ithigo

離乳食で赤ちゃんにいちごはいつから?

いちごは、手間なく調理ができるので離乳食でも使いやすい食材です。また消化もよく離乳食の早い時期から赤ちゃんに食べさせることができます。ただ、大人には甘酸っぱくおいしく感じるいちごですが、赤ちゃんにとっては酸っぱさのほうが強く感じるようです。実際、我が家の子供たちはいちごに対して「酸っぱい!」の顔ばかりしていました、笑!

ここでは、いちごを離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、いちごを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。



離乳食でいちごはいつから?

離乳食に使える時期は?

初期 中期 後期 完了期

いちごは離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月頃)から食べさせることができます。ただし、いちごも果物アレルギーを引き起こす可能性のある食材です。

初めていちごを食べさせる時には、少しずつ様子をみて与えるなどしましょう。たとえば皮膚に果汁がつくだけでもかゆみを引き起こす場合もあります。

実はいちごのビタミンCの含有量はレモンを上回ります。しかし、へたを取ってから水で洗うとビタミンCが流れ出てしまいます。

ビタミンCは熱にも弱いので、いちごの場合は、赤ちゃんにも生のまま食べさせるのが1番良い方法です。ただし、へたを取る前にしっかりと流水で汚れを洗い流しましょう。

いちごの選び方

  • ヘタが濃い緑
  • 上から下まで赤くなっているもの
  • パックの下の段もチェック

へたの色が緑色で濃く、イチゴの表面がツヤツヤとしてみずみずしいものを選びます。いちごはパック詰めになって販売されていることが多いので、手に取って傷んでいるものがないかしっかりとチェックします。

また、いちごは傷みやすい食材です。離乳食用にはできるだけその日に買ったものを食べさせるようにします。そのまま冷蔵庫で保存するときには、へたを取らずに保存します。

アレルギーの心配は?

いちごはアレルギーを引き起こす食材としての特定品目には指定されていませんが、果物アレルギーを引き起こす可能性がある食材です。

果物アレルギーの症状は、食べた後15分以内に唇や口の中にかゆみが出ます。赤ちゃんであれば不機嫌になったり、子供であれば「痛い、苦い、まずい」と訴えることもあります。

果物アレルギーの多くは胃に入ると消化液で原因となるたんぱく質が分解されるので、唇や口の中の症状だけの場合が多くみられます。

しかし場合によっては、じんましんができる皮膚症状や、目や鼻などのかゆみ、吐き気、下痢、アナフィラキシーショックといった全身症状に至ることもあります。

初めていちごを赤ちゃんに与える場合は、少しずつ様子を見ながら与えるようにします。

離乳食用にいちごを調理しよう

下ごしらえ

ビタミンCが水で流れ出ないよう、へたを取る前に水洗いをします。

離乳食初期~中期

いちごを水洗いし、へたを取り除き細かく刻んだら、さらにすり鉢で滑らかにします。初期の場合はさらに裏ごしするとより食べやすくなります。

離乳食後期以降

上手にカミカミができるようになったら、いちごを水洗いしへたを取り除いたら、食べやすい大きさに刻んであげます。

いちごの冷凍保存は?

離乳食用のイチゴとして冷凍保存が可能です。

イチゴの下ごしらえをした後に、製氷皿などに1回分ずつ分けて入るか、ラップで1回分ごと包んで冷凍します。

解凍は、電子レンジなどでしっかりと加熱をします。ジャムのようになるので、ヨーグルトに混ぜたりして使います。