赤ちゃんの離乳食でさんまはいつから食べさせても良い?

さんまといえば秋の味覚!シンプルに塩焼きなんて最高ですね。さんまは旬の時期には比較的安価に手に入る庶民的な魚ですが、ここ最近、日本でのさんまの漁獲量が減って価格が高騰しているなんて聞くと今後が心配ですね。

さんまは、クセがなく身も柔らかいので、赤ちゃんにも食べさせやすそうですが、さんまは赤ちゃんにも食べさせて良い食材なんでしょうか?

ここでは、さんまをいつから赤ちゃんに食べさせることができるのか?さんまの選び方や下ごしらえの方法、冷凍方法、さんんまを使った離乳食のレシピを紹介します。

離乳食でさんまはいつから?

赤ちゃんにさんまを食べさせていい時期は?

初期 中期 後期 完了期

さんまは、離乳食後期(生後9~10カ月)頃から食べさせることができます。

サバは、青魚の仲間です。赤ちゃんにお魚を食べさせる時には、タイやヒラメといった白身魚、まぐろやカツオなどの赤身魚、その後青魚の順番が良いとされています。

青魚は、魚の中でもアレルギーを起こしやすいともいわれますが、さんまはほかの青魚に比べると多くありません。

白身魚、赤身魚と順調に進んできていれば、さんまを食べさせてみてもいいですね。

▼ほかの魚介類についてはこちらの一覧表でチェック!
この食材いつから食べられる? 魚介類

さんまに含まれる栄養は?

さんまの脂分の中には、脳の発達に重要な役割を持つDHAEPAが豊富に含まれています。

DHAには、脳が活性化されて、記憶力を高めたりする効果があります。またイライラや不安感などの緩和や予防といった精神面のケアにも有効とされています。

また、鉄分や野菜や果物では摂りにくいビタミンB12も含まれています。ビタミンB12は、赤血球を作るのに必要なビタミンです。貧血の予防にも効果的ですね。

離乳食でのさんま アレルギーの心配は?

さんまは青魚の中でもアレルギーを起こすことは少ない魚です。ですが、アレルギー起こさないわけではありません。

離乳食で初めてさんまを食べさせる時には、赤ちゃんの様子を見ながら、少しずつ慎重に与えてください。

アレルギーの症状としては主に「口腔アレルギー症候群」といわれるものです。

さんまを食べた後に、唇が腫れたり、のどが痒くなったり、目や鼻などのかゆみ、じんましん、吐き気、下痢など症状が見られたら、かかりつけの小児科医の診察を受けるようにしましょう。

アレルギーに似ているヒスタミン食中毒にも注意!

食べた直後から1時間以内に、じんましんが出たり、口や耳の周りが赤くなる、嘔吐、下痢、といった症状が出ます。ひどい時には、呼吸困難や意識障害を起こすことも。死亡例はありません。

原因は、魚に含まれるヒスチジンというアミノ酸。
時間が経つと、ヒスチジンはヒスタミン産生菌が産生する酵素の働きで、ヒスタミンになります。

ヒスタミンを100㎎以上食べると、食中毒を発症するとされています。

ヒスタミンは、加熱しても減ることはなく、冷蔵庫の中(0℃~10℃)で保存していても、ヒスタミンができてしまうことがあるそう。

アレルギーの症状と似ていますが、アレルギー体質だからなりやすいといったことはありません。


離乳食のさんまの下ごしらえと保存方法

さんまの選び方は?

サバは、鮮度が落ちやすい魚なので、できるだけ鮮度がいいものを選ぶことがポイントです。

  • 背中が盛り上がり、厚みのあるもの
  • お腹がかたいもの
  • 目が澄んでいるもの
  • 尾を持った時にピンとしているもの

さんまの鮮度は、主に、体、目、腹で見分けます。

よく、口の先が黄色いものなどともいわれますが、ここ最近では鮮度には関係ないということも言われていますので、ここには載せていません。(ですが、私は買うときに見ちゃいますね、笑)

さんまの干物は塩分が強いので、離乳食には向きません!

離乳食のさんまの下ごしらえ

旬の時期には、さんまのお刺身も販売しています。離乳食だけでさんまを使う場合には、さんまのお刺身を買ってきてもいいですね。

焼いてからほぐす方法

①さんまの頭を切り落とし、内臓を取る
②お腹の中をよく洗い、塩は振らずにそのまま焼く
③焼き上がったら、皮や小骨を丁寧に取り除く。
④赤ちゃんが食べやすいように、細かくほぐす。

三枚に卸す方法

三枚おろしにした後は、小骨を丁寧に取り除きます。

焼く、またはお湯で茹でましょう。

三枚おろしにした後、包丁で細かくたたいて丸めれば、さんまのつみれにもなります。

さんまの水煮缶は離乳食に使える?

さんまの水煮缶は、しっかりと加熱処理されていて、身も柔らかいので、離乳食で使うことができれば便利ですよね。

さんまの水煮を離乳食で使うには、少し注意が必要です。それは、さんまの水煮は”塩水”を使って煮てあること。

塩分が入っているので、そのままでは赤ちゃんには不向きです。

一度、さんまを熱湯で下茹でをして、塩分を取りのぞいてから使うようにします。

さんまの水煮缶は、大きな骨も食べられるくらい柔らかく調理されていますが、離乳食で赤ちゃんに与える場合には、皮や骨は取りのぞき、身の部分だけを食べさせるほうが良いです。

離乳食のさんまは冷凍保存できる?

さんまは、生でも冷凍保存することができます。

内臓はそのままで、きれいに洗って水気を取ったさんまを、空気が入らないようにラップで包んでいくだけ。

食べるときには、冷蔵庫でゆっくりと解凍してから、焼いたり煮たりします。

内臓を取ると、その部分から冷凍焼けをおこしてしまうので、そのまま丸ごと冷凍します。

下ごしらえをしたさんまも、離乳食用として冷凍保存をすることができます。

下ごしらえして、赤ちゃんが食べやすい大きさにほぐしたりすりつぶしたさんまを、清潔な製氷皿に1回分ごとに分けて冷凍します。凍ったら食品保存パックに移し替えます。

離乳食が進んで1回の量が増えたら、ラップに1食分ごと包んで冷凍保存パックに入れて冷凍します。

1週間以内に食べきるようにします。

冷凍したさんまの解凍方法は?

電子レンジで加熱するか、煮汁などに入れてしっかりと火を通してから食べさせるようにしましょう。

生のまま冷凍したさんまは、冷蔵庫にうつしてゆっくりと解凍してから、焼いたり煮たりします。

さんまで作る離乳食用のおすすめレシピ

さんまのつみれ汁【離乳食後期~】

Cpicon 離乳食 さんまのつみれ汁 by 楓ままん

●材料
さんま 一匹
片栗粉(さんま用)  大さじ1強
大根 適量
人参 適量
ねぎ 適量

●作り方
①まず初めに、野菜を切って柔らかく煮ておく。
③さんまを三枚におろし、骨を全て取る。
③包丁でさんまを粘りが出るまで叩き、片栗粉をまぶす。
④小さいスプーンで手のひらに取り、一口サイズに丸めて最初に煮ておいたお鍋に入れていく。この時丸めにくい様なら片栗粉を足す。
⑤ある程度火が通ったらネギを入れてお味噌を入れる。片栗粉でとろみをつけて出来上がり!