budou

片手でパクっと食べることができるぶどうは、簡単に調理ができる食材の1つです。脳や筋肉の働きを活発にしてくれたり、疲労回復に効果があったりと、小さなぶどうの粒にもたくさんのの栄養が含まれていています。

果汁たっぷりで甘くておいしいぶどうはきっと赤ちゃんも大好きな味!ぜひ食べさせてあげたいですね

ここでは、ぶどうを離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、ぶどうを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

スポンサーリンク

離乳食でのぶどうはいつから食べさせていい?

初期 中期 後期 完了期

ぶどうは離乳食の初期(5ヶ月~6ヶ月)頃から食べさせることができますが、ぶどうは弾力があるためすりつぶしてもペースト状になりにくいのが難点です。離乳食を始めたばかりの頃は、果汁を与える程度にしたほうがいいでしょう。

ぶどうの栄養

ぶどうの主成分は「ブドウ糖」です。ブドウ糖は体内に入るとすぐにエネルギー源になるので、脳の動きを活発にしたり、疲労回復や病気の後の栄養補給にうってつけです。また体内の水分バランスを整えてくれるカリウムも豊富で、筋肉の働きを良くしてくれます。

アレルギーの心配は?

ぶどうは、一般的にアレルギー性は低いとされています。しかし全くアレルギーの可能性がないわけではありません。離乳食で赤ちゃんに食べさせるときはまず少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。また1歳ころまでは生で食べられるものでも加熱することが基本です。

ぶどうの選び方

ぶどうは病気や乾燥を防ぐために、実に白い粉をつけます。この白い粉がついているものはしっかりと育っている証拠です。また、茎が太くしっかりとしているもの、ぶどうの色味が濃いものを選ぶといいでしょう。

離乳食用にぶどうを調理しよう

ぶどうは皮をむいて種を取り除けばすぐに調理できる食材です。生で食べさせてあげたいところですが、アレルギーの観点から離乳食中は加熱してから与えるほうがよいとされています。

ぶどうはつるんとした実をしているので、離乳食完了期(1歳~1歳半)

下ごしらえ

【果汁を取り出す】

img_3424

皮をむいて種を取ったぶどうを茶こしに入れてフォークなどでつぶします。取り出したぶどうの果汁に少し水を加えたら加熱し、赤ちゃんに与えられる程度に冷まします。加熱は量が少ないのでお鍋でサッと加熱するほうが安全です。

【果肉をすりつぶす】

img_3423

離乳食に慣れてきて上手にゴックンができるようになってきたら、皮をむいて種を取り出したぶどうを細かく刻み、さらにすりつぶします。

ぶどうはそのまま電子レンジで加熱すると発光し燃えることがあります。電子レンジで加熱するのは危険なのでやめましょう

ぶどうの冷凍保存は?

ぶどうはそのまま冷凍保存が可能です。半解凍で食べるとシャーベットのような食感でとてもおいしく食べることができますが、自然解凍で赤ちゃんに食べさせるのはちょっと心配です。

できるだけ買ってきたときに食べさせるか、冷凍のものを解凍して食べさせる場合には、解凍後加熱をして食べさせるようにしましょう。ぶどうは冷凍すると皮がむきやすくなるので調理はしやすいかもしれません!

ぶどうを使った離乳食のレシピ

トロトロぶどう

img_3433

ぶどうの果汁にとろみをつけてごっくんしやすく。

材料

・ぶどう(巨峰、マスカットなど大きいぶどう)1粒
・水
・片栗粉

作り方

①ぶどうの皮をむき、茶こしに入れてフォークなどでつぶし果汁を取り出す。
②水適量を加える。
③水溶き片栗粉を加えて、とろみがつくまで鍋、または電子レンジで加熱する。

スポンサーリンク