しいたけ、しめじ、えのき、マッシュルームなど、赤ちゃんはいつからきのこ類を食べられる?

おいしいだしが出るきのこは、薄味の離乳食にうまみを与えてくれるので、上手に活用できるとレシピの幅が広がります。

ここでは、離乳食でのきのこ類についてご紹介しています。

スポンサードリンク

しいたけ、しめじ、えのき、マッシュルームなど

kinoko

しいたけ

a03_032
【初期× 中期△ 後期○ 完了期○】
しいたけは、弾力がありすりつぶしたり裏ごしがしにくいため、離乳食が終わった子にも食べにくい食材。3歳になる娘も食べられないことがあります。当然離乳食初期には向きません。

中期以降に、時期に合わせた大きさに刻んであげます。そのままだと飲み込みにくかったりするので、とろみをつけてあげるなどの工夫をすると、赤ちゃんにも食べやすくなります。干ししいたけも後期~完了期頃から使うことができますが、やはり同様に細かく刻んであげましょう。

離乳食のきのこはいつから?冷凍方法ときのこの離乳食レシピ


しめじ

pr00116
【初期× 中期△ 後期○ 完了期○】

しめじも離乳食期の赤ちゃんには噛みにくい食材です。中期以降に細かく刻んで与えるのがよいでしょう。特に軸の部分は噛みにくいので、かさの部分を使用するなどの工夫を。ほかの具材を合わせてとろみをつけて与えるなどが赤ちゃんにも食べやすい方法です。

えのき

pr00114
【初期× 中期△ 後期○ 完了期○】
えのきの先のほうがやわらかいので、その部分を刻んで使用するといいでしょう。軸の部分は大人でも噛みにくかったりするので、赤ちゃんの離乳食には向きません。ほかのきのこ類と同じ様に、スープなどに入れてとろみをつけて与えたりと工夫次第では食べることもできます。


エリンギ

a03_068
【初期× 中期× 後期△ 完了期○】
えりんぎは刻んでも歯ごたえが残ります。離乳食期の赤ちゃんには食べにくい食材なので無理に食べさせることもありません。与える場合には、炊き込みご飯などに加えて与えるなどがおすすめです。

舞茸

maitake
【初期✕ 中期△ 後期〇 完了期〇】
まいたけは、歯ごたえはありますが、他のきのこ類に比べて弾力は少なく離乳食でも食べさせやすいきのこです。かさの部分を細かく刻んで、煮物や炒め物、スープといったメニューに取り入れてみても良さそうです。

マッシュルーム

massyurumu
【初期✕ 中期✕ 後期△ 完了期〇】
マッシュルームは他のきのこと比べて弾力があります。離乳食期に食べさせることがあまりないように思いますが、もし食べさせるとしたら軸の部分は使わずに上の部分を細かく刻んだら、スープなどに入れてとろみをつけて与えたりと工夫が必要です。または、フードプロセッサーなどでポタージュにするのも1つの方法です。