリウムやビタミンCやビタミンEなどが含まれています。そしてリコピンもトマトに含まれる代表的な栄養素です。

リコピンは抗酸化作用があるので、あまる体には良くない活性酸素の活動を抑えて体を守ってくれる働きがあります。赤ちゃんも体が酸化するうえ、抵抗力が少ないのでトマトのリコピンの力は体の助けになります。

下ごしらえ

トマトの皮と種は赤ちゃんには食べにくい部分です。皮をむき種を取るのが離乳食では基本になります。

①沸騰したお湯に数秒トマトを入れたら、氷水で冷やします。あとは包丁ですっと皮をめくれば、トマトの湯向きが完成!

②湯向きをした後に、トマトをカットして中の種を取り除きます。

③離乳食初期は、すりつぶしてなめらかに、中期以降は食べやすい大きさに刻んであげましょう。

トマトの下処理をする時間がない場合は、トマトピューレや無塩トマトジュース、トマト缶などを使いましょう。

冷凍できる?

トマトは冷凍保存ができます。

離乳食初期や中期頃は、下ごしらえをしたトマトをなめらかにすりつぶしたり、細かく刻んだトマトを製氷皿に入れて冷凍。凍ったら冷凍保存袋にうつし替えて保存します。

離乳食後期以降は、離乳食の時期に合わせた大きさに刻み、冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。筋を付けて凍ったトマトは使いたい分だけポキっと折って取り出せます。

ミニトマトに関しては、そのままの状態で冷凍保存パックに入れて冷凍可能です。冷凍したトマトは水につけると簡単に皮がむけます。種を取って下ごしらえをし、必ず加熱調理しましょう。

パルシステムもおすすめ

私も子供達が赤ちゃんの頃に利用していました。離乳食向けの食材も多くそろっているので赤ちゃんがいるお宅にはとってもおすすめの食材宅配です。

赤ちゃんも安心セットというワンコインで数種類の食材を実際に食べてみることができる「おためしコース」もあります。




生協の宅配パルシステム★おためしセット購入

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1122036836712961"
data-ad-slot="8089330335">