タグ:離乳食初期の記事一覧

赤ちゃんのための手作り離乳食

タグ:離乳食初期

離乳食初期の進め方:離乳食のを始めるタイミングを見極める方法は?

離乳食初期(生後5~6ヶ月)の進め方

生まれてからずっと、母乳やミルクだけで成長してきた赤ちゃん。生後5~6ヶ月くらいになると、母乳やミルクからの栄養だけでは足りなくなってくるため、『食べる』練習が始まります。

離乳食は、食べ物から栄養がしっかりと摂れるようになるための、移行期間です。初めから上手に食べることができる赤ちゃんはいませんから、ゆっくりと赤ちゃんのペースで進めていきましょう。

離乳食を始める時期とタイミング

離乳食を始めるのは、一般的に生後5~6ヶ月くらいです。今は少しゆっくりめに始めるママが多いでしょうか?

おおよその時期以外にも、赤ちゃんのしぐさや様子などの変化からも、離乳食を始めるタイミングを見極めることができます。チェックしてみましょう!

  • 生後5~6ヶ月になった
  • 授乳の間隔が安定してきた
  • よだれをたらし始める
  • 歯が生えてきた
  • パパやママの食べる姿を見て食べたがる
  • 首がしっかりとすわっている
  • 腰がしっかりとすわり始めている
  • スプーンを口に入れても押し出さない
  • 赤ちゃんの機嫌がいい
  • ママの心の準備もOK!

おおよその目安として書き出してみました。

赤ちゃんの成長はそれぞれ違うので、当てはまらないことがあっても大丈夫。例えば、母乳の赤ちゃんは授乳の間隔が安定しないということもありますし、全然歯が生えてこない子もいます。

私自身も3人の子どもの離乳食を経験していますが、最終的には私じ自身が「よし!始めるぞ!」という気持ちになって始めるという感じ、じゃないかなと思います。(これだけリストアップして言うのもなんですが、笑!)

離乳食初期のポイントは?

まずは1日1回、授乳タイムの1回を離乳食タイムに

授乳タイムの1回を離乳食タイムに



まずは1日1回から離乳食を始めます。授乳タイムの1回を離乳食タイムにします。

離乳食タイムはできるだけ午前中に食べさせるようにしたいです。午前中のほうが赤ちゃんの機嫌が比較的いいのと、離乳食を食べて万が一アレルギー反応など何かがあったときに、病院へ連れていくことができる時間帯であるということからです。

また、生活リズムを整えるという意味では、できるだけ毎日同じ時間帯に離乳食をあげるほうがいいとされています。

ポイントとしては、赤ちゃんがお腹がすいて母乳やミルクを欲しがり始める前には、離乳食を食べさせてあげること。お腹がすいて泣き始めてしまうと、離乳食どころではなくなってしまう可能性があります。(実際にわが家の長女がそんな感じの子でした)

離乳食の固さや大きさ

離乳食を始めたばかりの時期は、10倍がゆをさらにすりつぶして粒のない”ポタージュ”状態にします。

ポタージュ状に慣れてきたら、ポタージュ状の中に少しずつ粒を残していくようにしながら進めていきます。

離乳食初期の1回の量は?

離乳食のスタートは、まず小さじ1から。たった小さじ1ぱいの量ですが、意外と時間がかかります。小さじ1が食べられるようになったら、小さじ2へ・・・。離乳食を始めて1ヶ月が経つころには、だいたい子供用お茶碗の半分の量が食べられるくらいになります。

離乳食の味付け

離乳食に味付けは必要ありません!お米の甘さ、野菜の甘さ、素材の味をしっかりと味合わせてあげましょう。

離乳食後の母乳やミルクの量は?

離乳食のあとは、母乳やミルクを飲ませてOKです。まだまだ栄養の大部分は母乳やミルクからなので、母乳なら好きなだけ、ミルクであればいつもと同じ量を与えましょう。

離乳食初期に食べることができる食材

炭水化物

お米、パン、うどん、じゃがいも、さつまいも

ビタミン/ミネラル

キャベツ、白菜、かぼちゃ、にんじん、さつまいも、大根、、かぶ、ブロッコリー、カリフラワー、玉ねぎ、ほうれん草、小松菜、トマト

たんぱく質

豆腐、鯛、ひらめ、かれい、しらす

離乳食初期の進め方をイメージしてみる

離乳食初期の進め方を、ざっくりイメージしてみましょう。

離乳食開始~1週目

10倍がゆをさらにすりつぶしたものからスタート!離乳食の1日目は、小さじ1の量を少しずつ口に入れてみます。たった小さじ1さじですが、まったく食べてくれずに時間がかかる子もいれば、あっという間に食べてしまう子もいます。

はじめの1週間は、おかゆに慣れることの練習です。べーっとしてしまっても大丈夫!気にしません!

離乳食2週目

おかゆに慣れてきたら、2週目からは野菜もスタートします。もし、まだおかゆが全然食べられない子も、甘みのある野菜など食べてくれることもあるかもしれないので、チャレンジしてみましょう。新しい食材は、2~3日続けてあげてみるなどして慣らしていきます。

離乳食3週目

おかゆ+野菜が慣れてきている様子だったら、3週目より魚やお豆腐といった”たんぱく質”もスタートです。たんぱく質も同じように、小さじ1からスタートします。もし、まだ離乳食に慣れていない様子だったら3週目もおかゆ+野菜にして、4週目からたんぱく質を取り入れるようにしても大丈夫ですよ。焦らずゆっくりと進めましょう。

離乳食4週目

離乳食を始めて、そろそろ1ヶ月が経つころです。よく食べてくれる赤ちゃんもいれば、全く離乳食に興味を示さない赤ちゃんもいるでしょう。よく食べてくれる赤ちゃんは2回食してもいいかもしれません。

【離乳食初期の進め方】離乳食のを始めるタイミングを見極める方法は?のまとめ

離乳食は生後5ヶ月~6ヶ月頃から始めますが、赤ちゃん一人一人始めるタイミングは異なります。

わが家の場合、長女の時は初めての離乳食ということもあり、すごく張り切って5ヶ月でスタートしました。しかし、下の子にいくにつれて離乳食をゆっくりあげることかできる時間もままならなかったです。

下の子たちに関しては、生後6ヶ月になったら始める!としてスタートしやすい意識を作ってました。

また、離乳食を始める少し前から、パパやママそして家族で食事をする様子を見せたりもしました。そこで何となくじーっと見ている様子があったり、手を出そうとしたりと興味を持っている様子があったうえで、私も「そろそろ離乳食始めないとかな!」という意識が出始めたことで、離乳食のスタートになりました。

離乳食に関しては、食べる子もいれば、全然食べてくれない子もいます。私は両方のパターンを経験しましたが、誰かと比べてしまうと焦ってしまうことがい多いので、ママと赤ちゃんのペースで進めていくことが一番だと思います。

ゆっくりでも、確実に離乳食は進んでいきますよ!

離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月)ゴックン期の進め方

生後5~6ヶ月になったら、いよいよ離乳食のスタートです。

少し前までは、離乳食の前段階として果汁を与えたりすることもありましたが、現在は必要ないとされています。

ここでは、離乳食初期といわれる段階の”離乳食の進め方”について
解説していきます。


スポンサードリンク



離乳食初期 5~6ヶ月頃はどうやって進めたらいいの?


少し前までは、離乳食の準備として4ヶ月頃から果汁を与えることもありましたが、現在はそのような必要はないとされています。

もし離乳食を始める前の段階で赤ちゃんが食べ物に興味を示しているようなら、スプーンで白湯やミルクを与えてスプーンから口に入れる練習をするのもいいかもしれません。

完全母乳で哺乳瓶が上手に使えない、とお悩みのママにも、スプーンで白湯やミルクをあげる方法はおすすめです!

離乳食初期(5~6ヶ月頃)の進め方のイメージ


離乳食1日目

小さじ1ぱいの10倍がゆのすりつぶしたものからスタート!
→1週間かけておかゆを口に入れる、おかゆに慣れるを目標にすすめていきます。

離乳食2週目

初めての野菜も小さじ1ぱいからスタート!
→おかゆに慣れてきたら、野菜もスタートしましょう。同じ野菜を様子を見ながら2~3日続けます。まだおかゆに慣れていない様子だったら、2週目じゃなく10日目などずらしてもOK!焦りは禁物です。

離乳食3週目

引き続き、10倍かゆ+野菜の組み合わせで進めて行きましょう!
→離乳食3週目も、10倍かゆと野菜で離乳食を進めていきます。よく食べる子であれば、10倍かゆに野菜を2品(1つはすでに食べたもの、1つは初めて食べるもの)にして進めていくのもアリです。

離乳食4週目

いよいよ豆腐、魚などのたんぱく質が登場!
→離乳食初期最後のステップ、たんぱく質を加えていきます。まずはなめらかで食べやすいお豆腐からがおすすめ。お豆腐に慣れてきたら、白身魚をすりつぶしておかゆに混ぜてみたり・・・。離乳食の幅が広がります。お肉はまだまだ~!

▼私はこんな感じで娘に離乳食を与えていました!
>>離乳食の進め方30日間の実例

離乳食初期の進め方 5~6ヶ月頃

5~6ヶ月頃になってくると、お父さんやお母さんがご飯を食べている様子をじーっと見つめたり、モグモグと一緒に口を動かすしぐさをしたりします。そんな様子があったら離乳食の始め時。

また、授乳の間隔が安定してくることも1つの目安になります。

離乳食を始めるタイミング


まず迷うのが、離乳食を始めるタイミングですね。以前は、離乳食より前の時期(4ヶ月頃)に果汁を与えてスプーンに慣れさせるなどといったことがありましたが、現在はアレルギーなどの観点から必要がないとされています。

育児書などでよく見かけるのが、5ヶ月~6ヶ月くらいでのスタートです。

割と最近ではのんびり始めるママも多いようで、6ヶ月に入ってから始めるなんてママも多いですね!
  • 生後5~6ヶ月になった
  • 授乳の間隔が安定してきた
  • よだれをたらし始める
  • パパやママの食べる姿を見て食べたがる首がしっかりとすわっている
  • 腰がしっかりとすわり始めている
  • スプーンを口に入れても押し出さない
  • 赤ちゃんの機嫌がいい
  • ママの心の準備もOK!
ざっと、目安をあげてみました。

5~6ヶ月ころになると、大体当てはまってくることが多いと思いますが、もし当てはまらないことがあっても大丈夫!個人差はありますからね^^あくまでも目安なので、ママが「そろそろはじめ時かな?」と感じたら離乳食をスタートする感じでいいでしょう。

arrow47_002離乳食初期の進め方30日間の実例


【授乳タイムの1回を離乳食タイムに】

まずは1日1回から離乳食を始めます。授乳タイムの1回を離乳食タイムにします。

できれば午前中に離乳食をあげるほうがいいですね。これは、午前中のほうが赤ちゃんも比較的機嫌がいいのと、もし離乳食を食べて何かがあったときに、病院へ連れていくことができる時間でもあります。

また、生活リズムを整えるという意味でも、毎日同じ時間帯に離乳食をあげるほうがいいとされています。

ポイントとしては、赤ちゃんがお腹がすいて母乳やミルクを欲しがり始める前には、離乳食を食べさせてあげること。お腹がすいて泣き始めてしまうと、離乳食どころではなくなってしまう可能性があります。

【離乳食の固さや大きさ】

000082

おかゆも粒がない”ポタージュ状”の状態まですりつぶしてあげます。慣れてきたら、ポタージュ状の中に粒が残るくらいに・・・とステップアップしていきます。

【離乳食の1回の量】

supoon

まずは小さじ1程度から。小さじ1が食べられるようになったら、小さじ2に増やしていくと、1ヶ月後くらいには子供のお茶碗半分程度の量を食べれるようになります。

ただし、赤ちゃんによってかなり個人差があるので、食べないからといって心配する必要は全くありません。

【離乳食の味付け】

sio

離乳食の味付けは、薄味が基本。

初期では特に味付けをする必要もなく、素材のそのままの味で十分です。お米の甘さ、野菜の甘さを十分に味あわせてあげてください。

離乳食後の母乳、ミルクの量

096918

まだ、母乳やミルクでの栄養が中心なので、離乳食のあとは欲しがるだけ飲ませて大丈夫です。

離乳食初期に食べられるおすすめ食材


食パン(アレルギーに注意)
うどん(アレルギーに注意)
キャベツ
かぼちゃ
にんじん
さつまいも
大根
ブロッコリー
豆腐
白身魚
しらす干し
プレーンヨーグルト(アレルギーに注意)
お麩など

arrow47_002離乳食の食材、いつから食べられる?